スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今後の相撲記事に関する方針
2006-01-23 Mon 17:27
いやいや~、初場所は面白かったですね。

記事を書く側も白熱しましたけれど、このテンションで行ったらもたない…というのも正直な感想です。

そこで来場所以降の相撲記事のスタイルを、自分が書きやすい形で固定しようと思います。

簡単に言うと、ボクが書かなくても他の人が書いてくれるであろうことは、なるべく省略する。ということでしょうか。

実際、ボク自身このジャンルで勝負したら絶対勝てないと思う3つのポイントがあります。

情報量
相撲ファンにおける情報量とは、それ即ち力士における稽古量だと思います。もうこの情報量に関しては、他の方の胸を借りるだけだと思っていますので、ここから何か新情報を発信することはないと思います。

○○ファンという方の熱
寂しいことではありますが、ボクには今絶対的に○○ファンという存在はいません。○○ファンという方のパワーってのは破竹の勢いで上がってきた頃の小錦のようですw
ボクは栃東や白鵬は好きですが、正直それなりに相撲を見る目がある人であれば、この2人に一目置くのは当然と言えるので、とてもリアルファンの方のパワーには勝てません。

昔は寺尾、逆鉾ファンで、押し入れからテレビを見ていたら、逆鉾が千代の富士に勝ったので、その後ゲンを担いで常に横綱、大関戦は押し入れから見るような熱の入れようでした。しかし、寺尾がベテランになった10年ほど前からは、もうちょっとでも長く相撲を取ってくれればいいや、という感じになり、対戦相手を罵倒するとか、そういうことはなくなりましたw今の関取はだいたい幕下の頃から知っていたりするので、みんなよくやってるよな、って思って見ています。

取組の経過を詳細に書くこと
私mimurastepは、これが一番苦手です。なぜかと言えば、相撲はなんとなくしか見てないからです。記事を書くときに、ビデオを巻き戻したりはしません。印象で書いているので、詳細が間違っている場合もあります。で、イチイチ経過を書くのは面倒くさいし、書いてて全然楽しくないうえ、文章が膨らんでしまうので、一番省略したいポイントです。


この3つのポイントは、他所のブログの方が絶対にボクより優れているので、同じことをやって勝負しません。(それは琴欧州相手に右四つで勝負を挑むようなものです)

それでも、なんとか個性を活かして、このブログ幕内界に生き残りたいと思っています。
ブログ幕内は、毎場所8人の定期閲覧者を獲得して勝ち越しとする

このブログの記事は、相撲を既に見た人のために書きます。相撲内容の経過などについてはほとんど書きません。
皆が知っているであろう前提はなるべく省略します。

ただ、感想であるとか、予想を中心に書きます。それから、相撲を見てインスパイアされた、相撲ファンにとって面白そうな脱線とかを充実させます。

あと、先場所に引き続き、今場所コメント、トラックバックなどの形で交流が始まった方のブログに相互リンク申請をしたいと思います。

「誰がするかボケ!」という方や、「リンクはしない主義」という方以外は、いやいやでも応じてくれると嬉しいですw

ますます面白くなるであろう相撲をともに盛り上げていきましょう!
スポンサーサイト
別窓 | 相撲記事についての説明 | コメント:7 | トラックバック:2 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。