スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
大関予報平成二十年春場所後投稿ルール
2008-03-25 Tue 23:14
大関予報士の方々(国家資格ではありませんw自称でOK)に
次期大関を予想していていただき、
その集積で期待力士の大関になる確率を算定。
そして確率の高い順にオリジナル番付で発表していく企画。

それが

「大関予報」です

過去の結果のダイジェストをコチラで見ることができます。

ルールをよくお読みの上、奮ってご参加下さい!

基本ルール
場所での各力士の雰囲気を見た後、
次に大関になる可能性のある力士3人~5人に
10点を振り分ける。

例1)次の大関は絶対にA関しか考えられないという人の10点振り分け

A関.8点
B関.1点
C関.1点

※次の大関はこの人しか考えられない!と思っても最低3人には点数を振り分けること
※小数点以下の点数振り分けは禁止。従って1力士が獲得する最高点は8点で、最低点が1点。

例2)どの力士もどっこいどっこいで、誰が次の大関か予想が困難な人の振り分け

A関.2点
B関.2点
C関.2点
D関.2点
E関.2点

※5名以上の名を挙げたい方もいるでしょうが、必ず5名以内に収めること

<無効となる振り分け>
以下のような点数振り分けは無効とします。

①3人未満、あるいは6人以上の力士に点数を振り分ける
②合計点数が10点を超過、あるいは不足
③小数点以下を含む点数を振り分ける
④明らかに対象外の人物に点数を振り分ける
(現役力士以外の人名or現・横綱大関陣)
⑤複数のHNによる多重投稿や、なりすまし等の不正
 また、妨害行為や公序良俗に反すると思われる投稿内容


無効投稿については、管理人がコメント等を通して
通告に伺いますが、投稿者がそれに応じなかった場合は
すべて無効とします。

<参加資格>
関脇以下の現役力士の名前を5名以上ハッキリと挙げられる方

<参加方法>
A. ★推奨★
記事「大関予報平成二十年春場所後版投稿ルール」
とトラックバックして、ご自身のブログで記事を書く

B.★トラックバックを送信できないが、自身のブログをお持ちの方★
(準推奨)
記事「大関予報平成二十年春場所後版投稿ルール」の
①コメント欄のURL欄に自身のページのURLを必ず記入し、
②コメント投稿のハンドルネームを自身のページと統一する


C.★自身のブログをお持ちでない方★

記事「大関予報平成二十年春場所後版投稿ルール」の
コメント欄に直接予想を書き込んで下さい。
初めて参加される方は、どのいきさつでこの企画を知ったか
教えていただけると幸いです。

(例、友達のブログを見て…にほんブログ村から…ネットサーフィン中たまたま見つけた等)

参加にあたり、ごあいさつや前置きは特に必要ありません。
いきなりトラックバック、コメント送っていただいて結構です。

<締め切り>
4月27日(日)いっぱい
締め切り前の再投稿を認めます。
(その場合、最新の投稿のみ有効となります)

<結果発表>
4月27日(日)以降

<注意点(重要)>
◎本企画は、各力士への期待値の変遷を場所毎に記録することが目的であり、
 予想の的中を賭けたギャンブルではありません

◎本企画は次の大関を予想する主旨であり、
 「将来の大関」を予想することをメインとしません。

◎元大関の出島、雅山の名前を書くのはOKです
 大関に陥落しそうな現役大関を書くと無効になります

◎点数の振り分け基準は自由。個人的な希望でもOKですし、
 ガチに当てに行ってもOK。大関予報士としての
 自身の性格を素直に反映させてください

◎予想は今回がラストチャンスではありません。
 毎場所後に予想するチャンスがあるので、肩肘張らずに参加してください。
 次回の予想が今回と大幅に変わっても全く構いません。

