スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
白鵬が大横綱になった記念の場所に私も優勝(笑)
2009-03-31 Tue 22:27
平成二十一年大相撲春場所も、たのしかったです!(いつまでたっても感想が小学生)

白鵬が24歳0ヶ月にして10回目の優勝。大鵬、貴乃花に次ぐ若さで、朝青龍よりも若干早く達成した。28歳の朝青龍にかげりが見え出した今、大鵬の32回を「白く塗り替える」のはこの男しかいないだろう!と今日はやけに強気に出てみます。

もう大横綱と言っていいでしょう!

「するってぇと、何かい?北の富士ってぇのはありゃ大横綱かい?」

…なんて声もかかりそうですが、いやいや若さと相撲の完成度から見てそう言っているのであります。

今場所の白鵬は美しかったです。特に日馬富士戦の、踏み込むというより、ただ前に一歩足を出して相手を見ながら受け止める相撲は最高でした。白鵬は、よっぽど緊迫した場面以外は、あの立ち合いでいいような気がします。踏み込まないと、腰に負担がかかったりするのかもしれませんが、とにかくあの相撲は美しかったです。

今年、白鵬は横綱に求められているものを理解したなぁ~と勝手ながら思っています。
もちろん、あからさまに反朝青龍スタンスを取ってポジションを作ろうとする意図も感じますが、
それを抜きにしても精神面で成長が見られた場所でした。

特に、朝青龍が敗れた後でも平常心で相撲を取った集中力には目を見張るものがありました。

こうなると気になるのが朝青龍の動向です。今場所の白鵬と全盛期の朝青龍をぶつけてみたかったですねぇ…後半疲れが出ましたね。気持ちが切れると、立ち合い腰が高くなるんですよねぇ…
優勝を逃したときの、いつもながらの終盤。それでも、途中まで全勝できたことは評価してよいでしょう。

夏場所完全復活なるかがみものです。今の完成度の白鵬を倒すとなると、またボルテージが上がりますね。

しっかし、もうアレですね。クンロク大関どころか、目指せ、9勝みたいな大関がゴロゴロで。
今相撲界四天王を形成すると全員外国人ですね。残念ながら。

稀勢の里はどっか悪いんだろうけど、たぶん頭も悪いw
鳴戸部屋の力士はどうも相撲頭が悪い気がしてならない。
たまたま不器用な力士が集まっているだけなのでしょうか?

豪栄道、栃煌山には三賞あげても良かったんじゃないかな~?
ロクに上位とも当たらず、しかも反則で星を拾ったりした豊真将あたりが三賞もらえるなら、
全然あげても良かったと思う。たしかに、負けた相撲の印象の悪さの方が残ったけれどもw

三賞をやらなかった分、新小結は栃煌山に譲るべきだと思う。豊真将が序盤から勝ちこんで終盤上位と当たっての11勝とかならともかく、うま~い具合に白星を重ねての11勝だっただけにね。

鶴竜は成長したな~。嬉しい。マジメに大関になるセンスがあると思うよ、この人は。

最近嘉風が良い。前は半端でぶっちゃけ嫌いだったけど、面白い存在になってきた。
前に出る力がついて、持ち味を上位でも発揮できるようになってきた。
若い頃の寺尾みたいに、勝てなくてもかき回してほしいです。

隠岐の海は不運に見舞われたけど、来場所もなんとか十両で取れそう。
再起に期待しています。


一言だけモンゴル語で文句言ってもいいですか?(笑)

「ハ~ナ~レ~ゴ~マ~!!」

日本語で立ち合いは呼吸こそが大事という意味です(笑)



今場所は結局、なんとなくしか見ることができませんでした。
今、ちょっと他に興味のあることもありまして…
観戦で手一杯で、なかなかブログ更新までできませんでした。

春のセンバツも、関心はあるんですが全く視聴できず、
どこが勝ちあがっているのかもわかりません。

思うに、大相撲も関心がある人は多いけれども、
通常視聴できないという意識のうちに流れ流れて、
いつの間にやら無関心という立ち位置にいる人が多いのかもしれません。


さて、そんな中、ドリーム大相撲では9場所ぶりに優勝!
「春はおしゃチビ」と言われるようになりたいですね。(昨年はまさかの参加ド忘れ)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:0 |
平成二十一年大相撲春場所七日目 お茶でもすすりながら両横綱
2009-03-21 Sat 20:11
7日目まで…忙しくて更新できずすみません。
なんとな~く見ておりますとも、ハイ。

両横綱が手堅いだけに、逆に緊張感がないですね。

今日も朝青龍が狙いすましたように踏み込みから左を差してね。
なんというか、朝青龍と稀勢の里では同じ秒数のうちに、動作が3:1くらいの割合なんだよな。

相撲のクオリティが違いすぎる。稀勢の里は若の里相手に稽古しているうちは、
この差は埋まらないぞ。もうさ~、稀勢の里もこの春で大学卒業する年齢なんだから、
部屋に軟禁するのはいい加減もうやめたら?

軟禁政策の理由は、八百長に巻き込まれないように…と言われているけど、
実際にはそれ以上に、WKR的な問題に巻き込まれることの方を
親方は心配しているんだろうけどね。

でもさ~、もうさ~、出稽古くらいでそういう問題に巻き込まれるようじゃ、
稀勢の里も所詮その程度の男だったってことでしょ。
稽古場から海千山千の猛者に揉まれないと、本当の自信はつかないんじゃないかな~?

