スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
全勝・横綱昇進・不知火型…おめでとう!白鵬!!
2007-05-28 Mon 22:01
14日目は見ましたよ~!!

…テレビで……

結局ちょっと寝坊してしまったので行くのやめたんですが、それでもよい週末でした。

ずっと思い描いていたことが、いざ現実となると何か照れてしまって(なぜ?)言葉が出てきませんが、

終盤は白鵬の目指すべき相撲で勝ってくれたことが何より嬉しいです。(吊り落としは余計ですが…)

白鵬の口から「流れの中で右四つ」というコメントが聞けて嬉しかった。ああ、ちゃんと目指す点わかっていたんだな、と。

それさえわかっていればもう心配はしていません。その相撲を深めていくだけです。

このブログを始めた頃に警告していたことに比べると、注文する内容もレベルの高いものになってきたと思います。

以前は、当たったあとすぐに相手の頭を抑えるな、とか、呼び込むような投げをするなとか…そういうことはほとんどなくなりましたからね。

白鵬には今の体重をキープして、攻めにも守りにも柔軟な相撲を取ってほしいです。

腰の割れる柔軟な四つ相撲といえば、最近では貴乃花を思い出します。貴は大関時代まではよく前哨戦の突っ張りを見せていたんですが、横綱になる前後で体重を増やして、自分で攻めるより相手の攻めを重さで受け止めてしまう相撲に変わりました。
これ、キレイなんですが素人目にはあまり面白くないんですよね。

だから白鵬には左前まわしが取れないときの前哨戦突っ張りをぜひ大事にしてほしいと思います。それから、四つでひきつけるときに上体に力が入りすぎるところがあるので、もっと下半身を寄せるような寄りを見せてほしいです。そうすれば、ファンに愛される横綱になるでしょう

しかし、千秋楽の出し投げは見事でした。

ところで白鵬、最近最後の仕切りで腰を下ろすときに一瞬目をそらしますよね。あの意図がよくわからないのですが、ボクは一瞬相手から目をそらすことによって、上体が突っ込まないようにしているのかなぁと思いました。

相手を見ているとつい気持ちがはやって上体が先につっこんでしまうことがあるような気がします。

目をそらしたときの白鵬は、腰の下ろし方がスッと真っ直ぐなんですね。で、降ろしたときに腰が割れて、腰に力が溜まった状態になってるように思います。そこから一歩踏み出すことで、理想的な角度で踏み込めているように思います。

以前、白鵬が左前まわしを取りに行くためにえらく低い立ち合いをしたのを、「評価不能」と言ったことがあります。

正確には評価できる点とできない点がある。と言った方がいいかもしれません。あれは白鵬にしかできない芸当だけど、相手の圧力を受けてしまう。攻勢に転じるまで時間がかかると言ったデメリットもあったわけで、白鵬の目指すべきポイントは「低さ」じゃないだろうと思っていたのです。

今の白鵬の立ち合いは、もう諸手を挙げて良しとしています。あの腰のタメこそ、白鵬にしかできない芸当です。
細かいことを言えばもっともっと改善できますが、基本としてアレができていれば横綱として恥ずかしくない成績は容易に残せるのではないか、と思います。

不知火型は手足の長い白鵬には向いてますよね。鳳のような雄大さで土俵入りしてほしいなぁ。
フライング気味の「横綱」発言もGood!2場所連続で優勝、しかも全勝なんだから、堂々と自薦してOK!時流を自分に引き込めw


さて、朝青龍。ちょっと気持ちを入れ替えないと今後は苦しそうですよ。白鵬は少し自分の相撲を掴みかけてきてますし、この相撲が完成してしまうと今までのような万能相撲で対抗できるかわかりませんよ。

どう立て直してくるか見ものですね。

それにしても、朝青龍というのはずっとバッシングの対象になっているので、わかりやすく比較級で朝青龍のいいところを書いておきましょうか。

朝青龍八百長疑惑以降、密かに株を上げているのが、貴乃花です。(ついでに大乃国も?)貴乃花はガチ力士で、朝青龍は八百長だと…

しかし、金銭の授受はあったかどうかともかく、貴乃花のガチというのも言うほど評価できるものでもないと思います。

若乃花との優勝決定戦は若から八百長をふっかけられたみたいな風に言われてますが、他にも貴ノ浪との優勝決定戦も貴が負けてますし、曙が久しぶりに調子が良かった場所の千秋楽決戦ではことごとく貴が負けて”あげてた”気がします。

真のガチ力士なら金銭授受の云々ともかく、また私情を挟むことなく、目前の一勝に集中すべきなのではないでしょうか?