◎参加してくださる予報士の皆さんのモチベーション維持のため、
 予報せいや!(←記事にリンクします)というサブ企画を設けました
 ご一読下さい

◎その他質問のある方はコメント欄よりどうぞ



では春場所後のmimurastepの予想です。

安馬 2点
琴奨菊 2点
稀勢の里 2点
把瑠都 2点
鶴竜 2点


なんか今回の大関予報は混戦になりそうですよね。
上三人は固定でせきわけの顔ぶれは読めるけど、どっちがひがしに来るのか?
にしこむすびの座を誰が取るのか?ホントにわからない

で、そのわからなさを素直に表現してみた結果こうなりましたw

上三人は相対的な評価は先場所よりも下がりましたね…
特に稀勢の里は琴奨菊を倒す気迫がほしかったなぁ…
個人的にはこの三人と把瑠都は並列だと思っています。
把瑠都は緊張すると棒立ちになるような立ち合いがよくありましたけど、
今場所は改善が見られました。
千代大海戦みたいな立ち合いができれば、上位でも二ケタを期待して良いと思います。

鶴竜は負け越しましたが、相変わらず期待を持たせる内容でした。
ちょっと贔屓目入ってますがね

漏れている中では朝赤龍なんかも良かったと思いますよ。
もう三役の常連という言い方をしていいと思います。

栃煌山は勝った相撲は相手に相撲をとらせない、素晴らしい内容だったんですが、
負けた相撲もまた、全く相撲にならないものばかりでしたw

そして負けた相手は大関を狙う上では壁になってくるような力士ばかり。
今場所の好調程度では、まだまだ名を連ねることはできません

以上、mimurastepの見解でした。重ね重ね言いますが、今場所の結果はマジで楽しみ
皆さんの参加をお待ちしております!!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 大関予報 | コメント:40 | トラックバック:11 |
平成二十年大相撲春場所 総括
2008-03-25 Tue 22:14
場所後半はマジ多忙につき更新ができず申し訳ございませんでした。
攻防キングバンドも中途半端なところで中断してしまい…
九日目と十一日目はリアルに見逃してしまったので、存続ができなくなってしまいました

♪いきなり出てきてごめ~ん、まことにすいまめ~ん

状態ですが、春場所を総括させていただきます。

まず中日の正面解説千代について少々

幕内の取組前に向正面の舞の海に「あまりヘンなことを突っ込まないように!」
と釘を一刺し!これって800系に関することか~?とかゾクゾクしながら
解説聞いてましたけど、ボクは千代富の解説は何だかんだ言っても好きです

「立ち合いの瞬間に五つくらいの動作を同時にやっている」
「それによって130キロの体重をもっと重くすることができる」
「詳しいことは企業秘密」
「立ち合い素早く前褌を取るために?もっと痩せなきゃダメだね」
「何が違うって?モノが違いますよ」
「相撲は立ち合いに空間を制した者が勝つ」
「稀勢の里から横綱のところに出稽古に行かなくちゃダメだ」

たしかこんなことを言ってましたが(全部うろ覚え)
何かそこいらの元力士が言うのとは別の説得力があるんですよね~
こういうのをカリスマ性と言うんでしょうね

中にはこれらのオレオレ的発言にはらわたが煮えくり返ってる人もいるのかもしれないですけど…
「この800野郎、軽口たたきやがって!」みたいな。

まあ1つ言えることは、彼はマジで強かったということです。
そして、何はともあれ第一人者としての自覚があった!
まあ、第一人者としての地位を守るためにいろいろやったのかもしれないですけど…
なんせ晩年の千代に口出しできる現役はいませんでしたし…
まあでも裏があったのかもしれないにせよ、表で立派だったんですよ、彼は
相撲協会なんてどうせクリーンな組織じゃないんだから、
表でグイグイ引っ張れる人がトップに立った方がいいような気もしてきた


