スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
KENTAVS丸藤見て思う 女性格闘技ファンは一度ノアを見るべし
2006-01-30 Mon 18:38
まず最初にこの試合はやはりスゴかった。ジュニアが表現できるプロレスのスゴさをまざまざと見せてくれた。最後の最後まで動きのスピードや技のキレが落ちない落ちない!
あれを見てすごいと思わない人がいたら、ぜひ次のKENTAの挑戦者になってほしいものだ。

プロレスはやっぱりスゴイ。最近は当のレスラー自身がそのことに自信がないからいけない。某団体が崩壊しかかっているのは、自分たちが持っているスゴさをほとんど出せていないからだと思う。

さて、このスゴさとはどこから生まれたものなのだろうか?
こんなに激しいジュニアの試合は馬場体勢のもとでは生まれなかっただろう。
馬場さんは基本的に身体の大きいレスラーを重宝したので、
ジュニアはヘビーの下に格付けされていたように思う。

しかし、ノアの社長三沢は自らがジュニア出身ということもあり、ジュニア選手の活かし方をよく知っている。馬場さんが逝去する前に、シリーズのマッチメイクを任されるようになった三沢は、自らのタッグパートナーにジュニアの小川を抜擢。当時既に一線級のヘビー選手だった秋山から3カウントを奪わせることで、

「ジュニアでもヘビーに勝てる」という新しいプロレス観を全日にもたらした。この勝てるというのは、試合に勝てるというだけの話ではない。話題性や注目度においても、ヘビーに勝てるのだという土壌を三沢は作った。そのことで、ノアのジュニア選手は本当に伸び伸びと試合ができているように思う。

それから、丸藤とKENTA個人に話を向けると、丸藤はやはり天才だと思う。デビュー間もない丸藤を見て、やっと全日に他団体に自慢できるジュニアの新人が入ったなと思った。体型が似ていた金丸と比べても、跳躍力や柔軟性といった、ジュニア選手に必須な要素はすべて勝っていたように思う。

一方のKENTAは本当に努力の人だと思う。あるとき、丸藤、KETNTA、鈴木鼓太郎の三人で、ファイヤーバードスプラッシュか何かの飛び技の練習をしたらしい。丸藤と鼓太郎は、この難易度の高い飛び技をたった一回の試技で見事に成功させてしまった。ところが、KENTAはこれを何度やってもうまくできない。

KENTAが蹴りを自らのスタイルに取り入れたのはそれからのことだそうである。「空中技でこの2人と勝負したら、絶対に勝てない。だから、自分だけの武器とスタイルを身につけなければいけない。」

キックの道場に自主的に通うようになったKENTA。キック力や技術を向上させるのみならず、プロレス的にインパクトの大きい蹴り方を研究。この並々ならぬ努力が今のKENTAを作った。

この話を読んだとき、猪木の卍固め誕生秘話を思い出した。
コブラツイストを得意技としていた猪木だったが、あるとき試合でパートナーの馬場にコブラツイストを使われてしまう。

このとき猪木はショックを受けたそうである。馬場と同じ技を使った場合、カラダの大きい馬場の方が見栄えがするし、インパクトもある。
自分は馬場さんにできる技を使っていては馬場さんに勝てない。馬場が使えないような技を研究しよう。そして生まれたのが卍固めだそうである。

余談だが、今となっては超メジャー技、パワーボム誕生秘話も書いておこう。今から20年以上前のことである。当時全日の第三の男として、これから武勲を打ち立てんとしていた天龍は、現在のパワーボムに近い必殺技の構想を練っていた。
そしたら、全日に初来日したテリー・ゴディに、登場1試合目で自分がイメージしていた大技を先に使われてショックを受けた…という話。天龍はその後パワーボムを必殺技としていたが、ゴディとは違って抑え込みに重点を置いていたというのは有名?な話だ。

こうやって、苦労して苦労して、自分だけのスタイルを作っていくプロレスの伝統的な価値観をしっかりと継承しているところに、KENTAの、ひいてはノアの「強さ」を感じずにはいられないのである。

さて、「強さ」といえば、この「強さ」を競い合うことに主眼が置かれているのが、現在人気の総合格闘技であろう。

しかし、どうだろう?「強さ」ってなんだろう?