それから最近相撲を見始めた人は意外に思われるかもしれませんが、
はっきり言うと貴乃花より朝青龍の方がずっと相撲界全体のことを考えています。

もちろん、見た目の横綱としての立ち居振る舞いはずっと貴乃花の方が立派でした。だけど、貴乃花は後進を引っ張るという意識に欠ける横綱でした。これは今貴乃花部屋で力士が育たない原因の一つだと思います。
貴乃花という力士はもともと内側に己をつきつめていくタイプで、マスコミやらいろんなゴタゴタやらがあって、それに輪をかけて内向的になっていきました。周囲に心を開けなかったんだと思います。
力士のCM解禁になったとき、貴乃花が最初に出たテレビCM(BOSS)の立ち位置は「悪役」でした。
「感動した!」で善玉としての地位を取り戻した感はありましたが、貴だってそりゃもういろいろと…

それに比べれば朝青龍の周囲に対する意識は高いです。ただし、その意識の示し方に問題があったりするのですがね…

ま、何が言いたいかといえばこういう点一つ取っても良し悪しあって、「朝青龍を悪者にすれば売れる」という前提で書かれた記事をそのまま信用するなよ(特に、日本人横綱だったら云々というくだり)

ということをお伝えしたかったのです。天下の読売新聞がよぉ、白鵬が横綱になると初めて外国出身横綱が東西の番付に並ぶとか書きおってからによ~!武蔵丸-朝青龍時代があっただろうが!ボケ!

そんな数年前の基本的なことを誤るマスコミを信頼しすぎてはいけないよ。大衆をだまくらかそうったってそうはいかねぇぞ!


さて、魁皇の二ケタ予想、琴欧洲の一ケタ予想が当たってうれしいなっと。琴光喜は来場所が勝負ですね。今ちょうど相撲界は「谷間」の時期で、ここ捉えないともうチャンスないでしょ。

後半は内容も良かったですよ。琴光喜の内容を褒めるなんて珍しいですよ。節々にうまさがあるから、一つ一つ書けなかったりしますし。
ご当地だけに、頑張ってほしいですね。最近、琴光喜を応援する声をなぜか?あちこちで聞きますし

龍皇にも三賞あげたれよ。この人はモンゴル出身ったってエリートでもなんでもない雑草魂であがってきた人なんだから二ケタは立派ですよ。ケチ

来場所は十両、幕内とも大きく番付が入れ替わりそうですね。
特に十両の生え抜き、若麒麟と北太樹に期待です。
スポンサーサイト
別窓 | 相撲 | コメント:6 | トラックバック:10 |
平成19年大相撲夏場所13日目
2007-05-26 Sat 00:23
さて、今日は職場から小さいテレビをチラチラと見ただけなので、結果は知ってますが、詳細についてはわからないこともあったり。

14日目は時間があるので国技館に足を運んでみようと思います。
当日券しか買えませんが、沸々とその瞬間に立ち合いたいという思いが湧いてきました。

4年前からこの日が来ると思ってずっと注目してきましたからね。

まだ当時は貴乃花が引退したばかりで、代わりにモンゴル人横綱朝青龍が誕生したばかりの頃でした。

貴引退で、相撲人気もいよいよ終わりと(一般の人から)思われていた中、よく知らないモンゴル人がトップを引っ張る展開に(一般の人は)人気どころか、相撲自体危ういのでは?と思ったことでしょう

