スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
生え抜きの星堕ちる 残念だ ああ残念だ 若麒麟
2009-01-31 Sat 16:15
期待していた。

中卒の生え抜きで、相撲経験がなかったにも関わらず順調な出世。
まさにメイドイン大相撲な関取だった。
気風のいい突き押し相撲に第二の寺尾を夢見た。

師匠の四股名から「麒麟」を貰ったことからも期待の大きさが伺えた。
「玉麒麟」以来ではなかったか?

しかし、十両昇進までの順調さに比べると、このところは伸び悩んでいた。
それと、今回の件に因果関係があったのかどうかは知らない。

だけど、あれだけ騒ぎになって、検査にも引っかかって、
それでもやってしまったということは、もう相撲をやる気はなかったんですね。
お疲れ様でした。

一時の気の迷いであったとしても、既に解雇の事例のあることに手を染めたんですから、
残念ですけど他の有望力士のために席を空けてもらいます。


今回の件に関する協会の責任…対策が不十分だったのかもしれないが、
「良識ある一般の」感覚からして最低限のことはやっていると思います。
本人以外が重い処分を受けるのは不適当だと思います。

ただ!

若麒麟が大麻に手を染めたのは本当に若麒麟だけの問題なのでしょうか?
大麻以外にも黒い組織との癒着やその他様々なことが渦巻いていて、
角界では良識を狂わせるような、あるいはそれが育たないような
そんな何かが横行しているのではないでしょうか?

せっかく外部から理事を選んでいるんですから、そういった部分に
しっかりとメスを入れていってほしいです。

八百長もその一環なのかもしれませんが、仮の話として、
昔よりも八百長がしづらくなったために、力士への精神面の負担が増して、
大麻に手を出してしまったとしたら、それも考えものです。
ま~、だから何だという話ですが、別に角界だけが特別でなくて、
ストレスを抱えている人は多くいて、そんな隙間に
大麻が簡単に入り込む時代になった…ってことなんでしょう。

この際だから他にも疑惑のある○○○○とか○○○親方とかも
徹底的に調べてもらいたいですね。なんせ若麒麟は親方には「やってない」
の一点張りだったらしいじゃないですか。

後々こういう事態が発覚する可能性があったから、
露鵬と白露山の解雇は行き過ぎなんじゃないか?と思ってたんです。
今回は見つかったので良かったですけど、バレないで逃げ切る人間もいるんでしょう?きっと

だから、違法薬物に関する規定をしっかり作って、
それに即して処分をしないと。それと、悲しいことだけれども
場所と場所の間は毎回検査をしないといけないのかもしれませんね。
世間を納得させるにはそのくらいはやらないと。

自分自身の中では、解雇当然という思いと、
相撲界ってそもそもそういうトンパチなヤツを許容できる組織じゃないの?
っていう思いが交錯しています。

まあ理想をいえば、そういうトンパチなヤツが
稽古で揉まれながら出世していくことで
世間様から全うな視線で認められ、自信をつけていくことで
そういった世界から足を洗えるようになる…

ってのがいいんでしょうけど。
相撲部屋って本来そういう機能を持っているところでしょ?
今の時代、関取ってそんなにいい身分ではないのかな?
それとも若麒麟が馬鹿だっただけ?
そこが知りたいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 相撲 | コメント:1 | トラックバック:0 |
祝!関取昇進!!福岡改メ 隠岐の海
2009-01-28 Wed 18:59
このエントリ以来注目していた八角部屋の福岡改メ隠岐の海の新十両昇進が発表されました!

あ~、あれから2年ちょっと経つんですね~。自分はてっきり稀勢の里世代だと思っていたんですが、
福岡の方が学年一つ上なんですね。高卒で入ったとはいえ、23歳での新十両は別に早いとは言えない(順調とは言える)のでこの1年は一気に駆け上がるつもりでやってほしいです。

しかし、四股名…隠岐の海ですか。この四股名は予想していました

北勝○、保志○ときてるのに、隠岐○○とちゃんと二文字入れているでしょ?

なんかね~、地名+ノ海は大成しないイメージがあるからイヤだったんですよ。
それになんか地味だし。肥後ノ海、土佐ノ海…

まあたぶんその辺を意識しての ”の海” なんでしょうけどね。カタカナじゃないよって。

ただまあ、単語登録しなくても一発変換できる素直な名前だったんで良しとしましょうか。


ちなみに今幕下以下のイチオシは高田川部屋の竜電です!
平成2年生まれでまだ18歳になったばかりですが、今場所初めて幕下で勝ち越し、
しかも6勝1敗の好成績!!10代での関取は順調に育てば手中にできると思います。
稽古熱心で稽古相手に恵まれている高田川部屋なのも安心材料。

自分はやはり長身で懐深く柔軟な…白鵬タイプの力士が好きなようです。
福岡も竜電も、見ていると相撲向きな体型だな~と思うんです。

ただ、体型だけでは計り知れない部分もありますがね。
光龍、猛虎浪、徳瀬川なんかは素質からすればもっと勝っておかしくないと思うのですが。

最近寂しいのは、「目覚しいスピード」を見せてくれる若手力士が少ないこと。

動き回る早さだけではなくて、前への出足というのかな。
琴錦、千代大海、朝青龍あたりはそのへん若手の頃から光っていたし。
差したときの小城錦なんかも良かったね~
マニアックなところだと、若い頃の金開山に第二の小城錦を感じたんだけどね~
太って守りの相撲になっちゃった。性格が攻めじゃなかったんだな

