スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
大関予報平成十九年九州場所後版投稿ルール
2007-11-29 Thu 02:15
大関予報士の方々(国家資格ではありませんw自称でOK)に
次の大関に近い力士を予想していていただき、
それを場所が終わる度に集計して各力士への期待値の変遷を
記録する企画、それが

「大関予報」

ちなみに秋場所前の集計による予報はコチラ
九州場所前の予報はコチラ

ルールをよくお読みの上、奮ってご参加下さい!

なお、前回よりやや簡略化?していますが、
過去に参加経験のある方にとっては特に変更はありません。

既に参加経験のある方は、mimurastepが自信を持ってお送りする?「予報士階級制度」をご覧下さい。
また、初参加の方はルールをしっかり読んでから「予報士階級制度」




基本ルール
場所での各力士の雰囲気を見た後、
次に大関になる可能性のある力士3人~5人に
10点を振り分ける。

例1)次の大関は絶対にA関しか考えられないという人の10点振り分け

A関.8点
B関.1点
C関.1点

※次の大関はこの人しか考えられない!と思っても最低3人には点数を振り分けること
※小数点以下の点数振り分けは禁止。従って1力士が獲得する最高点は8点で、最低点が1点。

例2)どの力士もどっこいどっこいで、誰が次の大関か予想が困難な人の振り分け

A関.2点
B関.2点
C関.2点
D関.2点
E関.2点

※5名以上の名を挙げたい方もいるでしょうが、必ず5名以内に収めること

<無効となる振り分け>
以下のような点数振り分けは無効とします。

①3人未満、あるいは6人以上の力士に点数を振り分ける
②合計点数が10点を超過、あるいは不足
③小数点以下を含む点数を振り分ける
④明らかに対象外の人物に点数を振り分ける
(現役力士以外の人名or現・横綱大関陣)
⑤複数のHNによる多重投稿や、なりすまし等の不正
 また、妨害行為や公序良俗に反すると思われる投稿内容


無効投稿については、管理人がコメント等を通して
通告に伺いますが、投稿者がそれに応じなかった場合は
すべて無効とします。

<参加資格>
関脇以下の現役力士の名前を5名以上ハッキリと挙げられる方

<参加方法>
A. ★推奨★
記事「大関予報平成十九年九州場所後版投稿ルール」
とトラックバックして、ご自身のブログで記事を書く

B.★トラックバックを送信できないが、自身のブログをお持ちの方★
(準推奨)
記事「大関予報平成十九年九州場所後版投稿ルール」の
①コメント欄のURL欄に自身のページのURLを必ず記入し、
②コメント投稿のハンドルネームを自身のページと統一する


C.★自身のブログをお持ちでない方★

記事「大関予報平成十九年九州場所後版投稿ルール」の
コメント欄に直接予想を書き込んで下さい。
初めて参加される方は、どのいきさつでこの企画を知ったか
教えていただけると幸いです。

(例、友達のブログを見て…にほんブログ村から…ネットサーフィン中たまたま見つけた等)

参加にあたり、ごあいさつや前置きは特に必要ありません。
いきなりトラックバック、コメント送っていただいて結構です。
不安な方は過去の参加模様(その1) (その2)をご参考にして下さい。

<締め切り>
12月16日(日)いっぱい
締め切り前の再投稿を認めます。
(その場合、最新の投稿のみ有効となります)

<結果発表>
初場所の番付発表がある12月20日(木)ころを予定
期待値に基づくオリジナル番付発表による。

<注意点(重要)>
◎本企画は、各力士への期待値の変遷を場所毎に記録することが目的であり、
 断じて予想の的中を賭けたギャンブルではありません
 また、賭博行為を推奨するものでもありません

当ブログでは期待値が発表されますが、
 それらを二次利用したことによって発生した
 いかなる問題にも当方は責任を負いません。


◎本企画は次の大関を予想する主旨であり、
 「将来の大関」を予想することをメインとしません。

◎元大関の出島、雅山の名前を書くのはOKです
 大関に陥落しそうな現役大関を書くと無効になります

◎点数の振り分け基準は自由。個人的な希望でもOKですし、
 ガチに当てに行ってもOK。大関予報士としての
 自身の性格を素直に反映させてください

◎予想は今回がラストチャンスではありません。
 毎場所後に予想するチャンスがあるので、肩肘張らずに参加してください。
 次回の予想が今回と大幅に変わっても全く構いません。