明日はその風潮に断固として「NO!」と言い続けてきた男の集大成なのです。

と言っても、明日はこれからの時代の始まりに過ぎないのであって、本当の盛り上がりはこれからだと信じています。

三役以下にいい若手が育ってきて、上位に軒並み番付を連ねてきましたが、まだ頭一つ抜け出すような力士はいない。そうこうしているうちに、最近なりを潜めていた元三役力士たちが、明け渡した番付を奪回せんと復讐しているかのように見える展開…面白いじゃないですか。まだまだ若手をのさばらせてはいけません。こういう展開を待っていたんですよ
別窓 | 相撲 | コメント:0 | トラックバック:3 |
平成19年大相撲夏場所12日目
2007-05-25 Fri 02:34
眠いんだけど…とりあえず思ったことだけ書いて寝ますw

千代大海…こんなすごい相撲を取ったのはいつ以来かw土俵生活でも確実に5本の指に入るベストバウトでしょう。必死に残そうとする朝青龍のバランス感覚もさすがですが、今日もやっぱり腰が高くて、相手に先に踏み込まれてるんですよね。

疲れだけでなくいろいろ痛めているところもあるみたいですが、なんとか最後まで集中力切らさずに頑張ってほしいですね。こういう気持ちで朝青龍を見守るのは初めてかもしれませんw

やっぱりたいして稽古しない人間が幅を利かせ続けるというのは良いことではないので、この流れは望ましいことだと思います。

白鵬はまあ、琴欧洲相手ならあの相撲アリでしょう。昨日、今日と右四つにこだわってくれたのは良かったです。琴欧洲はもう今の相撲では限界ですね。研究しつくされてる。

今場所も体調はいいと思ったのに、結局一桁勝利に終わりそう。
頭から突っ込むから、左右にいなされる。そうでなくて、相手が向かってくる→のエネルギーを↑に向けさせてしまうような立ち合いをしたらどうだろう。そしてその後リーチの長さを生かしてまわしを掴み、ひきつける…まわし取らないと絵にならないんですよ、この人は

安美錦勝ち越し!!来場所の三役に期待!

魁皇…ゴトゴトと連敗。勝ち越してホッとした途端疲れが出たのか?集中力が前半とは違う感じ。10番は勝つと予想したんだから、せめて9番は勝ってくれ(セコw)

琴光喜…昨日は全然でしたが、やっぱり内容はいいんですよね。朝青龍には勝てなくても、今日白鵬に勝つと評価もグッと高まってくるんじゃないでしょうか?

来場所の三役争いでは稀勢の里、栃煌山が脱落。さらに豊真将も7敗で苦しい展開。現三役の安馬と琴奨菊は星を五分に戻す。

なんか最近アレですね。渡し込み、ないし渡し込みチックな展開が多い気がしません?まあそれだけ必死な土俵際の攻防が多いということなんでしょうが
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:7 |
平成19年大相撲夏場所10日目
2007-05-23 Wed 02:19
週刊現代見ました。イヤ~、リアルですね。宮城野親方ってのがリアルですよ。なんというか協会というより、彼個人で責任とってもらいたいです。いや、これは個人的な希望であって…別にあの記事をまんま鵜呑みにしてるワケではないのですが…

白鵬は八百長なんかしなくてもやれますから!

たしかにあの場所の大関戦、横綱戦は「くさいな」とは思っていたんです(その頃忙しくてしっかりと観戦できず、エントリがありませんが・・・)

ただ白鵬のポテンシャルを考えたら横綱に上げてしまってもいいのでは?と思っていたのも事実で、白鵬に肩入れしてる身としては「くさいな」と思っても黙っていたんですが(それもあって次のエントリでは協会の判断に納得してしまった)

しかし、あの記事は結局何が目的なんだろ?角界の浄化?
なんだかどうでもよくなってきた(相撲がではなく、この記事が)
結局なんだかんだ言っても弱い人は番付維持できないしな。
八百長はないにこしたことはないが、別にもう何が出てきてもいいや。もし、これまでの記事が事実だったとしても、ボクはそういう八百長まみれの大相撲を楽しく見てきたワケだから、それでいいじゃないかと思うようになってきた。だから、もう気にしない。
力士も気にすることないw