そういう力士はおらんかいの~?できれば差し身のうまい系。
かつ生え抜き(高校相撲出身は許す)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:1 |
平成二十一年大相撲初場所総括 両横綱 そのままの君でいて
2009-01-27 Tue 17:17
あー、千秋楽の結果は予想通りでした。ドリーム大相撲外しまくったので
なんとか一矢報いた(初代貴ノ花がよく「ひとやむくいた」と言ってたなぁ…)というところでしょうか。

そのかわり三賞予想は外しましたけど。優勝争いを引っ張った栃煌山中心かと思ったんですが、
考えてみれば後半敗れた相手も上位の人間だったわけではありませんでしたからね。
その点見落としていました。

千秋楽の放送では舞の海が久々にチョロチョロとした感じのウザ発言を連発。

「朝青龍は立ち合い変化も考えているんじゃないでしょうか?」

…支度部屋の様子見りゃわかるだろw

「稽古量というのは関係ないんでしょうか?」

…自分が稽古しなかったからって乱暴すぎるだろw

そんなことばっか言ってるから「顔じゃない」と言われるんだよw
ただ、そんなシューヘイは嫌いじゃないのでぜひともその立ち位置をキープしてもらいたいw

朝青龍…
今までのペースを崩さないなら最悪「パートタイム横綱」。
もうちょっと土俵に集中するなら本格的な「水色時代」の到来でしょう。
さすがに今の稽古量では徐々に力が落ちていくだけでしょうからね。
「無稽古神話」がどこまで持つのか見ものというところですね。

ただ、まあ28歳という年齢だとフツウ稽古の番数は減ってくる頃です。
「トップの自覚」とかは差し置いたマイペース調整に徹することができれば、
「朝青流」でうまくいくような気もするんですよね。

横綱を務めながら、政治・ビジネスに展開…なんてフツウの人間ではできません。
それでいて本場所で結果を出しちゃったんですからね。
結果で「こんな相撲道もアリ」と示し続けていく。いいんじゃないでしょうか。

相撲なんて30前後までしかできない。いって35。40までできる人なんて激レアです。
親方になるだけが人生じゃない。相撲で有名になること以上の道を提示する。
それが結果的に大相撲の価値を高めることになる…かもしれません。

なんだか朝青龍をどうしても過去の横綱像に当てはめようとする人たちがいるけど、
それって何なの?って思います。
相撲道ってのは「道」である以上、未来に向かって伸びているワケ。
過去と違うから受け入れないというなら、延々と昔のビデオでも見てたら
いいじゃないですか。それにね、そういう役割を買って出ると言ってくれているモンゴル人が
いるんですから。


で、そのモンゴル人ですが自分が買って出た役割から逃げるなよ!
あんなわがまま野郎に嫉妬するだけのオカマ力士で終わるなよ!

と言いたい。それが千秋楽に出た「白鵬コール」(普段は沸かないのにw)
なんですから。

朝青龍のリカバリ能力、勝負にかける集中力。これは天性のもの。(もちろん過去の稽古で磨いたものだけど)
それを持っていない凡人は稽古でそれに勝るものを身につけていくしかないんです。

幸い白鵬は朝青龍より体格に勝り、柔軟で、若い…
というような「天性」を持っているんだから、
この「理不尽」さに負けないで頑張ってほしい。

朝青龍と白鵬。
どちらも己が道を突き進むことによって、
その勝利に勇気を得る人がいると思う。

今回の決戦で、広く一般視聴者にもこの構図が伝わった気がする。
盛り上がりが持続するかどうかは、朝青龍の奮起にかかる。


その他

何しに来たんだ麻生太郎

ブルガリア大統領ってw魁皇さすが大人w

【お星様になった日馬富士】
把瑠都が日馬富士をこまたすくいから足を持ったまま吊り出すという豪快な相撲。
四半世紀近く相撲を見てきたが、あんなの見たことねぇ!
吊り出された日馬富士の格好が、 ヘラクレス座 みたいだったw

幕下陥落濃厚の北桜は引退せず。
予想はしていましたけどね。
この人は元々幕下-十両のエスカレーター力士だったので、
陥落=引退ではないとは思っていました。

幕下でも負け越すようならアレでしょうけどね。
気合いでもう一踏ん張りしてほしいです。


【三段構えコーナー】

21世紀の大横綱と称されるであろう人物

一、朝青龍
一、白鵬
一、相撲レファレンス管理人

本当にね、頭が下がりますよ。。。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
別窓 | 相撲 | コメント:4 | トラックバック:0 |
平成二十一年 初場所14日目 明日は8:2で朝青龍
2009-01-24 Sat 19:11
ドリーム大相撲で白鵬にかけている自分としては言うのシャクなんですがね。

