スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
白鵬優勝!そしてドリーム大相撲にも優勝のチャンス?
2008-09-28 Sun 02:29
今日は昼間三段目を途中から、幕下を途中まで見たところで急用ができ、
結局夜の幕内の全取組をBSハイビジョンで見ました。(地上波より時間がだいぶ早いので助かる)

あの~、本当に今更で申し訳ないんですけど…
三段目の竜電(りゅうでん)っていいですね。

あー、自分の最近の稽古不足を実感しましたよ。最近は相撲雑誌とかも読んでなかったしなー
山梨県出身の17歳。ボケーッと相撲見てたんですけど、何の前情報なくても、コイツは!
と思いましたね。またモンゴル力士か?と今日の彼の一番を見た後でプロフィールを確認した次第です…

闘将高田川部屋ってのがまたいいですね。これは将来三役以上じゃなきゃ怒るよ

もう一人、舛ノ山っていうのも期待されてるらしいですね。(まだ見たことないけど)
こちらはプロフィール見る限り上背があんまりなさそうなので、本命を期待するのは酷なのかも
しれませんが、ともあれ切磋琢磨して頑張ってほしいものです。

旭秀鵬の相撲も見ました。大きなアクシデントがなければ、来年の関取は確実じゃないでしょうか。

その他今場所は福岡や渋谷クンや佐々木など(みんな本名w)昔から一目置いていた力士が活躍してくれているのでうれしい限り。それよか四ッ車やりましたね~
正直もう目はないかと思ってたんですが、もともと体格には恵まれていたし、本当におめでとうと言いたい。今場所の相撲は見てないんですが、何か変わったんでしょうか?
脇の甘さは直ったでしょうか?立会いの踏み込みは鋭くなったでしょうか?前に出る相撲に変わったでしょうか?来場所十両で見せて下さい

玉春日が引退するらしいです。お疲れ様でした。
玉春日はベテランになってから「味」で生きている感覚がお気に入りでした。
寂しいけど土佐ノ海にはまだブッシュブッシュ言っててもらいたいです。

さて、幕内ですが…白鵬優勝しましたね。
安馬、琴光喜が敗れて思い切り自分の相撲が取れたと思います。
負けた琴欧洲にも拍手を送りたい。姑息な手は使わず、自分得意の右四つで勝負しにいった。
「相手にも力を出させた上で、勝つ」まさに横綱相撲。日本人が好きな世界を、外国人の二人が体現してくれました。

そう言えば、相手に力を出させて勝つというのは、プロレスに通じる世界ですね。
白鵬には、相撲取りというより、リアルプロレスラーになってほしいです(額面通りに受け取らず、ニュアンスで受け取ることw)

正直、今場所で朝青龍とは力関係が逆転したと思います。
記録云々はともかく、相撲の完成度と安定感は全盛期の朝青龍を凌いでいると見ます。
白鵬にはこの上のステージに行ってもらいたいところですが、
前々から何度も言うとおり、そこに朝青龍が喰らいついてきてもらわないと面白くないわけで、
私は角界の盛り上がりのために、朝青龍復活待望論者宣言をさせていただきます。

なかなかね、両頭が並び立つ時代って多いようで少ないんです。
その時代をぜひこの目で見せてもらいたい!!

琴光喜…チャンス逃しましたね…魁皇に勝てないんですね~。
単純な腕力では、魁皇の方が上ですし。
魁皇のある種見苦しい現役へのこだわりを批判し続けていた私ですが、
こうなりゃヤケクソでw魁皇応援宣言をさせていただきます。

魁皇の幕内最多勝記録更新を応援していきます。
それはつまり、周りの底上げができていない証拠でもあるんですけれど…

把瑠都ってやっぱりいい素材だと思いますね。単純に「すげー」と声が出る相撲を取れるもんな、この人は。全盛期の朝青龍や右上手を取ったときの魁皇。押しがハマったときの千代大海のようなワクワク感。
かつては琴欧洲もそんなものを持っていたんだけど…

ドリーム大相撲は珍しく千秋楽まで優勝争いに加わっています。
結果的には玉鷲が失敗でした。出世がやや遅かった理由は、器用さの欠如なんだと思うんですが、どうも力を出し切れなかったという印象です。ハマれば北勝力的な活躍をしそうな相撲なので三賞に期待したんですが。垣添にしときゃよかったな~。でも垣添で三賞はほとんどありえんし…
ま、明日も楽しみがあっていいです。そんなドリーム大相撲的大一番が