では今日。

安美錦やりました!横綱の左を差させないように低く突っ込んで右差し。朝青龍の張り差しが裏目に出たのを初めて見ました。
珍しく立ち合い負けしてますもんね。その後小手投げで呼び込んでゴトゴトっと土俵外まで運ばれました。

ちょっと疲れがでてきてるのかもしれないですね。朝青龍の悪いときというのは終盤で腰が起きてくるんですよね。で、攻めにも受けにも軽くなってしまう。

明日以降、どう修正してくるか見ものです。明日は琴光喜。お客さん相手に息を吹き返すか?あるいは最近内容もそれなりに良い琴光喜が今回こそチャンスを活かすか?朝青龍に勝つようだと、いよいよ大関取りにつながるでしょうね。腰が悪いとか言ってたの、実はフェイクだったりして。

今日の白鵬。栃煌山に張り手から四つに組み止め、流れで小手投げ。
栃煌山が張り手に弱いのは周知の通りなので、張り差しも悪くないんですが、そこをあえて張らないとかすると、格の違いを見せられるんですがねぇ…白鵬には朝青龍の相撲を見て、張り差しの危険性について学んでもらいたいものです。

これからの上位は面白いですね~。
横綱、大関戦はモチロン、琴光喜今場所はどうなの?とか、

特に見ものなのが、来場所の三役争い。
安馬、琴奨菊、豊真将、時天空、稀勢の里、安美錦、(朝赤龍)
あたりで争います。

バチバチ火花散らして、皆で上位の底上げをしてもらいたいもんです。
別窓 | 相撲 | コメント:3 | トラックバック:3 |
平成19年大相撲夏場所中日
2007-05-21 Mon 02:15
気づいたら久しぶりのエントリになりましたが…

結局主観的に応援している力士がいない自分がこのブログで書こうと思うことは、

「今場所はこうなるんじゃね?」



「ほうらなぁ!」

という器の小さな自慢なのでありまして、自分の思うとおりに展開が進んでいるウチは、過去の書き込みを目立たせておいたほうが良いという意図もあり、特に書いてませんでした。

複数人による連勝記録というのも更新したようですし、好調といった人は勝ってますし…

そういや昨日はリアルタイムで見てたんですよ。用事があったんですけど、栃東が解説ということでまっすぐ帰ってきました。

いや、なかなかいい解説をしますよね。吉田アナを見るときの甘えん坊目線が印象的でした。ああ、この人は結局次男坊なんだな、と。

ずっと「栃東に横綱になってほしいけど、栃東は別に横綱の器ではない」とアピールしていたのは間違いなかったのかな、と。彼は角界の次男坊ですよね。立ち位置的に。

各力士が、「一番やりにくい力士だった」と言ってたのは、決してリップサービスではないと思いますよ。上体を上げない、アゴをあげない、脇が固い(ついでにカラダも固いがw)基本を徹底的に守ってますもんね。型の妙だよなぁ…しみじみ惜しい人をなくしたが、その分、いろんな人が刺激を受けてくれているみたいだから、決してマイナスではないとそう信じたい。

ぜひ近々また解説席に。非常に好感が持てました。

どうでもいいけど、佐渡ヶ嶽、尾上コンビは二人とも朴訥なんだからセットにしちゃあきまへん。

では今日です。

朝青龍、順調。それより琴奨菊が気になります。自分優位になろうとして立ち合い右に動いてるんですよね。上位相手に作戦勝ちしようとか、若いんだから思わないでほしいですね。佐渡ヶ嶽にはいつの間にかセコイ相撲取りしかいなくなってしまった気が…

今日の白鵬…良かったと思いますよ。
いつもの白鵬の突っ張りはみみっちくて嫌いなんですけど、今日のような攻めであれば離れて勝負も悪くはないです。
っていうかこういう相撲も取れるんかい!
だったらなおさら右四つにこだわってほしいなぁと思ったりもします。

今日の相撲もいいんだけど、結局相手優位にさせないことを第一にした相撲でしょ?朝青龍くらいスピードがあればそれでも強さを見せつけられるけど、結局相手によって相撲を変えてる人って強くは見えないんですよ。

それよか誰相手であっても同じように裁いてしまう…っていう強さの見せ方がいいと思うんですよね、白鵬の場合。今日の相撲はあくまでも裏の顔として、右四つを極めてほしいなぁ…

琴欧洲。やっぱり琴欧洲も上手にこだわってほしいな、と思いました。今日も決め方は無骨でしたけど、それでもまわしひきつけないと、魅力ねぇです、この人。

魁皇、うまく取られました。2日目の時点で今場所は10番は行く。11番勝つと盛り上がると書きましたが、どうでるでしょうか?