◎参加してくださる予報士の皆さんのモチベーション維持のため、
 予報士階級制度を設けました。詳しくはコチラをご覧下さい

◎その他質問のある方はコメント欄よりどうぞ



では九州場所後のmimurastepの予想です。

安馬  4点
琴奨菊 3点
安美錦 1点
豪栄道 1点
出島  1点


安馬は2場所連続二ケタということで言わずもがな。
ただ先場所より力つけてるかどうかと問われると、微妙。
来場所後の大関は、基本的にはないと思っている。

琴奨菊は、安馬以下の若手の中では一番課題がわかりやすい。
課題がわかるからこそ、進歩を早めることができると見ている

安美錦は自分で大関目指すと言ってるからw

豪栄道はまだ体力がつきそうだし、これから経験を積んでいく。
伸びしろに期待

出島…魁皇をボロクソに言う自分が出島なるロートルを推すのも
どうかと思うが、ハッキリ言って九州場所の出島の出足は、
関脇以下ではピカイチだった。
出足のある力士は怖いし、乗るし、逆に言うと前に出る力のない人は
大関になれないワケ。そういうワケで1点

豊真将と稀勢の里は出直してきなさーい!
稀勢の里は9勝でもそのモタモタ加減が鳴戸クオリティを表しちゃってます!

把瑠都も考えたけど、パスで。大関になる前に、もう一度くらいケガすると思う

★業務連絡★
Makkyさん、投稿ありがとうございます!
九州場所後の投票と見てよろしいでしょうか?
真摯な投稿内容ですので、有効投票として扱いたいと思いますが、
もしこの文をご覧でしたら、当企画をどのようにしてお知りになったかだけでも
お聞かせ下さい!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 大関予報 | コメント:8 | トラックバック:11 |
目指せ黄金予報士(ゴールドフォアキャスター)!予報士階級制度導入
2007-11-29 Thu 01:39
以前から予想されていたことではあるのですが、
大関予報には、状況によって参加しがいのある場所と、そうでない場所とあります。

そこで予報士の皆さんが毎場所参加するモチベーションを維持するため、

予報士階級制度を作ることにしました。

皆さんがこの制度に同意するか否かを問わず、
基本的に大関予報に参加している時点で自動的に制度に組み込まれることになります…

0P…雑兵予報士
10P…青銅予報士(ブロンズフォアキャスター)
??P…白銀予報士(シルバーフォアキャスター)
??P…黄金予報士(ゴールドフォアキャスター)
??P…?????(その上はあるのか??)

上位の階級目指して予報!予報!
(白銀以降の昇格条件は追って発表します…)


★基本★

◎1度の有効投稿につき1Pが与えられます。
 名古屋場所後、秋場所後と参加して下さった方は、既に2P獲得済みです。
 当然皆さんはまだ雑兵予報士です。言うなれば、ザコです(言うな!)

◎6場所連続で投稿すると、ボーナスとしてさらに1P与えられます。
 その後の連続投稿ボーナスについては現在思案中です。

◎つまり現行ルールでは、9場所連続で投稿しておけば、
 青銅予報士にはなれるという塩梅です。


え?ブロンズになるのでさえ1年半かかるの?
とお嘆きの方。ご心配なく。
大関予想を的中させた方には、ちゃ~んと
ポイントが還元される仕組みになっています。

では、初場所後に大関取りが可能と思われる安馬関が、
初場所でそれを果たしたと仮定して、
どのようにポイントが付与されるのかを、
mimurastepの実際の予想と照らし合わせながら見ていくことにしましょう。

<例:mimurastepの場合>
名古屋場所後:豊真将4点、稀勢の里4点、安馬1点、安美錦1点
秋場所後:安馬3点、安美錦3点、琴奨菊2点、豊真将1点、稀勢の里1点
九州場所後:安馬4点、琴奨菊3点、安美錦1点、豪栄道1点、出島1点

一応私は3場所連続で安馬の名前を挙げています。
名古屋場所後に1点、秋場所後に3点、九州場所後に4点入れているので、
安馬が初場所後に大関になったあかつきには3場所参加ポイント3Pに、
今までに点を入れた8点分が加算されて、全部で11P!
つまりいきなり青銅予報士になるんですね!