「強さ」を「頭の良さ」に置き換えると、総合格闘技の「強さ」というのは、ガリ勉の「頭の良さ」である。クラスで1位であり続け、ひたすら名門校を目指す。受験の失敗はアイデンティティの喪失につながるため、絶対に許されない。

プロレスの「強さ」を「頭の良さ」の置き換えると、勉強は5位くらいでも良いが、スポーツをやらせても、ギャグを言わせても、ゲームをさせても、うまい。どこかに頭の良さを感じさせる人というイメージがある。

総合格闘技における勝負というのは、リアルに「受験戦争!」と言った勝負であるが、プロレスにおける勝負というのは「今度のテスト、勝った方が好きなコに告白できる権利ゲットな!」くらいのものである。

さて頭の良い前者と後者、一般的にどちらが女にモテるかは言うまでもない。ボクはノアくらいのクオリティがあれば、女性格闘技ファンの7割くらいはノアに流れてくれるんじゃないかと思っている。

女性特有の現象…というのを思うとき、宝塚ファンのことを思い出す。
宝塚ファンは、あの日本人たちにベルサイユを見ることができ、なんとなく男っぽい女性にアンドレを見ることができる。

記号から想像する力というのは、男性より女性の方が優れているのではないか?と思うことがあるが、宝塚ファンはその好例であろう。
であるからして、女性はあのだいたいあまりヒットしていない丸藤の「足をはたいてヒットしてるような音を出す」トラースキックにも、男性以上に興奮を覚えることと思う。

もっともっと多くの人にあの試合を見て欲しい。しかし、その根底にはプロレスの伝統的な価値観に基づいた努力があることを忘れてはいけない
スポンサーサイト
別窓 | プロレス観戦後の感想 | コメント:4 | トラックバック:1 |
フツウにノアの感想
2005-12-19 Mon 23:04
 ノア見ました。ビデオに録画予約してたら、サッカーが延長していたのか、途中で切れてしまいました。

金丸・杉浦VSマルビン・鼓太朗はフツウに面白かったです。
負けたけど、チャレンジャーチームの方が見せ場をたくさん作りましたね。
特にマルビンの「ゼッタイニ、コンカイ、カツトオモッタ!」という切実な叫びが一番の見せ場でした。日本語どのくらいできるんだろう?
放送ではカットされてたけど、マイクで日本語で再戦アピールしてたみたいだし。

あんまり日本語でアピールする外人レスラーって見たことない。ジョシュ・バーネットくらい?でも、ジョシュよりはマルビンのほうがいろいろ話せそうな感じ。いいレスラーだし、いろいろ期待できる。ぜひまた挑戦してほしい。

小橋・泉田VS天龍・越中もまた面白かったな。一人一人のキャラクターの引き出し方が絶妙だよ。天龍が椅子で泉田を叩くけど、石頭だから効かないとか、越中のヒップアタックを小橋がチョップで迎撃とか。

試合も不必要に長くないし、なんというか、たいして期待されないカードだけど、期待されてないなりに、それ以上の結果は出すところがノアのすごいところだなぁと改めて感心する試合でした。

まあ、これはオールドプロレスファンの感傷によるところもあるかもしれないけど(まだオールドとか言わすな)、ベテランでも今できるいい試合をしていると思う。

横浜大会3週に渡って放送されてたけど、いい大会だったな。
お客さんもみんな満足して帰って行ったと思うし、また見に行きたいと思ったのではないか。そしてノアはそんなファンを裏切らない。