さて土俵の話。

朝青龍、優勝しましたけど、15日間を通して見ると白鵬の方が内容は良かったと思います。
朝青龍は肉体的な総合力から言えば、全盛期を過ぎたと見ていいと思います。

スピードは相変わらずですが、良かった時期と比べると何か余裕がないように見えます。
そのへんは手をつかない立ち合いに顕著に出ています。

ここのところのトレーニングで、上半身はビルドアップされていますが、
十五日間を戦うスタミナ、また一番相撲でのスタミナも衰えているように思えます。

稽古の貯金が尽きてきた…という表現が一番しっくりくるでしょうね。
ただ、相撲勘だけは相変わらず良いです。

全盛期は過ぎたと言っても、この相撲勘と、がっぷりでも負けない上半身を身につけたことで
白鵬以外の力士にはそうそう負けないと思います。

たぶん今場所優勝したことで、朝青龍は稽古のペースを変えることはないでしょう。
今後の盛り上がりのカギは白鵬が握っていると思います。

白鵬、今場所はポカ的な負けが3つありましたが、逆に言うとポカ以外で負ける確率は
すこぶる低いことを見せつけた場所だったと思います。

白鵬は、まだこれからも強くなります(なってもらわないと困ります)し、その余地があります。
それに対する朝青龍の応えの1つが、上半身のビルドアップだと踏んでいますが(真意はよくわかりませんが)、まあ朝青龍は対白鵬を見据えた身体作りをしていて、白鵬は研究こそすれそこまではしてない。つまりは今後実質的には白鵬中心に回るというのが見えた場所でした

…とか持ち上げると白鵬は期待を裏切るからな~…ともかく来場所どちらが制するかでしょうね
白鵬の志次第では朝青龍はあと5回も優勝できないと見る。
少なくとも順調に強くなれば、朝は大鵬、千代には届かないと見る。ただ、さすがに北の湖は超える


【その他大勢について】
両横綱以下フラット…っていうのが見えた場所でした。
大関陣が情けない…とか言いますが、情けないという表現が似合うのは琴欧洲だけだと思います。
あとはみんな調子の良し悪しはあれ、力通りです。頑張って8勝7敗なのです。

琴欧洲…攻防キングバンドでは結構名前が出てたんですよね。負けっぷりがいいからでしょうねw

魁皇…苦手な欧州勢が来場所は大挙して来ますが、大丈夫でしょうか?

稀勢の里…また期待外れ。雅山戦は熱戦とはいえ、がっかりしました。あの相撲は、最終的にはまわしにこだわるべきでした。自分が見えてない。あと、たぶん若いくせにスタミナもない

鶴竜…勝ち越すと思いましたがね~。豪風戦の巻き替えなんかは師匠逆鉾を彷彿とさせました。
まだやっぱり体力面に不安があるかな?

黒海と高見盛の好調は二日目の時点で予想した通りでした。

若麒麟…よく棒立ちになるんですよね…身体が硬いのかなぁ?もっと回転を意識した突っ張りができるといいんでしょうけど、今のままでは幕内で通じませんね。出直せ

シューンケツ引退。最後まで地味でしたが、今となっては琴ノ若戦で悪名とは言え、名前が売れただけでも良かったのではないでしょうか?
行けるところまでは行った人だと思います。
ボクは相撲が好きなのに、やってません。男性としては軽い罪悪感のようなものを感じるときもあります。その分、相撲で頑張って、行けるところまで行った人に悪口など言えない


では、お待ちかね大関予報関連記事をアップしますね~
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
リアルタイムで見る攻防なんたら 春場所7日目
2008-03-15 Sat 18:05
今日はたぶん今場所最初で最後のリアルタイム観戦