把瑠都と鶴竜の一戦。鶴竜勝てば我が部屋に勝ち越しポイントが。
しかし関脇把瑠都も見てみたかったりで…う~む
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 相撲 | コメント:1 | トラックバック:0 |
「昔は良かった」に騙されるな!!
2008-09-25 Thu 00:04
場所中なのに、長らくの放置すみませんでした。
実はこの度引っ越しまして、やっと大相撲中継を「録画」する環境が整いましたw

本当は幕下から見たいところなのですが、ウチはケーブルでBSを見てまして、
現在の設定ではBSを録画予約できないのです…

ただ、実際今日仕事から帰って予約した地デジ放送を見てみましたが、
毎日となると十両からが限界かもしんないです…

さて、今場所。夜中の「全取組」を含め幕内の取り組みを見た日がまだ5日ほどしかなく、
相撲を「線」で見れておりません。十両の山本山に至っては、まだ勝った相撲を見たことがありませんw

なので取り組みについてああだこうだと書くのは今日は控えておきますが、
今日中入り後の特集で10年前の平成10年秋場所(私、両国国技館に見に行きました)をやってて、
なんか全体的に「昔は良かった、今はつまんない」みたいなテンションだったのがムカつきました。

相撲ファンというのは保守的な人が多いのは前々からですけど…
たしかに若貴兄弟という人気力士の息子でしかも兄弟で若年記録を塗り替えて横綱になって…
ってのはすごいですよ。

でも、そこの部分追いかけたってもう再来しないでしょw
実際目を見開いてよく見てごらん。曙のぶよぶよした体つき(勢いのあった千代大海にバチコーンとやられたw)貴もぶよぶよ。若は軽い。

横綱、大関5力士で賜杯をたらい回しにしていたとはいえ、武蔵丸以外の4人は下り坂。
たしかに星数は競っていたけど、内容が盛り上がっていたっていうのはちょっと言いすぎ
いつも満員だった?余裕で当日券買えましたけどw
その直後に琴錦や千代大海、出島に優勝をさらわれていって時代が崩れるんだから
実況や解説陣は全体的に過大評価しすぎだ。時系列を追え、ちゃんと

実際当時は今の状況と少し似ている。上位陣の内容は特にないけど、下からの突き上げが思ったよりもないので延々と続いている感じは!そして今の方がある意味面白いぞ。安馬とか豊ノ島みたいな存在は少なくとも当時いなかったんだし。当時は馬力押し相撲が多かったけど、今は業師も多いし。まあ今もあっさりした土俵が多いのは同じだけどね

少なくとも、相撲実況に携わっている者が昔は良かったと単に思っているなら、降りろ!
なんらかの提言ができるならまだしも、現状に対する批判の的も得てないし。
それよりももっと今の魅力を拾って、引き出せよ!たしかに今、人気大関の息子の兄弟はいないよ!
でもそれで相撲がつまらないワケじゃないだろ!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ドリーム大相撲と珍しくグッジョブな夕刊フジの記事
2008-09-14 Sun 00:07
まずドリーム大相撲に申し込みです

親方名:mimurastep親方
部屋名:おしゃまなチビ部屋

横綱:白鵬
大関:パス
三役:安馬
平十:稀勢の里、鶴竜、豪栄道、玉鷲
補欠:垣添

今回は特にテキトー。モンゴル巡業が終わって、モンゴルの若手系はけっこうモチベーションが上がってるんじゃないかと予想。逆にモンゴルのベテラン系はここらで一息休憩って気がしてならぬ。特に天さん。で、モンゴルの4人。あとは稽古充実の若手。そして、垣添の後半の帳尻あわせ力に期待しての補欠。琴光喜は気になったけどね~。期待して裏切られると琴光喜のこといよいよ嫌いになりそうだから、やめとく。

自分家の看板はたたんだので、今場所は何か気楽に参加できます。
気楽とも言えるし、やはり心にポッカリ穴が開いていて、もう一つ燃えてこないとも言えるのですが。

自分の企画はやらないくせに、他所の企画に参加するのは態度として矛盾しているのではないか?
とも思われそうですが、これは一重に企画コンセプトの違いなのです。

今回何にショックを受けているかと言えば、素質のあるヤツらに相撲をバカにされていたっていうことなんです。それに加えて、問題は相撲協会の体質にもあったのに、結局のところテメエの保身しか考えてないような処分に終わっていることも残念に思います。