千代大海。今日は良かったです。昨日の豊ノ島は苦手だと思います。あの低さでのけぞられる感覚って、たぶん味わったことがないと思うので…

豊真将、星が上がってませんけど、いいんです。この人は負けても良い負け方をします。良い負け方という意味では、貴花田以来です。
大関…とすぐに断定することは難しいですが、必ず強くなります。

十両では把瑠都が内容も含めて良いみたいですね。
ボクが見たのは昨日の光龍戦だけですが…

光龍もいいみたいですね。というか、この人幕下から見てますが、今頃はとっくに幕内上位の人だと思っていたのに、なんか伸びてませんね。
そろそろ本領発揮なんでしょうか?

それから幕下では若麒麟が勝ち越し!相撲経験ゼロから角界に入った生え抜きが来場所は再十両か?
年は言うほど若くはなくなったけれど、この人には寺尾ポジを期待したいんですよ。頑張ってほしいです
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:7 |
取り急ぎ大記録シリーズ第二弾?
2007-05-16 Wed 18:45
幕内の4連勝が9人って史上初じゃね?
ちょっと調べてみたところ7人ってのが数回あるみたいだけど。

幕内が42人で部屋数も多いということで、組める対戦数が増えてるのが要因なんでしょうが、にしてもすごい。

正確な情報求む。
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:2 |
平成19年大相撲張る場所?もとい夏場所3日目&地味な大記録
2007-05-15 Tue 18:47
朝青龍-稀勢の里
張りましたね、朝青龍。しかし、この張りは悪くないと思います。朝青龍と稀勢の里の一番の差はスピード。
稀勢の里に敗れてからは、奇襲で行こうが正攻法で行こうが、すべてスピード勝負。

稀勢の里は、朝青龍相手に頭から突っ込まないと勝負にならないようでは、勝ち目がないかも。逆に突っ込んでくる朝青龍を踏み込んでつかまえて勝負できる重さと技術を身につけた方が良いのかも。イメージ的には昨日の栃煌山戦の相撲を誰にでも取るという感じでしょうか。

白鵬-玉乃島
中継を見たわけではないので、よくわからなかったんですが、白鵬のあの立ち合いは何?一回腰を浮かしかけてから立った。いや、効果としては悪くないと思うんですけど(それこそ輪島っぽい角度でした)見た目の印象は悪いです。

で、張りましたね。今日張り手を見せた横綱大関陣3人のうち、最も不必要な張り手でした。今日も差し手が先に入り、上手は取れませんでした。ここで左からやや強引な小手投げを見せたワケですが…

あせってますよね。たしかに流れが止まると厄介な相手はあるんですが、まだそこまで悪い体勢でなかったことも事実。

結果的には勝っているものの、やはりスキありといわざるをえません(こんな感じで15日間いくのかもしれないですけど)
ただ、小手投げ自体は理にかなった非常にキレイなものではありましたが…今場所はたぶん最後まであせってるんじゃないでしょうか…もう少し自信を持ってほしいのだけど

栃煌山-琴欧洲
栃煌山は張り手に弱いんですね。これはもう実証済みなので、そこをつくのは悪くないと思います。今の琴欧洲はそうしてでも結果を出すことの方が大事だと思いますから。そりゃセコイなとは思いますけど

