スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
発表!大関予報(平成二十年初場所前オリジナル番付風)
2007-12-22 Sat 04:13
今回は参加者17名。前回比8名減…
ですが、幸い企画が壊れるほどではなかったので
長い目で見て考えていこうと思います。作業的には楽なのですがw

発表の項目についての説明はコチラ

前回(平成十九年九州場所前の結果)はコチラ

ではさっそく見ていきましょう


①ひがしせきわけ→
??
③69点↓/50.7%↑(86点/41・5%)
④15人↓/88.2%↑(20人/80.0%)
⑤西関脇↑(東小結)


①にしせきわけ↑(にしまえがしら2)
???
③28点↑/20.6%↑(7点/3.5%)
④14人↑/82.4%↑(6人/24.0%)
⑤東小結↑(西小結)


①ひがしこむすび↑(にしこむすび)
????
③23点↓/16.9%↑(26点/13.0%)
④9人↓/52.9%↑(11人/44.0%)
⑤東前頭筆頭↑(東前頭二枚目)


①にしこむすび↑(ひがしまえがしら1)
???
③19点↑/14.0%↑(17点/8.5%)
④9人↑/52.9%↑(8人/32.0%)
⑤東前頭三枚目↑(西前頭六枚目)


①ひがしまえがしら1↓(にしせきわけ)
???
③12点↓/8.8%↓(34点/17.0%)
④6人↓/35.3%↓(13人/52.0%)
⑤東関脇→


①にしまえがしら1↑(ひがしまえがしら2)
???
③6点↓/4.4%↑(8点/4.0%)
④3人→/17.6%↑(3人/12.0%)
⑤東前頭六枚目↑(東前頭十五枚目)


①ひがしまえがしら2↓(ひがしこむすび)
???
③5点↓/3.7%↓(32点/16.0%)
④5人↓/29.4%↓(19人/76.0%)
⑤西前頭七枚目↓(東前頭筆頭)


①にしまえがしら2↓(にしまえがしら1)
???
③3点↓/2.2%↓(14点/7.0%)
④2人↓/11.8%↓(6人/24.0%)
⑤西前頭四枚目↓(西関脇)


①ひがしまえがしら3↑(ひがしまえがしら5)
??
③2点↓/1.5%↓(3点/1.5%)
④2人→/11.8%↑(2人/8.0%)
⑤西前頭八枚目↓(東前頭七枚目)


①にしまえがしら3↑(ひがしまえがしら6)
??
③1点→/0.7%↑(1点/0.5%)
④1人→/5.9%↑(1人/4.0%)
⑤西小結↑(西前頭二枚目)


①ひがしまえがしら4→
???
③1点↓/0.7%↓(4点/2.0%)
④1人↓/5.9%↓(2人/8.0%)
⑤東前頭二枚目↑(東前頭四枚目)


①にしまえがしら4→
???
③1点↓/0.7%↓(3点/1.5%)
④1人↓/5.9%↓(2人/8.0%)
⑤西前頭筆頭↑(西前頭三枚目)



…という結果になりました。総評はまた後ほどコメントからさせていただきますが、
地味に激しく番付上下しています。好成績なのに評価されてない力士もチラホラ…



さて、大関予報のサブ企画「予報せいや!
(たった今命名。書くのは野暮ですが、聖闘士星矢とかけています)

のトップグループを発表!

…と言っても始めてからまだ誰も大関になっていないので、
参加賞ポイントの1pを初回から毎度ゲットして3Pを得ている人です。

【トップグループ・敬称略】

mimurastep/出人/美樹/美樹旦那/YOSHI/YOSHI母/下北陸奥男/
バカピカ/鴨鹿丸/manjiro/エレムン/暁/hagishiho/Gacktoh …計14名


トップグループと言っても文字通りまだまだ全員紙一重
コチラの方も楽しみ

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 大関予報 | コメント:3 | トラックバック:0 |
本日は大関予報の締切日…
2007-12-16 Sun 23:41
今日12月16日(日)が大関予報の締切日なのですが、
前回に比べてちょっと参加者が減少しています。

初場所の番付発表の記事を見たりして、この企画を思い出すような
人もいるかもしれないので、一応私が更新するまでの投票は有効としますが、

過去の参加者等に頼みこんで回るようなマネはしません。

この現象は相撲界の人気凋落によるものなのか、
ブログ更新の停滞が引き起こしたものなのか
(最近相撲ブログのみならず、ブログ自体がちょっと下火に思えるのは自分だけでしょうか?)

安馬が大関取りをかけることで企画本来の面白みが減ったからか、
あるいはその対抗策として打った予報士階級制度に対する反発か…

理由は複合的と思われますが、結果を甘んじて受け止めていきます。


さて、朝青龍の記事をずっとネットで追っているんですが、
各紙印象がバラバラで笑ってしまいますねw

朝青龍に対してどういう印象付けをしたいか?が露骨に見えます。
論調を極端に差異化しても、今はネットで同一事件に関する記事をカンタンに
見比べることができますからね。それだけ記者の責任感は薄れるんでしょうけど

一昔前は新聞を何紙も読むのは一部の知識人だけでしたがね(はらたいらとかw)


面白かったのは、朝青龍のサッカーを、
イタリア人が好意的に見ているという記事ですねw

たしかに、朝青龍のプレイそのものをどう評価するかという観点は
日本人には欠如していました。繰り返して言いますが「欠如」していたんです。

そして、それを「発見」と取れるような人が、今後の相撲を楽しく見られる人だと思います。

土俵を見ていれば、結局のところ自分は何を見たいか…に行き着くはずです。
その先が、日本人の日本人による日本人のためのぽこぽこお相撲
(横綱琴光喜と横綱千代大海…四つと突き押し、同年代!タイプの違う両横綱が毎場所激しく11,2勝の優勝争いをする!最高!)

であればそれはそれで別にいいです。

自分は土俵に人生のぶつかり合いを見たいし、栄枯盛衰を含めた歴史が見たい。
何人だろうが、関係ない。バックボーンがカラフルであるほど、むしろ面白いと思う

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:4 | トラックバック:1 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。