スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
日本シリーズ第5戦 今年は社会奉仕
2006-10-26 Thu 22:10
もう言うことないです。昨日から頭痛が続いてます。
今年は社会奉仕。全国にいいニュースを提供できたでしょう?

いつか中日が、その勝利を祝福してもらえるチームになるように、
ここに記事を書いたら、味方がたくさんつくようなチームになるように、その最高のシチュエーションまで日本一はお預け。

1人で日本一味わっても楽しくないしな。

北海道のにわかハムファンどもよ!これからもハムを応援し続けることを誓え!!

病めるときも富めるときもハムを応援することを誓え!!

何が悔しいって、たかだが2、3年のムーブメントに21年間日本一を切望している自分が負けることだ。この悔しさの上にあなた方の勝利があることをぜひ覚えて忘れないでほしい。ポイ捨て厳禁!
ハムを生涯応援せよ!!

それが敗れた中日ファンからの願いだ。本当にそれだけが願いだ。
試合は完敗だ。以上
スポンサーサイト
別窓 | 2006年日本シリーズ | コメント:2 | トラックバック:1 |
日本シリーズ第3戦 早くも剣が峰
2006-10-25 Wed 00:30
う~ん…初戦の後書いたイヤな予感がここまで当たるとは。
だから連勝しないとダメ言うたのに…

今日の中日には特に悪いところはなかった。
それなのに、勝てなかった。

シリーズは短期決戦。どちらが強いか…というよりも
どちらが流れをつかむか…が大事なのである。

その流れを最後までつかめなかった。

栗山は優しいので、勝敗のポイントを6回の武田久VSウッズにあるとした。それはあくまで勝者日ハムが逃げ切れた勝因だ。

今日の敗因ははっきり言って谷繁にある。
初回のフィルダースチョイスで立ち上がりの朝倉を混乱させ、
結果3失点。

4回表の2死1・2塁のチャンスでは、カウント1・3からの高めのスライダーを漫然と見送り、結果空振り三振。

初回のミスを帳消しにするチャンスで消極的な選択をした。
これが敗因だ。中日にとって、この谷繁がミスをするとムードが悪くなる。特に先発投手が若い場合にはなおさら。
そういう意味では明日はさらに若手の中田が先発と予想されるので、明日も中日の一つの鍵は谷繁と言えよう。

ちなみに言うまでもなく、8回のアレは今日の敗因ではない。
が、シリーズでもし敗れた場合の敗因にはなりうる。
現在中継ぎ陣にイヤなムードが漂っているのは間違いない。
できれば敵地にいるうちに、中継ぎを用いた綺麗な勝利が一つ欲しいところ。

明日の相手先発は金村。中日ファンの集まりに行くと、明日は金村だから楽勝!などと言ったカキコミが目立つ。何を根拠に!!

こういう好き好きエネルギーだけの楽観は私は大嫌いです。
だけど、こんなところで書いていても、ほとんど反応はない。
そのジレンマと、私も戦っています。

金村は5年連続で二桁(行けそうだった)投手。楽勝とか言ってるヤツの頬をバットで殴ってやりたい。

金村と言えば、その2ケタがかかった試合で降板を命じられ、監督批判でプレーオフ出場停止となった、いわば優勝チーム唯一の「汚点」

金村はこれを晴らそうと必死になってくるだろうし、金村を勝たせてしまったら、その時点でもうヤケクソになるだろう(私が)

中日は明日勝てば、まだ芽がある。特に荒木・井端の出塁率が上がってくれば問題なく勝てる。立浪も、5番に据えた方がいいだろう。相手投手にとって、森野より悩ませる存在だと思うから。

とにかく、今自分たちの野球がやれているのは日ハムの方。
好投した山本昌や朝倉にもう一度チャンスをあげるためにも、
何とか明日はモノにしてほしい。

さて、今回の日本シリーズは、新庄効果のおかげである程度
注目度が高いシリーズとなっている。

そのこと自体は嬉しいし、新庄という選手の持っている華、
そしてファンサービスの心意気、これは買う。

しかし、だからと言って「新庄が引退だから、最後勝たせてやりたいよね」という空気には、私は断固として立ち向かう。

新庄がいるから野球が面白いなんて言ってるヤツはほとんどがにわかファン。
せいぜいファン歴2、3年のヤツが大半だろう。

そんなヤツらにドラ党一筋21年の私が負けてたまるかってんだ。
外様大名みたいなファンがいい目を見るなんて許せねぇ!!

オレは、「阪神が優勝した方が盛り上がるし経済効果が…」とか、
「新庄やめちゃうんでしょ。新庄くらいしか知ってる人いないから、そっち応援する」

というじわじわと押し寄せる世間の空気と戦ってるんだ!!
魂のないトラックバックなら不要だ!!
関係ないのは次回から消すぞ!!
別窓 | 2006年日本シリーズ | コメント:2 | トラックバック:3 |
2006年日本シリーズ 強竜白星発進!
2006-10-22 Sun 00:26
中日ファンになって4度目のシリーズですが、初めてですよ。
ドラゴンズが初戦を取ったのは!!

それにしてもどこかぎこちない、ジリジリとした試合でした。
川上・ダルビッシュ両エースの投げ合い。

初回のダルビッシュの立ち上がりを見たときには、
イヤな予感がしましたが。。。

結局は相手チームバッテリーの若さに助けられた試合と
言っていいと思います。
ダルビッシュも人の子ですね。

川上も四球が多くてヒヤヒヤしました。

今日のMVPはなんといっても7、8回と尻上がりに
安定してきた川上を、バックで盛り立てた

井端で決まりでしょう。

守りで流れを呼び込んだ結果が、8回裏のダメ押しの一点につながったと思います。

岩瀬も不安定な投球ながらもなんとか三人で切り、
これで精神的にだいぶ優位に立てたような気がします。

川上・岩瀬ともに良くないながらも勝利したということが大きいです。
明日以降、固さが取れるといいんですがね。
この感じで行くと先にリラックスするのは日ハムな気もしますし。

ただダルビッシュが良くなかったといえども、
ちゃんとそのミスにつけいることはできたので、
今日は経験の勝利かな、と思いました。

明日は23年目の山本昌と新人八木の左腕対決。
これも初戦と引けを取らぬ興味深い対決。
この後はビジターでの試合になるので、
ここはなんとか連勝で決めたい。
別窓 | 2006年日本シリーズ | コメント:2 | トラックバック:6 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。