千代大海のお客様は神様です相撲。魁皇、腰下りてます。

安美錦、弘法も筆の誤り?結果的には佐渡ヶ嶽勢が運良く星を拾っているおかげで後述する大記録が…

いやぁ、しかし豊真将は力士(おとこ)だねぇ。黒海のかち上げに鼻っ柱?を出血しつつも頭を上げない。逆に低い姿勢からおっつけて黒海を根負けさせた。魂勝ちw

他にもいろいろあったけど省略。


ちなみに関脇以上の出場力士が全員3連勝したのは、

昭和9年春場所 大関武蔵山、清水川、関脇男女ノ川以来73年ぶり。
モチロン、年6場所制では初。
ただしこのときには横綱玉錦と関脇高登は休場。

横綱を含む全力士が出場して3連勝したケースは(今回は栃東が番付に載ってはいるが…)

明治35年夏場所 横綱大砲 大関梅ヶ谷、常陸山、朝汐 関脇荒岩、稲川

以来105年ぶりの快挙。しかもこのときより大関が1人多い。

ちなみに出場横綱大関の連勝記録として平成2年夏場所の6連勝がある。
(横綱北勝海、千代の富士、大関小錦、旭富士、北天佑、霧島。横綱大乃国は休場)

だからなんだといわれればそれまでですが、上位がなんとなく充実。期待していた若手の突き上げは思ったよりもなかった前半の象徴ですね。
別窓 | 相撲 | コメント:5 | トラックバック:7 |
平成19年大相撲夏場所二日目
2007-05-15 Tue 02:15
まずは結びの朝青龍と豊真将。
朝青龍が時折見せる立ち合いの強烈な左エルボーから、グイッとノド輪で押し上げて押し出し。朝青龍がワリにゆっくりと深い踏み込みでノド輪をしたので、豊真将手繰れるか?と思わせましたが、立ち合いの一発からの流れが効いていたので、そのまま土俵外に出てしまいました。

荒っぽい相撲ですけど、豊真将攻略のカギはあの低い姿勢を起こすことなので、研究の成果を見せつつ、力強さも見せつけて勝ったいい内容だと思います。

豊ノ島-琴欧洲
豊ノ島のケガがなければあるいはどちらだったか。琴欧洲もとっさに上手(結び目?)をひいているあたり、悪くはない模様。よくもないけど

魁皇-琴奨菊
琴奨菊はああいう攻めで何の問題もないと思うのですが、魁皇がそれをしのいで勝ったというところに調子の良さを伺わせました。いつもならあっさり土俵を割っていたと思いますが、今場所の魁皇は足腰がどっしりしていますね。

土台がしっかりしているので、おっつけるときに上腕の強さが相手によく伝わってる感じがしました。

時天空-千代大海
千代大海大関50場所の秘訣。それは「お客様」を大事にし続けてきたことw時天空も、まわしにこだわらずにまともに突っ張りあってみたらどうなんだろう?にしても今日の千代大海の相撲はキレイな突き押しでした

白鵬-黒海
白鵬、やはり今場所は差し手に対する意識が強いみたいですね。踏み込みはまあ良かったですし(欲を言えば注文はできますが、特に問題でもない)早く自分の形になりました。

で、そのあと早く前に出るのはいいんですがねぇ。。。今日は腰を寄せていましたし、全然悪くはないんですけれども、
あの体勢になって、あんなにあせる必要はあったのかなぁ…
というのも思うところで。今日みたいに腰を寄せて寄っていけばあんなに力任せに寄って土俵際でワチャワチャなることはないと思うんだけどなぁ。この気負いがスキにならなければいいが、立ち合い負けしてないのが救いか。