されど十両はサッカーに負ける…

マジシャン小泉エリがリポーターで、豪栄道のインタビュー。
NHKもなかなかイキなことをする

ちなみに小泉エリをリポーターに…は私は1年半前のこの記事で書いてるけど、
まあ、気づいてくれればそれでいいのだよ、うん。

★前半の攻防★

豊真将-若麒麟

若麒麟初登場。実質完敗ですけどw

高見盛-春日王

高見盛人気って決して奇妙な動きだけが理由じゃないのだと再確認


※前半のその他※

境澤、あんだけふんぞり返ってるといつかこういうことがあるとは思ってましたが…
せめてアゴだけでも引けるようにならないと、大成はあり得ないでしょうね


★後半の攻防★

把瑠都-旭天鵬

把瑠都を外四つから寄り切るんだからなぁ…
まだまだ三役を張る説得力を持ってますね

朝赤龍-琴奨菊

相撲はもう当たった瞬間琴奨菊のものでしたがね。
上手を取ってからのじっくりがぶは見所あったので

魁皇-安馬

今場所好調の魁皇と、今場所イマイチな安馬では
この結果は必然だったか

豪風-朝青龍

豪風の怖さはハズ押し…よりも、柔道経験に裏打ちされた
逆転技にあったりするので、両横綱慎重に捌きましたね
豪風見た目は善戦ですけど、完敗です

白鵬-稀勢の里

今場所一番の熱戦でした
稀勢の里のつっかけはわざとだな。
あれで慌てさせて突き落としの算段でしょう

白鵬引いて危なかったけど、落ち着いてはいたと思います
落ち着いて構えていれば、先に崩れるのは相手の方…
という自信でなんとか踏ん張れたという感じでしょうか


◎攻防キングバンドノミネート日数◎

4日 白鵬、琴欧洲、魁皇、朝赤龍、鶴竜、雅山、豊真将

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 攻防キングバンド | コメント:2 | トラックバック:0 |
攻防…省略 大相撲春場所6日目
2008-03-15 Sat 02:25
今日も攻防のあった取組だけピックアップ!

皇司-嘉風

嘉風の相撲は必死さは伝わってくるのだが、しかしもう少し経済的な相撲も取れるとも思うワケで

普天王-栃乃洋

普天王はこの企画向きな人ですね、良くも悪くも

安美錦-雅山

ゆっくりでも、重い突きで正面からポンポンとやられるのが安美錦は苦手の模様

安馬-琴奨菊

安馬、6日目にして初登場。あれだけの体勢で攻めきれないところが今の安馬の限界かな、と
にしても琴奨菊は合口が極端な力士だと思う

琴欧洲-稀勢の里

正直に、力関係の逆転を見た気がした一番でした


貴乃花親方、関取の名前は紹介しようねw

★攻防キングバンドノミネート日数★

4日 琴欧洲、鶴竜、雅山
3日 多数

※すみません、昨日琴欧洲の集計が間違っていましたので、訂正しました

まだ一日もノミネートされていない幕内力士

琴光喜、若ノ鵬、栃煌山、若麒麟、境澤、龍皇


唯一「いい意味で」選出されていない栃煌山が光ります

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ


別窓 | 攻防キングバンド | コメント:0 | トラックバック:0 |
両横綱に死角アリ!ただし攻防あるかないかのみを注目して見る春場所5日目
2008-03-14 Fri 01:56
今日も攻防のある取組のみをピックアップしていこうと思います。

…というか、幕内の全取組で豊響と垣添の一番やってた?見た記憶がないんだけど…
自分の勘違いか?情報求ム

普天王-海鵬

う~ん、足技を決めるにはちょっとがっぷりすぎましたね
身体をひねる余地があれば違ったんでしょうが

嘉風-春日王

体力差はいかんともしがたくとも、小手投げや極めを警戒しながらあきらめずに頑張りました
横綱と対戦してるかのような必死さでしたw

玉春日-北勝力

「自分の距離の奪い合い」なかなか見所がありましたよ。
豊響あたりは、力の出る距離を完全に覚えられましたね。
そこをどう打開するかなんでしょうけど

若の里-把瑠都

把瑠都はああいうじっくりとした相撲でいいんだと思います。動かざること山のごとし
対戦相手は、把瑠都に土砂崩れを起こさすような攻めをすべしw

露鵬-旭天鵬

I love 四つ

朝赤龍-鶴竜

外四つでもまわしの位置と頭の位置でうまく鶴竜の差し手を殺しました。
地味に、朝赤龍みたいなタイプの力士は見たことないんだよな。地味に

魁皇-琴奨菊

左四つの攻防。今日は魁皇の立ち合いの踏み込み勝ち。
魁皇ウォッチャーではないが、ここ3年くらいでは一番良いのでは?