正直、現状では角界の将来像が見えてきません。
将来像が見えないのに、将来のことを予想させていいのだろうか?
このままではせっかく集まった皆の希望が泡と消えてしまう可能性がある
(というか一部消えた。愛川欽也のハイ、消えたのごとくあっさりと)
ということでスッパリ身を引きました。

しかし、ドリーム大相撲は場所が開催される限り、開かれていいものだと思います。
なんだかんだ言っても、ドリーム大相撲は「ゲーム」でしょう。
相撲も娯楽ならドリーム大相撲も娯楽。

相撲ファンとしては場所の開催を中止するなんてぇのはとんでもねぇことです!!
年6場所制で何年続いてると思ってるの?50年だぞ?
開催中止を訴えてるヤツのほとんどが生まれる前から続いてるんだぞ?
年6場所制を崩すとなると、記録とかいろんな点でいろいろ出てくるんだぞ!(何だそりゃ?)

どうせ開催中止を訴えてるヤツの大半は現役力士の名前を10人も言えないんでないの?
こっちはな、100人以上見たい力士がいるワケよ(環境が整えばだけども)
何で数人の不祥事がために中止しなきゃいけないんだ?冗談じゃない

とは言え、私ゃ戦争が起きたって本場所はやってほしいと思ってるから、
まともな意見ではないことは認めましょうw
あと別に年6場所に固執してるワケではなくて、こんな不祥事がために急に本場所が中止されることがダメなのであって、しっかりとした話し合いの結果、現行の年6場所制にメスが入ることには反対しておりません。


さて、話は飛んで前回理事長予報という記事をアップしましたが、
理事長交代劇に関し、夕刊フジが珍しく良い記事を書いていたのであげておきます

武蔵川新理事長“ドス”声で「厳しく指導していく」

さあ、新理事長、どうやってこの未曽有の難局を乗り切る? 突然のトップ交代。辞任を申し出た北の湖前理事長と同じ出羽一門、元横綱という毛並みをみれば、武蔵川親方(元横綱三重ノ海)が最も後継者に近い存在だったのは確かだった。とはいえ、強引にクビをすげ替えた感は否めない。剛腕で知られる武蔵川理事長の手腕が問われる。

 8日、午後1時からの評議員会をはさみ、ポスト北の湖の新理事長を決める2度目の理事会が始まって間もなく、監事の不知火親方(元関脇青葉城)が「選挙だ」ともらし、投票用紙を取りに協会事務所に走った。これを見る限り、決して武蔵川新理事長でスンナリと決まったワケではない。

 「武蔵川、伊勢ノ海(元関脇藤ノ川)の2人が候補にあがり、決選投票寸前までいったんですが、直前で伊勢ノ海理事が降りたようです。北の湖理事長の右腕としてずっと動いてきましたし、去年、新弟子死亡事件を引き起こした時津風一門の総帥でもありますから、躊躇したんでしょう。前夜、善後策を協議する一門会が開かれ、思い切って(後継候補に)立つべきだという声があがったけど、歯切れが悪かったと聞いています」と協会関係者は話している。

 この伊勢ノ海理事を推す理事の中には「不祥事続きで地に落ちた大相撲界の信用を取り戻すには、横綱、大関の理事長よりも、額に汗して働く実理型の理事長が望ましい」という意見の理事もいた。

 大相撲界のトップが任期途中で交代するのは1968年12月16日、時津風理事長(元横綱双葉山)が劇症肝炎で亡くなって以来、実に40年ぶり。このとき、きら星のごとく居並ぶ元横綱、大関の理事を退け、新理事長に選出されたのは現役時代の最高位が前頭筆頭という元出羽ノ花の武蔵川親方だった。

 この武蔵川親方、引退後、ソロバン塾に通い、簿記学校に入学するなどして経理に精通。5年ちょっとの任期中、それまでの大物理事長とは一転してみんなで話し合い、みんなで決める合議制を打ち出し、同時に大幅な財政健全化を図り、85年、150億円もかけた両国国技館を無借金で建てる礎を築き、大相撲界中興の祖と言われている。伊勢ノ海理事にその再来を期待したのだ。