タイトルの通り、明日は8:2で朝青龍です。

白鵬って結局今場所は自分の形になる厳しさにかけたんですよ。
一方で朝青龍はここ数日相手十分にさせない動きが厳しすぎます。

白鵬の勝機はあるとすれば大きく分けて2種類。
一つはとにかく立ち合いから圧力で勝って離れての勝負。
もう一つは組んで胸を合わせての勝負。

しかし、ここ数日の朝青龍の踏み込みのよさを考えると前者は考えにくい。
また、去年の春場所は一気に攻めて小手投げをくらったこともあるから、
今場所はじっくり取ろうと思っているはず。

胸を合わせれば左四つでも問題はないだろう。
こと優勝のことを考えると白鵬は本割ではなるべく長い相撲を取りたい。
スタミナを十分に奪って優勝決定戦に持ち込めば、ここで初めて稽古「量」が活きると思う。

難しいのは、「じっくりと長い相撲を取ろう」という意識は朝青龍にとっては思うツボで、
それが故に攻めの意識が欠けてしまうと、中に潜って一気の相撲を取られてしまうと思う。

その点日馬富士戦の反省を活かせるかどうかの勝負でもある。

仮に白鵬が本割で勝ってもあっさりとした勝負だったら、
朝青龍が2番続けて負けることは考えにくい。
2番続けて白鵬の形にさせるほど、朝青龍は甘くない。

これはもはや「実力」の勝負というより「勝負師」としての勝負。
どちらが勝っても大幅に男を上げる。すごい舞台が整った!


とは言えここ数日の全体の相撲内容は低調と言わざるを得ない。
まあ、好調力士がいる裏にはそれだけ不調力士がいるということで、
調子が悪いとどうしても覇気のない相撲になってしまうのは仕方ないと思うんですが。
ドリーム大相撲で後半期待していた力士が軒並み伸び悩みというところも、
その気分に拍車をかけてはいるがw今場所は事実上の最下位だよ、チクショー!


さて、今日の土俵。結びから。

国技館が「魁皇コール一色」ではなかったのが救いでしたね。
初日の朝青龍コールから掌を返すような場内を多少予想したんですが、
両国の客はそこまで馬鹿じゃないw

千代大海は「セルフ突き落とし」
惜しかったとも言えますが、それだけ白鵬の圧力があったっつーことです。

日馬富士はようやく勝ち越し。
どこも悪くないので勝ち越しは信じていましたが…
課題の多さを露呈しましたね

課題の多さといえば今日勝ち越した把瑠都。
白鵬戦で場所が終わってしまった感じですね…

稀勢の里-豪栄道はもう一つ場内が盛り上がらなかったですね。
この間の豪栄道-栃煌山戦もイマイチで。

今彼らの知名度ってどんなもんなのかな?
まだまだマニア層にしか存在が届いてないのかな?
まあ豪栄道は玄人受けする相撲ではあるが、
なんとか栃東ポジを狙ってほしいところです。

テンホー兄さん三役復帰ってw
いやいや今でもそれはそれは強いですけどね~
若手頑張れって感じです。

今場所の三賞は難しいな。誰も決め手に欠ける。
候補は把瑠都、豪栄道、栃煌山、山本山、豊真将と言ったところか。

一番有力は栃煌山だろうけど、あとは誰までを含めて誰を切るかっつー話になるでしょうね。

山本山はまあやっぱり存在が面白いです。
前に出る迫力もさることながら、
組んだとき、体を入れ替えるうまさがあるところとか好きですね。

あとは福岡!先場所十両昇進を見送られた悔しさをぶつけるような
東筆頭での全勝優勝!今日も前によく出たね~。重い北桜をおっつけで持ってったからね。

ちょっとまだ立ち合いの厳しさに欠けるところがあるので、
十両はたぶんそんなに労せず通過すると思うんだけど、
その先でちょっとやきもきしそう。今の栃ノ心的な。

課題を見据えて今から稽古に精進してくださいまし。

【四股名についてのお願い】
ここまで「福岡」で通してきたのだから、
今更「北勝○」とか「保志○」とかいう改名はやめて下さいよ。
あと「隠岐○○」とかも隠岐の人は喜ぶかもしれないけど、
申し訳ないけど、地名が地味っすw

もちろん、親方の期待があって、とっておきの四股名をつけたくての
これまでの本名だったと思うんですがね。
肩透かしも期待しつつwいい四股名をお願いしますね

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:1 |
平成二十一年 初場所十日目 立て褌の 向こうを取れば 出るぞアレ
2009-01-20 Tue 22:55
タイトルで何のことだかわかっていただけましたでしょうか?
(いや、パクってねーか?とかそういう問題でなく)

もちろん白鵬戦でとび出した日馬富士スペシャルでございます。

♪左手が深く差せれば 右の手でヒザを払うの

※風の谷のナウシカの
♪雲間から光が差せば 身体ごと宙に浮かぶの
のメロディで

朝青龍は10連勝の後、左ヒジをおさえる。
だけど、アレは朝青龍が単独トップに立ったときのルーティンです。
「トップに立ったけど、不安要素もあるからちゃんと注目してね」
という合図です。ま、今場所は本当に余裕はないと思いますが。

ま、あとは千代大海、豪栄道、栃煌山は内容が良いので後半注目。
把瑠都はちょっと昨日の負けで心身のバランスを崩した気がします。
まだ朝青龍戦を残しているので「明後日以降」自分の相撲を取り戻してほしいです。
(明日はドリーム大相撲でエントリーしている琴奨菊との対戦。菊負けると負け越し…)