琴欧洲-安美錦

ごめん、贔屓目かな?


(その他)
5連勝していても、攻防キングバンドにはまったくノミネートされない栃煌山。
それだけ一方的に勝っている、しかも前に攻めて勝っている。いいよ

若ノ鵬の立ち合いに、素で笑ってしまった。笑える土俵というのも悪くないw

朝青龍は今場所なだれ込むような相撲が多い。
1つ歯車が狂えば、落とし穴はあり得る。
たぶん朝青龍はどこかでの1敗は覚悟している。
それよりも、終盤に体力を残すため、中盤までは受けに回らないことを意識しているのではないか

★攻防キングバンドノミネート日数★

5日 なし
4日 鶴竜
3日 白鵬、琴欧洲、魁皇、朝赤龍、雅山、北勝力、豪栄道、豊真将、海鵬

なんとも不思議な並びであるw

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 攻防キングバンド | コメント:0 | トラックバック:1 |
攻防キングバンドで見る春場所4日目
2008-03-13 Thu 01:45
今日も攻防のあった取組からピックアップ

豊響-豊真将

豊真将、調子は間違いなくいいんですけど、ここに名前が載るってことは、
それだけ勝ち身が遅いとも言えるワケで…

海鵬-高見盛

把瑠都-岩木山

がっぷり四つ、迫力ありました

豪栄道-北勝力

変化した輩を屈辱的に下すw痛快な一番でした

朝赤龍-時天空

途中時天空が変なまわしの持ち方しなかったら、ただの長い相撲としようかと思ったんですがw
あの後一体どうしようと思ったのか謎。

魁皇-稀勢の里

使っちゃったね魁皇拳w

琴欧洲-鶴竜

動きいいな。鶴竜はケガしなきゃ勝ち越すでしょ、絶対。2敗は横綱相手ですから


【番外】
白鵬はたしかに左に身体が傾ぎすぎ。まあ今日の負けはそんなに引きずらないとは思うが
幕内の全取組を見る前に、山手線のニュースでこのことを知ってしまい、
白鵬のあの表情と同じ?悔しさを味わった。
安美派としてはこの一番はまっさらな気持ちで見たかった

ニュースの写真は見事にあの表情を拾っていて、顔が「悔しいです!」って言ってたw

※攻防キングバンドトップグループ※

4日ノミネート:なし
3日ノミネート:白鵬、鶴竜、雅山、豪栄道、豊真将

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

別窓 | 攻防キングバンド | コメント:0 | トラックバック:1 |
平成二十年春場所三日目より始める新企画・攻防キングバンド
2008-03-12 Wed 01:42
さて、今日から個人的な新企画、「攻防キングバンド」というのをやってみます。

毎日、攻防のあった取組をピックアップしていき、最終的にどの力士が最も多く攻防のある
取組を披露したかをチェックするものであります。

ちなみに、攻防があるかないかは、私の主観で決めますw
なので贔屓目もあることは、お許し下さいませ

短くても攻防のある取組もあれば、長くても攻防のない取組もあります。

ときに、一方的な相撲や、立ち合いの変化が場内を沸かせることもありますが、
一般的に攻防のある相撲は面白いと言われます。私自身もそのことに異論はありません

勝ち負け以上に、誰が相撲を盛り上げているのか、幕内前半と後半、
実質的に充実していたのはどちらかだったなどをチェックできたらと思います。

攻防のピックアップは、あくまでも私の主観ですので、見落とす場合もあると思います。
ですので、個人的にこの一番は攻防があったのでは?と思うときは遠慮なくコメント下さい