これは旧全日時代の良いところを引き継いでいるけど、ノアの一大会としての完成度はもっとブラッシュアップされているようにも思う。

一試合、一試合、しっかりと違ったカラーを出しているし。3週に渡って放送しても、一週の放送分として見応えのある内容を見せてくれる。

来年もノア中心の観戦になることは間違いないが、願いとしては、やはりプロレス自体が盛り上がって欲しい。でも、ハッスルとかはなしだな~。レスラーはレスラーになるためにけっこう大変な思いをしてきてるのに、その舞台をやすやすと変なタレントとかに取られるのはどうかと思いますよ。ま、レスラー自体が容認しちゃってるからどうしようもないですけど。
別窓 | プロレス観戦後の感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
新日とノアを見た
2005-12-12 Mon 14:57
久しぶりに新日、ノアと両方見ました。
新日なぁ~、チームJAPANのときは面白いと思ったんだけど、また個人的にはナシな方向に行ってます。


なんでレスナーなんだろ?ハイリスクローリターンって考えればすぐわかると思うのにな~。昨日の中西、棚橋とやってた外人もなんかスイングしてなかったしな~。新日はもう少し自分たちに自信を持ったらどうなんだと思いますよ。恥ずかしがらずに試合内容で見せてごらんよ。
それをやるのが大変とか面倒なら浮上の見込みはないと思います。
ドーピングでゴマ化しても持ちませんよ


ノアは面白かったです。昨日は秋山、菊地VS健介、中嶋組でした。


健介でノアと言えば、小橋と健介のチョップ合戦(ベストバウト間違いなし)を思い出しますが、秋山は健介に対して小橋とは違う意地の見せ方を示しました。


健介のチョップはすべて受け、しかも自分からもっと来いと圧力をかけていきました。秋山はチョップが得意なレスラーではありません。
チョップでまともに応戦するのではなく、「受けたところで効かないぜ。こっちは小橋さんのをいつも受けている」とアピールすることで張り合いました。


プロレスはこういったところが大事です
秋山が、自分の長所、短所をわかっていないレスラーであれば、ムリヤリチョップで応戦しようとしたでしょう。そしてチョップ合戦においてはやはり健介に分があったでしょう。それはファンからすれば「わかりきっている」ことです。熱くなっていてもそういうことをしないで張り合うクレバーさ、それが秋山の魅力であり、強さであると思います。


試合はなんだかんだ言っても、中嶋が光った試合でした。
途中、花道で秋山に掴まり、菊地の花道いっぱいに助走してのランニングエルボー(助走距離が長すぎて、途中で失速してた)を受けました。


しかも、秋山やファンに促されて3度もそれをやりました。ハッキリ言って菊地のほうが疲れたと思います。フツウはこういう「お笑い」的場面では3度目にしっかりかわして同士討ちを誘い、「やっぱりな~」っていうオチをつけるのがフツウですが、中嶋クンは3度目もきっちりエルボーを受けました。


「エライな~。中嶋クン。先輩を立ててるな~」


と思っていたら、最後は見事に菊地からフォール勝ち。そのときの笑顔がなんともいえず、いい顔していましたね。
別に中嶋をひいきにしているワケではないのですが、途中のあのエルボーを3発受けていた分、素直におめでとうと思えましたね。


もう一試合、三沢、潮崎VS柴田、KENTAの試合もやってました。
柴田が三沢に対してケンカ腰なのは良かったです。外から来てるんだから、このくらいの気概がないといけません。ファイトスタイルもトゲトゲしくていいと思いますが、途中放送でカットされていた部分も多くあり、やや攻撃が単調な印象があります。


せっかくタッグなので、出るところは出て、引くところは引く。しかも引いたときに退いた印象を見せないタイミングで引くことを研究したらいいと思いました。


ノアはどうも世代闘争の色を出してきつつありますね。そんなに全面的ではないにせよ、こうやってテーマがわかりやすいのはいいことだと思います。
別窓 | プロレス観戦後の感想 | コメント:2 | トラックバック:0 |
書きそびれたノア武道館の感想
2005-11-09 Wed 01:58
特に、健介、中嶋組VS小橋、潮崎組の良さを書こうと思う。