琴欧洲は今日負けましたが、まだまだ横綱戦期待していいと思います。

北の富士さんの意見と同じで、今日はやや淡白な相撲が多かったです。
普段なら星勘定が白熱するこの辺りから相撲内容も充実してくるのが常ですが、
今場所は序盤からかなりスパートしてましたからね。

付け焼刃で15日間を盛り上げ続けることはできないと思ってました。
中盤は小休止でもいいので最後にすごいヤマを期待したいですね

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:0 | トラックバック:1 |
平成二十一年初場所 九日目 史上最大スケールのがっぷり四つ
2009-01-20 Tue 02:54
結びから。

白鵬-把瑠都は白鵬が身体ごとぶつけに行くようなピョコン立ち合いからもろ差し狙いも
右四つがっぷりに。「右四つでもいいからがっぷりになりたい」とうそぶいた把瑠都の思い通りの展開。

いやー、力入った。土俵にヒビ入るかと思った。
四つの型は徐々に把瑠都の方が良くなっていたんだけど、
白鵬がまわしを切りにかかったり、足を飛ばしてゆすぶったりしながら
最後は両まわしを引きつけながらの白鵬スペシャル

把瑠都はがっぷりになった瞬間から勝負に出ないといけなかったな。
ひきつけ合いになれば力で勝てると思ったのかもしれないが、
右四つは白鵬の十分。たしかにひきつけは把瑠都に分があったが、
先に仕掛けていったのは白鵬の方だった。

把瑠都はまた相撲の奥深さを知ったに違いない。
そして白鵬はプロレスで言えば鶴田。相手が強くないとその真価が見えない力士。
今場所初めて朝青龍より白鵬が目立った気がする。
朝青龍はさしずめ長州。

シビレた。最近こういうテンションの高まる場面でがっぷり四つの相撲になると、
涙が出てくる変態ですw

昨年初場所の白鵬-朝青龍。九州場所優勝決定戦の白鵬-安馬。そして今日。

なんて…なんて魅力的な両横綱なんだ!
こんなテンションを運んできてくれた外国人力士に大変感謝している!
日本人だけなら、涙の出るような相撲は一年間見られなかったってワケだ。

日本人横綱待望論は自分の中にももちろんある。
しかし、その思想ゆえにこの状況楽しめないとしたら、損だよw
楽しもう。見ていて楽しいから相撲は今まで続いてきたのだ

魁皇-千代大海
千代大海が、引っ掛けて下さいと言わんばかりのノド輪キープ。
こういうのを八百長とか言ってわぁわぁ騒がない!

ちゃんとメッセージを読み取りましょう。千代大海のメッセージを
「魁皇関。もし、あなたがこのノド輪に対してお得意の引っ掛けも出せず、
土俵を割るようなら、あなたは引退したほうがいいでしょう。
でも、これに対処できるなら、まだやれるし、できれば一緒にやっていきたいです」

これのどこが悪いんだよ!どこが真剣じゃないんだよ!真剣な思いだよ!

琴欧洲が今日は苦手の若の里に対して大きな相撲を取る。
左上手から先にとって、右は取られた下手をはさみつけるようにして切り、
最後は右の上手も取っただろうか(忘れたが)とにかく外四つで
力の強い若の里をねじ伏せた。いいぞー

琴奨菊。土俵に手をつき、審判の手が上がるも行司が軍配を上げないので
続行して嘉風を押し出す。
琴奨菊らしいなと思いましたが、結局物言いがつき行司差し違えで手がついた時点で敗北。
今場所まだ全然がぶれてないですね

北勝力は土佐ノ海に勝ち、さらに行司にもけ返しを決め2勝w
展開の中で、北勝力の足に行司の装束が引っかかって、和一郎が土俵外に飛び出しましたw
しかし、その後もしばらく突っ張りあいが続いたため、勝敗が決する瞬間は
なんとか目にすることができたようです。

外人レスラーにぶつかって場外で失神するジョー樋口レフリーのようなガッカリはありませんでしたw
(昭和プロレスネタが通じる人間が果たしてどのくらいいるのかw)

豊真将は栃ノ心相手に立ち合いから一気の押しで快心の相撲。
師匠で正面解説の錣山親方が、
「今まで豊真将の相撲を見てきた中でも三本の指に入る相撲」

と言っていました。

放送最後の挨拶でシコロンが
「今日呼んで下さってありがとうございました」

というニュアンスのことを言っていたのが印象的でした。
あー面白かった。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

別窓 | 相撲 | コメント:4 | トラックバック:1 |
平成二十一年初場所 中日八日目 りんこ星人キターッ!
2009-01-19 Mon 02:22
タイトルふざけすぎました。スミマセン。そのくらいテンションが上がっています!

元横綱輪島が例の事件以来?いや、そもそも初?正面放送席にゲスト解説で登場!

なのに中継を見逃してしまうオレのバカバカバカ!

先ほど「幕内の全取組」見ましたけど、
けっこう輪島と閣下のコメント拾ってくれていて嬉しかったです。
多少は安心しましたが、それだけでも面白かっただけに、
二時間通しで見たかった~!!