玉乃島-安馬
安馬いいですね。玉得意の左四つに組みとめられそうになりましたが、先手で動いて勝ちました。いや、本当に大関期待してもいいと思いますよ・・・

栃煌山-稀勢の里
今場所いま一つ盛り上がってない理由は、稀勢の里がちょっと下降気味というところもあったでしょう。

この一番はすごく楽しみにしていた一番なんですが、もうちょっと稀勢の里が栃煌山を迎えうつような構図でぶつかってほしかったように思います。平幕同士でなく…

そのへんが見ている側のテンションをイマイチ押し上げなかったのだとは思いますが、ところがどっこい相撲内容は稀勢の里が「一日の長」みたいな力強さで勝ちました。

やっぱり左四つになったときの強さは魅力だなぁ。明日の朝青龍戦が今場所を占う一番になりそうな予感…

高見盛、ウェイト増えてません?下半身もそうですが、上半身の充実ぶりが目立ちます。ケガとかなければまた上位でやれると思いますよ、コレは



全体として…今場所はここまでは静かですが、けっこう期待を持ってもいい場所なんじゃないかと思います。序盤戦はあっさりしてるかもしれませんが、中盤、終盤は熱戦があるような気がします
別窓 | 相撲 | コメント:3 | トラックバック:6 |
大相撲夏場所初日…勝ったからいいものの…
2007-05-14 Mon 02:08
先ほど「大相撲幕内の全取組」を見た感想です。
まずは豊ノ島には気の毒だが、結果的にはプロモに成功した結びから。

ま、あんなもんでしょう。不安と気負いとヒザのケガを抱えた豊ノ島の精一杯だったと思います。朝青龍だって今日の結果を見て「してやったり」とは思ってないでしょう(と信じたい)
故意か過失かというのは稽古の場合難しい問題ですが、相手をケガさせようと思えばできるワケなんですから(それこそ武蔵丸や魁皇ならどうなることやら…)乱暴さで強さを示しても結局プラスにならないことに気がついてくれれば…

豊ノ島については本当に気の毒なんですが、ただ豊ノ島の体型や相撲ぶりから考えるに、いつかはケガするんじゃないか…とは思っていたんですけどね。だからって新小結の場所でこの状況はとてもかわいそうですけれども。

白鵬…差し勝ちしたかったのはわかりますが、立ち合いから上体突っ込みすぎ!あんなに上体が突っ込む白鵬珍しいように思います。踏み込みはあったので出足はありましたけど、そういう相撲は出島に任せて、もっと下半身から腰をぶつけるように攻めてほしいです。
そのあたりが最終的に土俵際でバッタリにつながっている。土俵際も腰を寄せるようにしないと…結局学習してないんだよなぁ。まぁ勝っていくことで段々よくなるとは思うんだけど。スキありありです。

豊真将…今日もいい相撲でした。勝ち負けは関係ないです。琴欧洲にあの低い体勢で応酬されたら難しい。そこを作戦勝ちするんではなく、力で打破してほしいです。逆に琴欧洲は、まあ低い姿勢で応戦したことは悪くなかったんですが、番付上位の相撲ではなかったですね。

魁皇、千代大海は場所前けっこう稽古ができたんじゃないでしょうか。
特に魁皇は暖かくなって腰の状態も良さそうだし、「それなり」の成績はあげそうな気がします。

琴光喜の腰は悪そう。しかし、ゴマ化し相撲が自分の中で正当化されたとき、何かいつも以上の思い切りが出る可能性もあると見ています。

後半戦の勝ち力士(鶴竜、栃煌山、安美錦、安馬)はみな内容のある相撲でした。

露鵬「待ったなし」の意味わかってるのか?時間いっぱいには基本的に待ったはないのだ。そこをワガママを言って例外を許してもらおうとするのならもっとわかりやすいアピールをしなくちゃダメ。軍配が返ってからじゃ何をしてもムダ。

その後朝赤龍が変化して若の里バッタリ。なんか放送席はこの相撲にガッカリみたいなことを言ってたようですが、あんなに見事に決まるなら変化したらいいじゃないですか。
なんで落ちるヤツの肩持つんだ?朝赤龍だけの責任じゃない!

なんか幕内前半戦では身体が張ってない力士が多かったように思えたのですが…その中の1人が普天王で、何かマイナスオーラが出ていたんですけど、相手の里山、さすがに幕内だとパワー不足か。

普天王も日大先輩の意地を見せたと言えばそれまでですが、やはりあそこで押し切れないあたりに軽量の限界を感じました。下位ならなんとか相撲になるのかもしれないですけど…

そういう意味では改めて124キロで関脇を務めている安馬は立派だと思うワケです。
別窓 | 相撲 | コメント:4 | トラックバック:8 |
お疲れ様、栃東関…ほか
2007-05-08 Tue 02:56
栃東関が今日引退の会見を行ったようですね。
以前から覚悟はできていましたので、あまり感傷のようなものはなかったです。本人が、
「これまで一生懸命やってきたので、悔いはありません」
とキッパリ語っていますが、本当にその通りだと思うので、ボクも未練はありません。