と思われた方…

残念ながら違います

もし初場所後に安馬が大関になった場合、
直前場所に投票した得点は半減します。(4点→2P)

また、二場所前の得点は4分の3に減らされます。(3点→2.25≒2.5P)

3場所前は通常通りです。
もし初場所後に安馬が大関になったとしても、

参加の3P+2P+2.5P+1P=8.5P

で初場所後のブロンズ昇格はできません…


ではなぜこのような減点があるかと言うと、
こうしないと大関取り場所直前に駆け込みのように高得点を入れてくる人が
制度の上で圧倒的に有利になってしまうからです。

大関予報は大局を見るセンスを養うことを一つの目的としています。
なので、早くから大関になる人間に注目していた人ほど有利にしたいのです。


ちなみにお気づきの方もいると思いますが、

大関予報の投票時とは違い、
予報士階級制度では小数点以下のポイントもあります(ただし ○.5のみ)


以下は誰かが大関になった場合の直前3場所での獲得ポイントの違いです。

            1点2点3点4点5点6点7点8点
3場所前まで(通常)1P2P3P4P5P6P7P8P
2場所前       1P1.5P2.5P3P4P4.5P5.5P6P
直前場所       0.5P1P1.5P2P2.5P3P3.5P4P

ちなみに現在のところ3場所分のデータしか存在しませんが、
3場所より前の投票もポイントに換算されます。
誰かが大関になったとき、その関取に投票した点が死票になることはありません。




これより先は、このシステムにおいて上位を目指す人のために書きます。
のほほんと楽しまれる方には上記の理解で十分と思われますので、
時間があれば読む程度でOKです。


大関予報はあくまでも「次の」大関を予想する企画です。
従って、誰かが大関になったとき、
それ以外の関取に投票した点数がどう扱われるかが問題となります。

mimurastepの予想を用いてそのへんを見ていくことにします。

もし初場所後に安馬が大関になって、次に3場所後に稀勢の里が大関になるとしましょう。

まず安馬へのポイントの還元は前述の通りです。
この時点で、安馬以外の力士に投票された総点数が、

半減された状態でプールされます。

例えば、mimuraは名古屋で稀勢の里に4点、秋に1点で計5点を入れているので、
稀勢の里に対して2.5Pを潜在的に持っています。

安馬の昇進後稀勢の里が大関になるまでの3場所の計算方法は前述の通りで、
この後3場所で稀勢の里に投票した点に基づくポイント+2.5Pが付与されます。

稀勢の里が大関に昇進すると、
安馬昇進以前の安馬、稀勢の里以外の力士への投票点数は 4分の1Pとして
そこから安馬~稀勢の里昇進の間の点は 2分の1Pでプールされます。

以下新大関誕生のごとに安馬以前のポイントは8分の1、16分の1、32分の1…
と限りなく死票に近づいていきます。仕方ないですよね。ハズしたんだから…

ちなみに同時大関とかあると、その前は一気に4分の1に削減されます。

この説明でおわかりいただけたでしょうか…

このシステム導入でさらに、予報士の性格があらわになってくるものと思われますw
次の大関を的確に当てていくのが近道のようにも見えるし、
バカにされてもガンガン先行投資をしていくことで、
大笑いっていうパターンもあると思います(もちろん大泣きもありますがw)



※大関予報への参加はこのエントリからはしないで下さい。
ここのコメント欄は「予報士階級制度」に関する質問、意見用とします

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 大関予報 | コメント:8 | トラックバック:0 |
平成十九年大相撲九州場所を振り返る?
2007-11-27 Tue 00:55
今場所もほぼ全日リアルタイム観戦ができず
(かろうじて中日は後から拾ったが。刈屋アナと舞の海の松中の扱い方がうまかった。松中も「そんなに相撲見てない」ことを認めつつ、野球選手ならではの視点で切り取っていて興味深かったし、好感が持てた。前回の山本昌邦は、浅い相撲好きのくせに偉そうで、ちょっと痛かった)
眠い目をこすりながらの「幕内の全取組」観戦で
あまり集中力がなかったです。