 年寄名は同じでも、元横綱の現武蔵川理事長の手法はこの先代武蔵川とまったく正反対の剛腕なワンマンタイプ。平成の1ケタ台から2ケタ台前半にかけて猛威を振るった若乃花、貴乃花らの二子山旋風に真っ向から対決するため、ハワイ出身の武蔵丸や大学卒の武双山、出島、雅山らを集め、横綱、大関になっても平気でゲンコツを見舞う厳しいスパルタ教育で鍛え上げ、ついに1横綱3大関を育てあげ、念願の打倒二子山を果たした。この日の就任会見でも「2度と不祥事を起こさないように厳しく指導していかないといけない。力士、師匠など、全協会員を集め、腹を割って話していきたい」とドスの利いた声でこれからの施政方針を明らかにしている。

 この武蔵川理事長誕生の裏に、たるみ切った大相撲界のタガを引き締めるには北の湖前理事長のようなどっちつかずのあいまいな態度ではできない、という判断が相撲協会全体に働いたのに違いない。これからはきっとさまざまな面で厳しい指導が行われるはず。自己主張の強い若い親方が増えているだけに、あちこちから不協和音も聞こえそうだ。


こんだけ書けるなら、いつも書いとけw
ラスト一段落のまとめも良いですよ。きっと今後はそういう問題が出てくる。
しばらくは厳しく引き締めるだけで良いと思うけど、将来のことを考えたらね
やっぱり若い子供にある程度は迎合しないといけないと思うんだな。

玉ノ井の取的が「力士が大麻やって何が悪い!」とプチ暴れしたみたいだけど、
角界ってさ、そういう大麻を吸うか吸わないかギリギリくらいのヤツにさ、
目標と居場所を与えてやって育てていく機関であるべきだと思うんだよね。

だからロシア力士に処分が下ることは当然としても、永久追放みたいなのは
厳しすぎるというか、どうも税制上の優遇措置を守るための保身に思えてならないんですよ。

世間の批判逃れの厳罰を続けていったところ、最終的に自分の首を絞めることになる…
なんてことにならなければよいと思いますが。腹を割って話そうという姿勢はいいと思いますね。
「ヨソはヨソ、ウチはウチ」の北の湖でなくて、そこは期待していいいと思いますよ。
力士の教育の問題なんてのは、まず意識の共有から始めないと始まりませんし。
ただ、問題点を先回りして将来像まで描くということはこの人にはできないと思います。
それができる可能性があったのが伊勢ノ海さんですが、今回の辞退で理事長はもうないと思います。

さて、これまでBSもねぇ、CSもねぇ、ブルーレイのブの字もねぇ
ハードディスクねぇ、DVDねぇ、ビデオデッキは壊れてる

という生活でしたが、場所後半よりブルーレイ以外は揃うことになりそうです。
見るぞ~!幕下から見るぞ~!そして書くぞ~!これまでよりちょっと詳しく!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:3 | トラックバック:1 |
理事長予報
2008-09-08 Mon 03:07
個人的に次期理事長を予想してみます。

●理事は定員10名で理事の互選で理事長が決まる
●理事・監事は、西暦偶数年の1月場所後に行われる、評議員(年寄105名跡(一代年寄2名跡),行司2名,現役力士4名で構成)の投票による選挙で選出される。
●理事長経験者は相談役となり、理事と同等の待遇を受ける。
(以上、Wikipediaより)

現在、間垣親方が降格処分をくらったので理事は9名です。
さらに北の湖理事長が辞任した場合、もう一つイスが空くことになります。

まず理事を2名補充する必要があるのですが、
このケースだと偶数年の一月場所を待たないですよね?
というか、現理事全員一気に再編でしょうか?(あ、そっちの可能性のが高いかも)

よくわからないので、現理事に2名補充という前提で話を進めますが

個人的に理事になってほしい人は高田川、八角、鳴戸、尾車、芝田山あたり。
部屋つきの親方でもよければ、大山さんや熊ヶ谷も良い。
貴乃花は個人的には現状ナシの方向だが、理事に入れれば改革のポーズは取れよう。

とにかく、一門の枠や現役時代の実績に捉われない人選を…ってけっこう横綱大関選んでますけどw
ある程度親方としての経験があって、説明責任を果たせそうな人を選んだつもり。