これはね、「事件」ですよ、あーた。

服部がゲスト解説で来たときも相当驚いたけど、時代変わりつつあるねー。
次は2メートルの彼をお願いしますw2メートルの彼もけっこう解説向きだと思うんですよ、何気に。

角界を離れた人って、親方とはちょっと違った目線で相撲を見ている気がして、
どこか「哀愁」を漂った相撲に対する「愛着」を感じるんですよね。

輪島が取り組みにわーわー言いながら、それでも元横綱ならではの鋭い着眼。
全取組で拾われた部分でもけっこう光ってましたよ。
どうにも天才肌を感じずにはいられませんでした。

時天空の首極めを評価する輪島さん。あれは時津海譲りです!

鶴竜に流れる「井筒相撲」の系譜にニンマリする輪島と閣下。そしてオレw
輪島はきっと、逆鉾が好きだったと思うw

朝赤龍と高見盛も熱戦。前半にああいう取組があるといいよね~

千代大海…把瑠都退治を期待したけど、把瑠都が良すぎたよ。
正直、現状勝ち目ないわ。これから弱点研究していかないと

琴欧洲も踏み込みよし。両横綱も特に言うことなし。
陽動作戦も効かず。意地の張り合いはあっても、冷静さは失わない。

すごいわ。今場所は8割方数年前に思い描いていたビジョンの通りの展開だ。
2割の不満はモチロン日本人若手に対するものだけど、
栃煌山がそれもある程度補っているし、豪栄道も内容は悪くないしな。


さて、輪島リアルタイム世代ではない私からひとこと言わせてください。

輪島のおじちゃん、また来てね!!


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:2 |
平成二十一年初場所七日目 壊し屋健在
2009-01-18 Sun 02:29
今日は本放送録画したものを見ました。
必然的に「幕内の全取組」で見ている日より情報量が多くなります。

取組後半の方から書いていくのが普段のスタイルですが、
今日は順を追って行くことにします。

栃煌山が今日は昨日の中立親方を見返すような
素晴らしい当たりからの出足。
このままの感じで行くと、後半上位と当たるかもしれませんね~

栃ノ心、今日も得意の右四つになれたのに、勝てず。
山本山がうまく振り回して身体を預けたってとこもありますが、
ああいうの見ると四つ相撲って難しいんだなぁと思います。

今日の裏MVPは千代白鵬でしょう。
初っ口から8番連続で寄り切りが続いていて、

北勝力-千代白鵬

の取組を見た瞬間「あ、ここで途切れる」
と思ったのに、意外や意外。この一番も寄り切りで決めたんですから。
力つけてますよ。琴奨菊-豊ノ島世代にもう一枚厚みが加わると
熱くなりますね

今日は、出ない出ない出島w

後半。

日馬富士まだ動きが鈍いです。
今日は旭天鵬で中に入りやすかったから良かったけど、
入るまでは足が揃いかけてたしなぁ

魁皇が小手投げで豊ノ島を粉砕。
誰かあの小手投げでグニッといった瞬間、
ストップモーションになって、豊ノ島の全身の骨が透けて見えるような
編集をした動画を作ってくれんだろうかw

力は落ちてもこの技の破壊力と絶対性だけは落ちないなぁ。
プロレスでいうところのスタン・ハンセンのラリアット?
後藤のバックドロップ?(地味)

花道の奥で、これから土俵に向かう朝青龍と魁皇がすれちがったとき、
朝青龍が魁皇に何か声をかけた?それは定かではないが、
とにかくニコニコしながら魁皇を目で追っていた。
声をかけたとしたら、きっと何か軽率なことを言ったに違いないw

豊ノ島は明日から休場かもしれんね。
だけど、こればっかりはしょうがないわな。
上手を切って前に出た刹那なワケで勝負に徹した結果だし。

期待していた琴欧洲-把瑠都は残念な結果に終わりました。
把瑠都立ち合いもろ手ってさぁ・・・

そのまま押し出そうと思ってたんだって。
ちょっと調子乗りすぎたか?オイw

今場所の琴欧洲は踏み込みがいいんだから、
中途半端なことをしちゃいかんよねぇ。
明日は大海が把瑠都退治してくれると思います。

朝青龍-嘉風は期待通りの一番でしたね。
立ち合いの突っ張り合いに嘉風も応戦して下がらず、
フッと中に入るお得意のアレで見せ場を作るも
朝青龍即座の首投げで完全には中に潜らせず。

首投げがすっぽ抜けた後も嘉風前に出て
朝青龍を土俵際まで追い詰めるも、
今度は首投げとは逆に左から右方向へ突き落とすと、
たまらず嘉風花道まで吹っ飛ぶ…

と久しぶりに経過を書きたくなる一番でした。

まず、嘉風が嘉風らしかった。
お得意の「見せ場作り」そして、お得意の「前へ出る力のなさ」
良かったですw

そして、朝青龍が朝青龍らしかった。
スローで見ると、危うい中にも緻密さが見えるんですよ。
首投げを打った瞬間の首に巻いた右腕ではなく、
左腕で相手の右上腕をうまく巻き込んで泳がせるうまさ。
この首投げを朝青龍が決める気持ちで打ってたら、あるいは負けてたと思うんですが、
最初から「いなす」程度でやってるんですよ。高度