全体的に土俵内容があまりよくなかったように思います。
終盤の勝ち越し負け越しがかかるあたりではだいぶ白熱しましたが

●白鵬
なんだかんだ言っても二場所連続で朝青龍不在場所を締めたことは立派です。白鵬がさらなる極みに達するためにも朝青龍は必要です。

●千代大海
白鵬戦はいい相撲でしたが、同時に力の差が出た一番でもあったと思います。差はいかんともしがたくとも、思い切りぶつかっていくことが大事ですよ。まあ今場所は頑張りました

●琴光喜
えーと…大海戦あたりから後ろ三番はちょっと 貸し 借り 返済 などの臭いがしましたよ。立ち合いに意図がなさすぎだもの
この人は考えすぎるとこうなる…とも言えるんですが…
でも千秋楽は別ですね。あんな相撲が取れたなら、貪欲にいってほしかったりもしたのだが

●琴欧洲
大関予報にはまだ琴欧洲の名前を書いてはいけませんよw(無効になりますから)
大きなケガしなければ関脇に落ちることはないと思ってましたが、
しましたw

とにかく真剣に相撲を見つめなおす時期でしょう。
この人肺活量計が振り切れるほどの肺活量があるんだから、
外四つでも捕まえて相手のスタミナを奪うような相撲を取ればいいんだよね
最近の力士は勝負を早く決めようとしすぎる(Mの海じゃありませんが)

その点親方はエキスパートなんだからw
ヒザを痛めてるのも共通だし…となると関脇止まり?

●魁皇
よく頑張りました!大関予報にはたくさんの人が参加してほしいので、
魁皇のことを悪く言いたくはありません!

しかし、強固な競技派から一言言わせてもらえれば、魁皇は「罪人」なのです(どうどう、まだ怒らない)。魁皇が今も現役にこだわり続けているのは自らの罪を自覚しているからだと思いませんか?

この人は本来は貴や武蔵丸が引退した後、角界をリードしなければいけない人でしたよ。だけど、この人は
「横綱になるような人は最初から器が違うんだよ」
とその役割から逃げましたよね。たしかに、腰痛はじめ数々のケガを抱えていてはいましたよ。だけど体調のいいときに限ってポカやったり、何度も期待を裏切りましたよね

魁皇のせいにするわけではないけど、魁皇さえしっかりしていれば
起こらなかった問題もあったんじゃないの?
いや、もちろん悪いのは問題を起こした当人ですよ。
でも魁皇はたぶんそういう責任を感じているんですよね。
だから今、余力を残したあの頃を後悔して、土俵に上がっているんです
「やる気になるのが遅いよ」

でも頑張ってね。シリアスな幕内後半にファミリー劇場を持ち込まれると正直テンションが下がるんですけど
(同じファミリー軍団だった千代大海は細かい突っ張りに活路を見出し、シリアス回帰を果たしている)
ここに1人とことん飽きている人がいますが、もっと多くの人に飽きられるまで頑張ってください。
意地に期待しています。ボクを見返して下さい
あと、記者の人美学とかいう表現はやめてください。
美しいかどうかは周りが判断します。

にしても、ニッカンスポーツの誤報はひどいね。
「優勝めざして頑張ります」と宣言してる人に半ばで引退報道はないでしょう

●琴奨菊
この人が伸びてくれると魁皇も安心して引退できるのかもしれないが、
今場所はだいぶ九州のお客さんにも知名度を上げたと思うし、(声援がだんだん大きくなっていった気が)がぶり寄りも出てよかったと思う。

この人は突っ張りへの対応が課題だが、今場所は中に入った瞬間に首投げで負けた相撲が2番もあった。

がぶり寄りは、土俵際に寄るほどに、自分の腰が降りて相手の腰が浮いてしまう技だから、相手としては入られた瞬間が最も勝機が残っているわけだ。

そこをついた出島(今場所は本当に身体が動いていた)や豪栄道はさすがだが、がぶり寄りに入る瞬間が課題になりそうだ

●豪栄道
結果は8勝7敗ながらそれ以上の評価をしていいと思う。
今場所全体的に雑な相撲が多い中で、思わず唸ってしまうような内容が光っていた。来年は上位定着は間違いなさそう