初日、二日目も上げて起きますが、二日間はこのような視点で見てなかったので、
見落としの可能性大と申し上げておきます

三日目
豊真将-嘉風
黒海-豊ノ島
時天空-若の里
琴欧洲-雅山
安美錦-朝青龍
白鵬-鶴竜

二日目
豪栄道-普天王
北勝力-出島
魁皇-雅山
白鵬-朝赤龍
鶴竜-朝青龍

初日
垣添-海鵬
豊真将-市原
豪栄道-栃乃洋
雅山-千代大海
白鵬-豪風

三日間を終えて…3日ノミネートが白鵬と雅山w
雅山が3連敗ながらも連日の大関戦で元大関の意地を見せている?ただでは死なないw

2日ノミネートが朝青龍に鶴竜、豪栄道、豊真将。
横綱も大関候補常連も、なかなか土俵を盛り上げていると思います

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 攻防キングバンド | コメント:0 | トラックバック:0 |
平成二十年大相撲春場所初日、二日目
2008-03-11 Tue 02:06
だぁ~!ここんとこ多忙でついバカピカさんとこ投稿するの忘れた!!
昨日初日の結果を、「大相撲幕内の全取組」で見ていたとき、
「ありゃ、今場所は何か肩に力入らず見られるのぉ」
思うたその3秒後くらいに頭を抱えましたw

投稿する気自体はあったんですよォ、マジ忘れ。こういうこともあるということで、
自分とこの企画もうっかり忘れへの対応策を考えないと…と思いました。

さて、初日、二日目を見た感想!

白鵬、今場所は腰の構えが万全!今日の朝赤龍の左前まわしの切り方なんて
涙が出そうになりましたよ。調子良さそう

一方の朝青龍もなかなからしさ全開で良いんじゃないでしょうか

千代大海…右ヒジはまだ万全ではないんでしょうが、
雅山戦で何度も頭でかませていて、それが非常に効果的だったと思います。
相撲勘自体は良さそうなので、場所後の陥落はないんじゃないかと

稀勢の里…昨日の顔そっぽ向けは非常にがっかりしました。
お前、横向いてる間に豪栄道あたりに抜かれるぞ、マジでw

今日は「怖くない」先輩、琴光喜にお返し。やっぱ強いっちゃ強いんだけど、
あとはもう本当に気持ちの問題じゃないですかね

琴光喜は、琴駆引に改名したらいいんじゃないでしょうかね?

鶴竜の昨日の相撲はヤバかったです。逆に光喜がヤバかったとも言えますがw
上がってきた頃の千代の富士ってこんな感じだったんだろうなぁ…っていう
前まわし速攻の相撲でした。

この人は千代的に番付駆け上がるかもしれませんよ
今日の朝青龍戦も、そう遠くないうちに勝てそうな気がする

今場所の黒海は上半身が張ってます。勝ち越しは必至
欧州勢の体たらくが魁皇の寿命を延ばしていると主張する私です

豪栄道…初日、二日目とこれぞ理詰めという垂涎ものの相撲(まわしゆるめだけどw)
舞の海が「早く勝負をつければいいってもんじゃない」と良く主張してますが、
豪栄道はそれを見事に体現しています。今まで彼のような力士がいなかったので、
そのニュアンスを伝えるのにやきもきしていたと思いますが、

朝青龍がおデブ単調押し相撲の流れに革命を起こしたのと同じように、
豪栄道にはスピードいちかばちか攻防なし相撲の流れに革命を起こしてもらいたいです!!

豊真将…重いね。また大関予報戦線に復帰できそうな

高見盛…二桁勝つね

境澤…柔らかいね。のけぞって当たる感じが、若ノ城にちょっと似ているなと思ったのはオレだけか?
っつーか若ノ城と言われてすぐピンとくる人は110番だよある意味w
気が小さそうだな。応援するとやきもきするタイプっぽいから、応援しない。
うまく育てれば琴ノ若級にはなれる気がする

若麒麟…場所前に解き放ったオレの小宇宙(コスモ)が、まさか贔屓の若麒麟を襲うとはw
地元で固くなってるよね。久しぶりにあんなにバラバラな幕内力士を見た。
豊桜クラスと評価しているが、まだそれ以下かなw

今場所の記事はかなり簡易版というか、ハイライト的なものになると思われる
一応予告

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:1 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。