で、次になおも向き直って攻めてくる嘉風を首投げを打った方向とは
逆方向に突き落とす。このときの左腕を当てる位置、角度どれも間違ってない。
たしかに身体は軽いし、本調子にはほど遠い。だけど、この芸当ができるうちは
そんじょそこらのヤツには負けない。

白鵬、今日は立ち合いから厳しかった。左で張るのと右からの攻めで
安美錦の「頭の行き場」がなくなってた。それだけ白鵬が踏み込んでいるということ

対照的で面白い。いいよ~、今場所の両横綱の意地の張り合い!
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:1 |
平成二十一年初場所六日目 左ヒジ伸びた朝青龍
2009-01-17 Sat 02:03
今場所はウチのブログのワリにはなんだかアクセスが好調で、
それなりに相撲熱が高まっているのを感じます。
それか私のドリーム大相撲最下位街道驀進中に対する冷やかしでしょうかw

不安視されていた朝青龍や魁皇はとりあえず好調で、
日馬富士もとりあえず一勝したことで土俵はやや落ち着きつつありますね。

日馬富士の不調が続くようだと、四股名お蔵入りになっちゃうかもですね。
観客がまだ「はるまふじ」って呼ぶのちょっと呼びにくそうなんですよね。
気を抜くと「あまーっ」って言っちゃいそうで。


朝青龍、出足も出てきたなぁ。もう場所前の稽古不足は関係ない。
スタミナ温存の相撲が取れているし。まあでもこの辺りで調子上げておかないと
調子の良い力士も多いから、まだまだ油断はできないけど。
少なくとも優勝争いには絡みそうだなあ。

一方の白鵬は、危なげないといえばないんだけど、
これまで当たった力士は別に調子のいい力士とはいえないしなぁ。
しっかりと自分の型になりきって勝ってないので何か不安。
明日あたり朝青龍より先にやられそうな気がするのは自分だけだろうか?
そうなりゃ俄然優勝争いは面白くなるけど

で…把瑠都だねぇ。琴欧洲にも勝つ気がするんだよなぁ。
欧州は頭から当たるか、突っ張るかして把瑠都の左差しを封じ、
かつ上手を取らせないような展開に持っていってほしいなぁ。
今場所の立ち合いならそれできると思うんだが。

できれば、千代大海に把瑠都迎撃をやってほしいんだよなぁ
そうなると場所が盛り上がると思うんです。

日馬富士…これまで挑戦者で思い切り行けたのが、
迎え撃つ立場に立った難しさなんだと思います。
軽量だから、一瞬の判断の鈍りが命取りになる。
本当、今場所の日馬富士は鈍いです。

今場所の豪栄道の上位挑戦は本当に楽しみ。
上位の側に隙もあるしね。

モタモタしている稀勢の里なんかどんどん追い詰めろ!
そして幕下筆頭福岡は三連勝(飛びすぎw)!
モタモタしている同学年なんか抜かせ!

今日は玉鷲が良かったなぁ。栃ノ心が十分の右四つになったんだけど、
まあなったときには土俵際で、それだけ玉鷲が前に出ていたんだけど、
右四つに組んだ後も構わず前に圧力をかけ続けてついに寄り倒したもんなぁ

玉鷲…四つでもいいんじゃね?

今日は「幕内の全取組」観戦だったので、北の富士(好き)→中立 解説は聞けなかったんだけど、
栃煌山に対する中立親方の解説だけは聞けました。

「じょうずに取ろうとしすぎている」ウンウン納得。下位ではこれで通じるだろうけど、
これから上位で活躍する力士になるためには土俵中央でのるかそるかの相撲取ってちゃダメなんですよね。立ち合い一歩でも相手を押し込んで優位な状態から自分の相撲を展開できることで、初めて上位で安定して勝ち越せる。さすが一門の親方。言ってる内容は厳しめでしたけど(なんつっても6連勝ですから)実際この地位で大勝したことは過去にもありますからね。

いったんテンションが落ち着いた感がある今場所ですが、
これからまた上がってくるでしょうね。
ドリーム大相撲も中日までになんとか借金返済したいなぁ…
さすがに最下位はイヤだ。何書いても説得力ない気がするし。
死活問題ナリ

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:3 |
平成二十一年初場所三日目 いつ以来?こんなに内容ある三日目
2009-01-14 Wed 01:35
録画したNHKの放送を見ましたがね、幕内はまあ内容ありましたよ、これ。
さすがにちょっと立ち合い乱れつつあるけれども。まだ許容範囲

ここ数年の3日目というのは、内容的にはエンジンがかからないのが
当たり前だったんですけどね。いや、毎年初場所はけっこう内容はいいんだよな、でも。

じゃ、とりあえず いい相撲だと思ったヤツピックアップしてく。

まず初っ口の山本山って最高でしょw
負けっぷりもよくて前座としてはこれ以上ないキャラ。もちろん上に行ってほしいですがね
本人がキャラを客観的に捉えられてるところがステキです。

垣添-豊響の押し相撲も良かったけど、この一番で少し立ち合いの乱れがあって、
それが最後豊響の出足に少し影響したのかなぁとも思った。

栃煌山地力ついてますよ、コレ。二桁来るよ、コレ。

千代白鵬-鶴竜はいい相撲だったけど、鶴竜が7割方の力しか出してなかったね。
柔らかく突っ張っておいて流れでつかまえれば大丈夫っていう意識が、
途中の呼び込む投げにつながったと思う。