●豊響
バカピカさんのとこでも名前書いたように、爆発する可能性もあると思ったんです。いや、実際爆発はしましたけどね。土俵を壊したりw

ただいかんせんツラ相撲。この人の来年は未知数

●若ノ鵬
ヒール決定

●若麒麟
最近の三賞選考委員ってのは相対評価ができねぇんだろうな
一癖も二癖もある(往年の)実力者たちを倒した立派な敢闘相撲でしたよ
ちなみに若麒麟の名前は随分前からこのブログには書かれておりますよ
ここまでちょっと足踏みしてたので、なんかこのまま伸びるのか、五城楼あたりで終わるのかw読めませんが、とにかく期待はしています!
盛り上げてほしい!生え抜き大好きw

●把瑠都
このあたりでは三賞がなくても不思議ではないくらい、相応の成績だったと思いますが、立ち合いを含め内容に改善が見られるので、まあいいでしょう。

ただ、立ち合い厳しく突っ込んでくる相手にはちょっと棒立ちになっちゃいますね。このへん起こされないようになると、相変わらず末恐ろしいです



【お知らせ①】

 平成十七年、十八年と続けてきた「主要力士通信簿」ですが、
 今年は書きません。

 今年はあまりにもイレギュラーなことが多く、
 例年と同じような評価を下すことが困難だからです。
 
 自分自身残念なことではありますが、
 相撲のことを長々と書く気力が次第に衰えてきています。

 来年は、書きたくて仕方ないような展開であることを望みます

【お知らせ②】

 「大関予報」はやりますよ!また改めて記事をアップしますので、
 しばしお待ちを!

 新システム導入でさらに予報士魂に火がつくこと間違いなし?

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:0 |
九州場所を満員にする展開とは
2007-11-20 Tue 16:33
魁皇は今日豊ノ島に勝てないとなると、非常に苦しいでしょうね。
魁皇にとっての安パイ部類ですし。

割が崩されなければラスト3日が横綱大関戦ですが、
それに至る3日を2勝1敗、つまり7勝5敗で行きたいところです。
あとは千代大海あたりの同情に期待でしょう

フツウに考えるならば、千秋楽は
魁皇-千代大海
白鵬-琴光喜

ですね。これを大海一歩リード、光喜、白鵬、把瑠都あたりが一差で追っていて、なおかつ魁皇が7勝7敗で千秋楽を迎えていたら超面白い。

千代大海は勝てば悲願の九州場所優勝!
しかし、それは魁皇を引退に追い込むやもしれぬ白星。
負けても決定戦がある。
把瑠都と白鵬ないし、光喜との三つ巴。

負けてもチャンスはある。しかし、勝てば久々の日本人優勝を一発で決められる

果たしてこの状況下で大海は非情になれるか!
魁皇はプレッシャーの中力を出し切れるか!

ま、なんとなく割を崩されて魁皇を甘やかす展開になりそうな気もするが、もしこうなれば大海は「魁皇関が35歳まで頑張ったように、あと3年はオレの任せてください」という気持ちでぶつかってほしいなぁ

もしこれでも満員にならなかったら…2人とも引退すれば?
というか、九州場所やめれば?

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:0 |
添え~!
2007-11-17 Sat 15:28
アキバ系は「萌え~!」カキゾ系は「添え~!」

(なんだよカキゾ系ってw)

久々にアミューズメントスペースします…


◎三段構えコーナー

外国出身でも特にマイノリティに分類される力士
一、チェコ出身 隆の山
一、内モンゴル出身 蒼国来
一、USA出身 垣添


…タネを明かせば大分県宇佐市ですが…

相撲界深刻な問題?
一、九州場所の客席がガラガラ
一、外国人力士ばかりが上位を席巻
一、錣山親方の箸づかい

よくわからない人はコチラをチェックされたし

きっと歴戦の突っ張りによるヒジ痛の影響で、
神経がボロボロで指が思うように動かないのだ…
とカッコイイ風に解釈w

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | お相撲ネタ集 | コメント:2 | トラックバック:0 |
魁皇問題
2007-11-15 Thu 12:01
今場所はおそらく15日間リアルタイムで見られない。
テンションが上がらないのはそのためかもしれないが、