ボクはある意味でこの試合をドームのシングル以上に評価している。
もちろん、負けられないという緊張感ではドームの方が当然上だったのけど、健介、小橋の意地の張り合いって、対戦相手その人に対してというよりも、自分が背負ってきたものに対する意地な気がする。

そこに、中嶋、潮崎というともに04年デビューのスーパールーキーが絡んだ。この二人からは、お互い「こいつには負けたくない」っていう対戦相手に対する意地が見えて、また違った刺激とスピード感を注入してくれたように思う。


若手VS若手、若手VS大御所、大御所VS大御所。どれも
「こういうのが見たいんだよ」という内容。中嶋の多彩な蹴り、そして潮崎の華麗なドロップキックと、お互いのいい点を出し合ったし、

中でも特に着目したいのが、若手VS大御所。向かっていく若手も良かったがそれ以上にベテランの攻めの厳しさが良い。


特に小橋が中嶋に決めたテキサスクローバーホールドは良かった。
小橋がよく若手時代に使っていた技だ。(小橋は昔はけっこういろんなことをやっていたのだ。今はかなり技をそぎ落としているが)

あれには、小橋の「おまえ、オレのことチョップとラリアットしか出来ないヤツだと思ってるだろう?」というメッセージが込められていた気がした。実際かなりキツそうだったし。(その前の伏線としてキチンシンクがあった)こういう地味ながらも苦しい技というのが、一番力の差を見せるのに効果的だと思う。(おまえには大技を出すまでもないというメッセージ。でも大技以上につらそう)


結果は潮崎が健介に負けるという、まあ予想通りに終わったんだけど、途中どうなる?どうなる?と本気で思えた。素晴らしい試合だった。


天龍VS三沢は、まあ、あれでいいんじゃないかと思う。実際には力も衰えて、あまり動けないところをなんとかゴマ化しながらやっているのが見えた試合だった。(いや、三沢ですらもうそういう試合運びをしていると思うし)


でも、そういったペースに引き込むテクニックがあるからこそ、50代でも一線で活躍できるのだ。ボクは天龍の価値があれで落ちたなんて思ってない。でも、シングルよりはタッグで出た方が強い天龍は見られるだろうな、なんて。


田上がGHC取ったらしい。秋山が対戦表明しているらしいけど、個人的にはぜひとも川田とやってほしい。40過ぎた朴訥な男たちが感情をむき出して戦う姿が見たい。リアル・ハッスルって感じの(笑)


次点は曙と天龍。曙だと元十両VS元横綱という対戦になる。とはいえ、田上は曙の相撲のキャリア以上にプロレスキャリアは長い。何か妙にドキドキするのはオレだけか?

天龍もやはり相撲出身ということで、プロレス界でも相撲界でも実績が上な天龍は田上相手だとまた違った意地を見せそうだ。けど、55歳が単なる踏み台にされるとしたら、それもちょっと切ない。


というワケで結局元の原稿よりたぶん長く書いてしまった。続きはまた来週のノア中継のあとで。
別窓 | プロレス観戦後の感想 | コメント:7 | トラックバック:0 |
シングルよりある意味面白かったタッグの健建
2005-11-07 Mon 23:59

昨日のノアの武道館大会の放送、ビデオで見ました。いや~、小橋と健介面白いわ~。なんかあの二人が向かい合うだけでもうニヤついてしまいます。今回も「ノルマ」チョップ合戦またやってたし。タッグでも手抜きなしでステキです。


なんか他にもいろいろ書いたのに消してしまった。まだFC2慣れてない。書こうと思えば内容は思い出せるが、めんどい。


中嶋も潮崎も良かったよ~ん。小橋のテキサスクローバーホールドが良かったよ~ん。三沢VS天龍はまあ、あんなもんだよ~ん。天龍がリック・フレアーみたいで面白いよ~ん。田上には川田とやってほしいよ~ん。ってことを書いてました。ああ、腹立たしい

別窓 | プロレス観戦後の感想 | コメント:3 | トラックバック:2 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。