千代白鵬は良かったけどね。今場所は進歩が見られます。

出島-阿覧は2009年 First Dell

普天王-武州山の四つも見所ありましたよ。お互い上手を許さないでね。 

把瑠都-稀勢の里
把瑠都の左からのおっつけに加え、右でも左でも上手から攻められるのが強味だよなぁ
フツウ展開の中で上手が変わることなんてないぞ。下手が上手になるとかならともかく、
右で持ってた上手を左に変えるっつーのは。貴ノ浪でもそんなに見なかった気がするなぁ

稀勢の里についてはノーコメント。

それにしても初日、二日の把瑠都VS尾車勢は
全国東宝系ロードショーできるくらいの迫力でしたね。
やべーな。把瑠都やっぱり好きだわ。

ちなみに私某ゲーセンクイズゲームでは「把瑠都」を名乗っております。

琴奨菊-魁皇
いや、今日なんか魁皇完勝でしょう。ドリーム大相撲ではハイ、消えた的結果ですけど
まだまだ8勝はできますよね。今場所は調子が持てば10番行ける可能性もあると思う。

琴欧洲-嘉風
琴欧洲の頑張りが今場所を盛り上げると思いますよ。
3人、4人と優勝争いを引っ張る可能性がありますからね。内容もいい。

嘉風は「いい体制になるまではうまい」から面白いですね。
一気に前に出る力がないから勝てないんだけど、一瞬見所を作るあたり、
若い頃の寺尾ポジでいいと思います。この位置で頑張れると人気が出るでしょうね

今日は逆に言うとダメな相撲がなかったんですよね。
今は夜遅いんでアレですが「日」を褒めたエントリを明日にでも遡ってみようかな。
ただ、これも本放送で見るのと、ダイジェストで見るのでは印象が違うので、
正確ではありません。(見逃した日もあるし)やっぱり仕切りから見られると全然違います。

バカピカ大相撲では現在最下位ですが、今後はまた少しずつ稽古(観戦)していこうという
所存です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:0 |
平成二十一年大相撲初場所初日 応援される朝青龍
2009-01-12 Mon 00:26
初日。いやー、なんつっても朝青龍-稀勢の里戦ですよね。

私は戦前から予想では朝青龍でした。稀勢の里が勝てる相撲を落とすのは日常茶飯事ですからね。
この1年、2勝2敗だから危険というのは確かにそうなんですが、朝青龍の状態の悪さが逆にキセに隙を与えると思ったのです。

予想通りでした。それよか明日ですよ、明日。キセと違って差し身の良い琴奨菊に同じように差し勝てるのか?集中力が二日続けて持つのか?ドリーム大相撲はその点を考慮して琴奨菊をエントリーしてますんで(初日の稀勢の里の敗北も予想して、それでもなお稀勢の里チョイスですが)明日からに期待したい。

とは言え、いくつかの選択ミスをしたな~という印象。
日馬富士の負けはまあ、新大関ってあんなもんで、
最終的に10番いけばいいと思ってるんですけど、

把瑠都や安美錦が予想以上にいい感じです。
二人とも、何か期するものを感じます。相変わらず目をシパシパさせる稀勢の里以上の
気迫を感じました。どうでもいいけど、稀勢の里の目、シパシパは自分の中ではかなり問題だと思ってるんですよ。あれって、単なる癖なのかもしれないけど、気合は入っていても、相手のことまで考える集中力がないというか、気迫で飲み込むことができてないというか、結局のところ自信のなさだと思うんです。

で、一流と二流を分けるラインって案外そういうところにあると思うんですよね。
朝青龍が稽古不足でも稀勢の里に勝つのって、技術云々もあるけど
結局そういう部分なんだと思う。

あと豪栄道も予想以上によさそう。高見盛チョイスではなかったか…いや、このあたりで冒険しておかないと首位は取れないと思ったのでね。高見盛の武州山戦の敗北は、まあ頑張ってきた彼への餞別(こういうのを八百長とは言わないと思うよ、ボクは)だと思って、明日からに期待します。

あとは朝赤龍ではなくて、鶴竜だったか…とか、豊真将今場所はやりそうだ、とか、翔天狼かなりやりそうだ。とかでしょうか。

山本山いいですね。勝っても負けても絵になる。本当の意味で明るい話題という気がします。

元小城錦の中立親方が十両解説。初日に抜擢するあたり、NHKもちゃんと見てるな~という感じです。相撲ビギナーは中立親方の解説を聞くといいですよ、マジで。一つ一つの取組に対して、ちゃんと答えを出してくれるんですよね~


まあ、しかし今日は待ったもなく、お客さんも盛り上がってなかなか良い滑り出しだったと思いますよ。
立会いの手つき不十分は朝青龍だけでなく危うい人が何人かいたようにも思いますが、
恣意的でさえなければ着いた着かないじゃなくて、「着こうとする意思があったか」だけで十分な気もするんですがねぇ。あんまりその点厳密にやりすぎて止められるよりは見ている方としては気分がいい。だって、実際見落としも多いんだしさ。