で、理事長ですが、さすがに新任理事から選ばれることは考えにくいので、現理事から考えてみる


★武蔵川親方
まず前提として、出羽一門から理事長が続けて出ることは考えにくい。
また受ける印象としては「保守」ではあるが、
この人は現在様々な問題の元凶にもなっている「外国人力士」や「学生相撲出身力士」
を横綱、大関に育てあげ、さらに生え抜きを三役に育てた実績を持つ。

もしかしたら、この人しか知りえない現代型の部屋経営テクがあるかもしれない…
安易な外国人排斥論に対抗しうる人物である

★大島親方
鎖国を打ち破って旭鷲山、旭天鵬らモンゴル力士をスカウトした張本人。
歴史を変えた男である。やはり安易な外国人排斥論に対抗する意味でアリな人。
この人が理事長になると「緩んだまわしの締め直し」という意味合いを感じる。
頑固者で断行力には期待できるが、古臭い人間なので「改革」のイメージには合わない

★伊勢ノ海親方
現理事の中で、具体的なビジョンを打ち出せるとしたらこの人しかいないのでは?
一般常識の感覚からいっても一番まともな気がするし、横綱、大関以外でしかも
少数派の一門から理事長になることは改革アピールにもつながる。

一般ウケは悪くなさそうであるが、一方で現在相撲部屋が抱えている問題というのは、
彼のような割り切り、サバサバ型の風土がもたらしていることも忘れてはいけない

★放駒親方
なんというか…タイプとして北の湖と似ていると思う。
人柄は誠実なんだけど後手に回る感じ。可能性低し

★二所ノ関親方
二所一門は放駒優位なのか二所優位なのか、読めない。
何はともあれ本流であるし、この人はとにかくいい加減だけど外交手腕はある。
どうせ「黒い組織」という印象があるなら、
案外この人みたいなタイプが一番力を発揮するかもしれない。ただ、さすがに可能性は低い

★出羽海親方
良い人となりだとは思うが、リーダーというタイプでもない。
現代型のビジョンを打ち出せる気がしないし、出羽一門では武蔵川優位だと思う。

★友綱親方
同じく立浪一門なら大島親方優位だろう。
断行力はまあまあありそうだけど、問題発言多発すると思うw

★九重親方
一門やら慣例やらの縛りを取り払って…という意味で改革アピールになる人。
一般知名度、人気ともに高いため、自ら広告塔になる力があるし、
断行力もこの中ではトップクラスだと思われる。
それだけに派閥争いが起こる可能性も高いが、
現役時代と同じく下積みが長いと思ったらあっという間に覇権を取るという
構図ができあがりつつあるので、その再現を期待したい



というワケで長くなったが、理事長予報は
九重7:伊勢ノ海3 ということで

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:0 |
大関予報無期限凍結のお知らせ
2008-09-05 Fri 21:01
長らくの放置すみません。
開いた口がふさがらないというか、閉じた口が開かない心境です。

うすうすお気づきの方もいると思いますが、秋場所前の大関予報は中止。
相撲協会に我々が理想と思い描く大関や横綱を育て上げる力があると
信頼が置けるようになるまで、無期限凍結とします。

参加人数が減少傾向にあったとはいえ、毎回10名以上の方々にご参加いただき、
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます

毎日各力士の取組一番一番を見ながら、その力士の将来性について考えることは
相撲ファンにとっての至福の時間であると思い、この企画を始めました。

だけど結果はね、本当にね、本当につまらなかったよ。
将来は大関にとファンから期待をされていた力士は大関なんかに興味がなかったんですからね。
企画をぶっ壊された気がして怒っています
(というか、この事件の前からちょっと壊れ気味でしたけどね…)

10代で幕内って只者ではなかったんですがねぇ…
順調に出世したように思える北尾だって10代じゃ幕下でしたよ。
「これから」を持て余しやがって!龍興山に謝れ!(すみません、飛びすぎました)

とりあえず私の中では初めて、北の湖理事長の退任を要求したくなりました。
北の湖がいい、悪いというよりも、抜本的な改革をするために
北の湖はリーダーとして不適ということです。

北の湖理事長だって悪いとこばかりでなくて、トップに立たせておいても
協会内であまり波風が立たないとかそういういいところもあるんですがね
(いや、それが外側の人間から見てダメダメなところなんですけれども)


また書く気が起きたらもうちょいつっこんでいろいろと書きます
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:6 | トラックバック:1 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。