それ以外に理由があるとすれば、ガラガラの館内や
赤い仮面を被った朝青龍の登場、そして瀕死の魁皇の活躍だろう。

言っておくが、私は魁皇が嫌いなワケではないし、
この3日間は今できる最高の相撲を取っていると思う。

対戦相手も小細工をすれば勝てそうなものだが(1人やったがw)
あれだけ人気のある看板力士が、悲壮な覚悟で向かってこられたら、
真っ向勝負を挑むしかないというところだろう。

魁皇に勝つにしても、ファンも本人も納得する相撲でないと協会が負う傷が大きすぎるからな。

ま、いずれにしても8勝したら風船がしぼんだようになるのは目に見えてるし、後半はみんな星勘定で必死だから今のうちだけだろうけど。

で、何に不満かといえば、全然全体の底上げができてないわけ。
だって瀕死の魁皇に勝てないようなヤツらが、来場所朝青龍に勝てるか?って話なんですよ。

巡業を休んだ「悪人」朝青龍がいい目にあって、真面目に巡業に参加してたヤツがバカを見るようじゃダメでしょう。

つーか、今の巡業なんかホント稽古環境としてはいいとはいえないから、これは根本から考えなきゃいけない問題だと思いますよ。

むしろ朝青龍が優勝することで、一石投じられた方がいいんじゃないでしょうか。今場所もあっけない内容が多すぎる気がしますし

さて、元小城錦の中立親方の解説は良いです。
素人が気づきにくい点を指摘してくれるので、競技派としてはありがたい解説者w

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:5 | トラックバック:0 |
今場所は…
2007-11-13 Tue 00:55
前半のうちはいいタイミングで観戦記が書けないことが濃厚なので、
ご挨拶として今のうちに書きたいこと書いておく。

まずは花田勝治氏の暴露本。
暴露本というのは趣味としては好きではないが、
品格論で朝青龍を中傷し、日本人の横綱だったなら…とか、
昔の大横綱は…とかのたもうた人の顔面にぶつけてやりたい内容ですなw

土俵の鬼っていうか、ただの鬼畜じゃねぇかw

競技派としては、横綱は特に人格者だとは思ってませんので、
ショックはないんですけど(いや、もちろん基本的には信頼目線でいますよ。でも、そうでなかったとしても、ショックはない。相撲が強ければOK。横綱は相撲が強い故に偉い。)

雷電が横綱になれなかったことを引き合いに出して、品格が伴ってないと横綱には云々言われますけど、それだって一説に過ぎないワケで、当時横綱がどういう存在だったかはよくわかってないわけ。

わかりもしない歴史を引き合いに出すってどういうことだ?
おまえ年いくつだよw

ま、別にこの事実が明るみに出たことで、私の中の
「横綱」若乃花に対する敬意が変わるわけではありません。
「人間」花田勝治はしょうもねぇなぁと思いますけど

もっと言えばね、横綱らしい立ち居振る舞いなんてのは大概心技体の「技」でしかないんでないの、ってのが持論です。

ま、横綱ともなると自分の尻も拭かないと言いますし(流布か?)
せめてその後の人生では自分の尻を拭けるようになってもらいたいもんですねw

今の人が納得する品格のある横綱って言ったら、大乃国じゃないですかねぇ?誰だ今反対したのは?その通りだよ。この世界はお人よしで頂点極められるような世界じゃねぇ!