しかし、あんなに応援される朝青龍初めて見ましたね。
客の「相変わらずの日本人ぶり」には少し思うところもありましたが、
まあ現状の素直なリアクションでしょう。いないならいないでつまらない、と思ってる人が
多くいるっていう。

朝青龍の今場所ってすごく大事だと思うんですよ。
「朝青龍」という人間のイメージが決まってしまう場所。

朝青龍はいろいろと勘違いされることが多い。
朝青龍はあの性格だから横綱になったし、他人と言動が違うから他の人と差が出るワケで。
多くの日本人はそれを不必要に叩きすぎる。もちろん必要な叩きもあるのだが。

今場所の頑張り次第で、多くのジャップが朝青龍の良さに気づくのではないか。
朝青龍が弱くなるまでそれに気がつかないのは相変わらずだと思うが、
朝青龍の「功績」の部分は、「不当」と思われるほど評価されていず、
状態が悪く崖っぷちな今場所ならきっとこれまで培ってきた良い部分が光るのではないか。

そう、期待したい。


さて、昨日やるかもと言ったネットラジオですが、よくよく予定を考えてみたら、
放送できる可能性があるのは、明日二日目だけです。
自分も久しくやっていないので、勝手を忘れてしまった部分があるのですが、
放送内でチャット(ボイスチャットではなくキー入力です)に参加してくれる方はいますでしょうか?

いたらコメント欄に管理人のみ閲覧可でもいいので一言くれると幸いです。
コメントなければやりません

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今日から平成二十一年初場所。一番の楽しみはファン太郎w
2009-01-11 Sun 05:36
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
私の本場所は、余計なコメントを掃除することから始まりますw

まずは、いつも参加させていただいているバカピカさんのドリーム大相撲にエントリーです。

部屋名:おしゃまなチビ部屋
親方名:mimurastep

横綱:白鵬
大関:日馬富士
三役:稀勢の里
平十:琴奨菊・高見盛・朝赤龍
補欠:境澤

日馬富士はなんだかんだ言っても10番は勝ってくれるだろうからチョイス。
稀勢の里と豊ノ島は迷いましたけど、三役で大関に勝っても銀星がない以上、
総合点ではキセが上になるんじゃないかと。

ちなみに稀勢の里は朝青龍には負けるんじゃないかと予想しています。
どっちかと言えば琴奨菊の方が金星を掴む気がするんですが(あくまでもカンです)

本塁打王一度取ってみたいので狙おうと思ったんですけど、
魔鼠山親方には勝てそうにないので回避w豪栄道が候補だったんですけどね。
負け越しもおおいにありえるので外しました。

代わりに番付中位に固まる青森ゴーイチ組が熱いんじゃないかと思って高見盛。
こういうとき一番馬鹿正直に頑張りそうだから。

この位置の朝赤龍は鉄板。
補欠には、後輩山本山に抜かれ翌場所の入幕を期しているであろう境澤をエントリー。
後半の白星の伸びには十分期待できる。

~おまけ~

こうなるとアツい!リアルドリーム大相撲w

横綱:朝青龍
大関:魁皇
三役:スルー
平十:嘉風・豪風・武州山・琴国
補欠:山本山

こっちの方が点数上だったらすごくありませんか?
いえ、もちろん仮名で二重エントリなんてしませんからねw



朝青龍…稽古の貯金がつきましたねぇ。
奢れる者は久しからずってか。左肘が痛いのはわかるけど、
それでもやれることってたくさんある気がするんですが、
そもそもやる気がないように見えてなりません。

このまま引退したら、朝青龍は八百長しづらくなった瞬間から
弱くなった…というか辞めた後のことの方に気持ちがシフトした…
と言われるんでしょうね。

まだ朝青龍は本気になってないと思うんですよ。
むしろ初場所の成績から朝青龍の真価が問われると思うんですね。
(それが良い結果であれ、悪い結果であれ)
その「道」を他人が勝手に絶たないように…と願うばかりです。

白鵬と日馬富士の稽古のテンションに食らいつく朝青龍、見たいですもん。
「ああいうの自分には無理」って思うなら、正直目はないと思うんですけどね。


さて、忘れた頃に大関予報の白銀予報士バナー
hakugin

これってFC2だとタグだけでいけるんでしょうかね?それともやっぱりファイルを送らないと
いけないんでしょうか?そのへんがわからない音痴な私です。

…にしても待たせた挙句相変わらず小学生レベルな作りでスミマセン。
ずいぶん前にできてはいたんですがね。発表のタイミングを逸しました。

それから、今場所は可能であれば名古屋場所にやったネットラジオを(参加希望者がいれば)またやってみようかなと思います。
今場所は、二日目12日(月・祝)、七日目17日(土)、十四日目24日(土)のいずれかの日で放送できる可能性がありますが、もしかすると一日も放送できないかもしれません…

最近何か書いてはみたものの実行できないことが多くて、そりゃ過疎るわな、このブログと思ったりするワケですが、やるときには前日までに告知します。
前回の反省はいろいろと活かしたいワケなんですが、多分マイクの性能上、呼吸音やノイズはどうしても入ってしまうものと思われますので悪しからず。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
別窓 | 相撲 | コメント:4 | トラックバック:1 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。