栃東関はボクが中一のときの中三の年齢なので、相撲界で初めて有名になった同世代として、ずっと応援していました。

名関脇2世ですし、高校横綱と鳴り物入りだったので、それこそ序ノ口から注目してました。そういう意味で、それまでの力士とは違う思い入れがありました。

アゴをひくとか、脇を固めるとか、力士としての基本なんだけど、なかなかみんなができることではないことを、この人は貫徹していました。

大関から2度陥落しながら復帰。朝青龍に唯一互角近い対戦成績。対若手の勝率の高さ、そして土俵人生で超えられたカベと、超えられなかったカベ…

身体が病んでの引退ですが、幸い心は病んでいないようなので(失言か?)本当にいい指導者になると思いますよ。

一門を超えて日本人ホープを指導する気概を見せるなど、自分の引退を「損失」で終わらせない意気を持っていることが何より心強い。
何か、ピリオドじゃなくて、通過点という表現が合う気分。
これからもボクは栃東を応援します。


さて、一門を超えて…と言えば例のアレです。

詳細は全て省きますけど、心底ガッカリしていると書けば十分でしょう。

ボクは、朝青龍と白鵬の東西横綱というのは、相撲界にとって史上最高のカードになると思っていたんです。そして二人を中心として、層の厚い上位陣が激しい熱戦を繰り広げていく…白鵬が幕下の頃からずっとそのときの状態を夢に描きながら(クサッ)土俵に注目していたんです。
それが適いそうな瞬間に、この体たらくとは…このまま行くと三井につっかかる木暮状態です

ボクは常々「本土俵で、力士はファンのために相撲を取る必要はない」と言ってきました。でも、稽古場では力士はファンのために相撲を取ってほしいのです。

巡業で横綱大関陣が稽古に顔を出さない…とかは、ボクにとってはどうでもよく(力士たちが嫌がる巡業なんざやめたらいい)、むしろオープンではないところで、内容のある稽古をしてもらいたいんです。

朝青龍は日本に来て10年、横綱になって4年、年齢も26だろ。
これまでは「若いから」「外国人だから」ということもあって多少甘く見てあげていたんだけど、横綱という立場云々を抜きにしても、
そろそろ全体を見渡す余裕をもってなきゃいかんだろ。

どうにも朝青龍の行動、言動は、相撲界全体の盛り上がりを考えているのではなく、自分のことしか考えていないように思える。

それだけ追い詰められてるということは、やはり八百長してたのか?って疑われても仕方がない。

朝青龍よ、本場所で破天荒なのは構わない。しかし、稽古場では…
朝青龍に勝った相手が、心から「横綱に恩返しができた」と言えるような稽古をしようじゃないか。今のおまえはジャイアンじゃないか。
稽古場では映画版ジャイアンでいろ。まずは貴ノ花と大鵬の物語を学ぶべし。

それに追随した白鵬にもガッカリ。結局まだなんにもわかってないんだね。もうちょっと綱とり遅らせた方がいいかも、なんて思っちゃいましたよ。ったくこんなこと言わせるんじゃないよ。
八百長疑惑以上にテンション下がってるよ

稽古総見は若手がいい内容を見せていたようですね。それでいいんじゃないでしょうか?横綱大関がピリッとしなかった…みたいなことをネガティブに書かれていたみたいですけど、千代大海や魁皇のように次代の大関の留守番をしている人たちに、若手以上の勢いを期待するのは見る目がないと思います。そこをついて「低調」とか言うのやめようぜ。

旭天鵬の処分…露鵬が3日間の出場停止だったことを思えばちょっと重い気もしないでもないですが、規律の遵守を内外に知らしめるための見せしめの意味もあると思うので、仕方ない気はします。
せめて7休くらいにして、頑張ればそこから勝ちこせるくらいの処分にしたらどうなんでしょう?

個人的に謹慎処分ってあんまり意味ないと思うんですよ。力士は土俵で頑張ることこそ反省だと思いますし。当てられた人はきっとそれを願ってると思うんですよね
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:8 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。