初日の相撲から一番だけ引き合いに出したいと思います。

安馬が琴光喜に当たり勝ちしましたよね。
みんな、この事実に慣れてきたのかもしれないですけど、
これはスゴイことなんですよ。

安馬の方が30キロくらい軽いというのに。

安馬は頭から鋭く当たれるのが強みですね。

寺尾が三役で勝ち越しを決めていた全盛期のときに、
大相撲ダイジェストで銅谷さん?が
当時の藤島親方(元大関貴ノ花)に

「このまま行くと大関という声もかかるんじゃないでしょうか?」

という類の質問をしたんだけど、貴は

「立ち合い頭から行けるようになると、可能性が出るのではないか?寺尾の立ち合いは両手突きなので、相手を止めてるだけ。立ち合い頭から行って一歩でも押し込めるようにならないと」

と言っていたのを思い出します。


…このエピソードは前フリです。

再発防止委員会でしたっけ?なんか立ち上がりましたけど、
その中の懸案の一つに、

稽古における武器使用

があると思います。特に某事件で話題になったのが、
ビール瓶で頭を殴るという行為で、相撲界では日常茶飯事で行われているらしい。そして、それは頭を鍛えるという名目で行われている…

科学的に言えば頭というのは固いもので叩いたからと言って、けっして強化はされないらしい。しかし、相撲界出身の人間は、平気で
「ビール瓶で頭を叩かれることによって、強くなれる」という。
このことに対する非難の声は大きく、指導に関して武器使用を全廃すべき、とか、せめて竹刀程度にすべき…という声がある。

ボクも基本的には反対だ。返事が小さいとか、ちゃんこの買出しの内容を間違えたくらいでビール瓶で殴られたらたまらない。

だがしかし、相撲で強くなるためには、ビール瓶が役に立つ刹那が存在するとも思う。

例えば、立ち合いに頭から当たれないで伸び悩んでいる力士が、
その恐怖心を取り去るためにビール瓶で殴ったり殴られたりとか。

頭どうしで当たる音を生で聞いたことがある人ならわかるだろうが、
ビール瓶を怖がっているようでは、なかなかああはいかない芸当なのである。相撲素人である自分は、何度見てもあの瞬間だけは背筋が凍る。

モチロン、相撲のタチというのもあるし、すべての力士が頭から行って成功するとは限らない。でも、それ一つ身につけることで銭の取れる側にまわる人もいるのである。

ビール瓶で殴るなんておかしい!ってのはたしかにフツウの考えだが、
ではなぜビール瓶文化が存続してきたのかまで考えられる人は少なそうですね。そのくせうるさいよ

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ありがとう!53年ぶり
2007-11-02 Fri 01:33
今、とてもとても静かに…
噛み締めるように、日本一の喜びに浸っています。

自分がファンになってから既に23年。
Aクラスの常連でありながら、あと一歩で届かなかった夢…
見事に適えてくれました。

どうもありがとう。

何かこう、自分自身の人生観にまで影響をもたらしそうです。
明日から、堂々と生きていけるような気がしますw

昨年のシリーズが終わったあと、こんな記事を書いてます。

結果があまりにも情けなかったために、補強、補強と書いてますが…
結局そういう方向には行きませんでしたけど、
チームは調子が良くないながらも、最後は去年の失敗から学習し、
王者と呼ぶにふさわしい野球をしてくれたと思います。

ま、思い描いていた補強こそなりませんでしたが、
瓢箪からノリというか、棚からノリというか、
ノリがいたことは大きかったです。

ノリのおかげで結果的には三塁を追われた森野の負担が減って
両者に相乗効果があったと思うし。

それからウッズは放出しなくて正解だった。
日本シリーズより試合数が少ないクライマックスでは特に重宝した。
相手の1ミスを取り返しのつかないミスにできる存在。
差し込まれても右方向にホームランを打てる…
去年はスミマセンでした。来年もいてください。

そして、後は今年は若手投手が安定感を増しました。
中田、朝倉は今後も毎年10勝前後を期待できる投手だと思います。
8回までパーフェクトの山井は自分と同学年。
それもなんか感慨深かった。

これだけのスタッフがいれば、黄金時代は夢ではないと思う。
というか、実際中日がこれほどまでに強かった時代は他にないので、
既に黄金時代とも呼べるのだが…

落合監督の一言一言が、
「夢を持っていいんだよ。自信を持っていいんだよ。」
というエールに聞こえた。

さあ、次はアジア一!
別窓 | 野球 | コメント:2 | トラックバック:2 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。