白鵬はまあ、今日はバタバタしてましたけど、下半身はピタッとしておりましたので、
まあ負ける要素は一切なかったですね。ただ、相手が雅山だから良かったけど、
いらん張り手とかムダな動作が多かったなぁ。朝青龍の方が今日の時点では仕上がりいいぞ。

1敗で魁皇が追う。まあとても素晴らしいと思うけど、これほど頼りない追走もないw
身体はもうボロボロだと思うけど、元々瞬発力に頼る力士でなく、上手を取ると力が出る力士は、
けっこう息が長かったりしますよね。

最近でパッと思いつくのは、水戸泉、栃乃和歌、琴ノ若とか。旭天鵬もこの部類ですわな。
若手は何してるんだ!と思うけども自分がドリーム大相撲で押している栃煌山がなかなか
好調なので気分が良い。鶴竜も星は上がってないけど二大関倒したし。
豪と栃煌はこの場所勝ち越すと思うんだな。両横綱にはまるで歯が立たなかったけど、
まあこの二人は自分の中ではまだ上位でやれる実力がついたと認めたワケではないので、
まずはこの場所内容のある勝ち越しをすることだと思うんです。
打倒横綱云々はそれからでしょう。

今日のNHKの放送は、控えに座る幕内力士の座布団についての四方山話を交えながらの放送。
土佐ノ海が座布団を新調したというプチドキュメンタリー。うーむ、土佐ノ海、まだまだやる気よの。
(山本山戦は感動したよ。曙戦を思い出したw)

土佐ノ海は本当にいい指導者になると思うな。人柄がいかにも実直で真面目そう。
座布団一つとっても、職人の技術や、応援してくれる人の思いがいろいろと詰まっていることを痛感。
豊ノ島みたいに、自分で買わなければいけない力士もいたみたいだがw

まあ、そういう理不尽は多かれ少なかれあるにしても、幕内力士は改めて様々な人の期待を背負っていることを感じる。そう思うと、ますますWKRは大馬鹿野郎だと思う。座布団だけでなく、幕内になると着物から履物から出会う人から、いろいろと一流の待遇を受けるはずなのだ。それが受けられる自分は何者なのか?そして、誰もが受けられるワケではない、好待遇を受けられることに感謝する心。
趣味云々じゃなくてさぁ…いいものをいいと感じられないヤツはどこへ行っても不幸せだと思うんだ。
そしてアレはそういう不感を促進させるには十分だと思うんだよ。だから力士はやっちゃダメ。法律云々の問題じゃなくてな。

琴奨菊が千代大海相手に変化。変化することもなかろうに。将来性を感じないマインド。
琴奨菊の心理を読めない千代大海を叱責する九重親方。そうそう、そうなの。
あの程度の変化についていけない方が悪いんだよ。頭ごなしに変化はいかんというのは違う、違う。

隠岐の海は右肩痛めて辛い土俵。まあ、悪いなりにどう取るかだよね。
いつもいいときばかりではない。魁皇は悪くても勝っているw
星数云々より、これを機に相撲の方向性が研ぎ澄まされればよいと思う。
あとは月並みな表現ではあるが、めげない精神力を磨いてもらえれば。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:0 |
平成二十一年大相撲春場所初日 磐石両横綱
2009-03-15 Sun 22:33
●まずはじめにどうしても言っておきたい小ネタ

尾車親方は心底バカヤローと思ったに違いない。
「ヒップホップに興味があるなら、オレからメジャーレーベルに声かけたのに!」
嗚呼、とんだ人生のまわり道(日本クラウン)


今日は運よく隠岐の海の相撲から見ましたよ。
しかし、オッキー(流行らんだろうな)初日で硬くなっていたのか?

有吉風にアダ名をつけるなら”クソデブはたき野郎”の策略にまんまとハマり黒星発進。
しっかし、相撲ファンを公言しながら力士に対してクソデブはないよな。あるまじき行為


その後は…やはり先場所のことはそれなりにショックがあって、どうも土俵に集中できず、
見たり、見なかったり。

ただ、白鵬の土俵入りのマイナーチェンジは見逃しておりません。
あの四股を踏むときにヒザを軽く曲げて軽く沈んだあと、ヒョイとリズミカルに踏み込む感じ。
誰のを参考にしたかはわからないけど、自分が知る限りでは北の湖が似た四股を踏んでいた。
たぶんもっと昔の力士(しかも不知火型)のマネなんだろけどな。

自分は白鵬にはもっとゆったりとした四股が似合うと思っていたので、
最初見たとき”軽くキモチ悪かった”が、その後本割の相撲を見て、思い描いている白鵬流が見えてきたのでは?とちょっと思ったりした。

今日はちょっと疲れていたので、幕内前半戦は
豊桜-木村山
玉鷲-山本山
千代白鵬-翔天狼
玉乃島-安美錦

を除いて寝てしまった。北の富士いわく、今日はあまり熱戦がなかったというから、
特に振り返る気もない

後半戦の印象については、勝昭と舞の海が言いたいことを言ってくれたので省略。
注目力士は相撲内容に比例ってこと。

魁皇がなんだかベテランの幕下みたいな身体つきだった。
いや、正直現状幕下クラスの力しかない気がする…
あ、でもドリーム大相撲のために把瑠都、豪栄道、栃煌山と当たるまでは出場の方向でw

栃煌山がやっぱまだ期待早かったかな?ま、見守る。

両横綱万全だったけど、相撲内容に進歩が見られたのがまた良かったです。
白鵬は左の前まわしが早かったうえに、前に出ながら腰がスムーズに降りていくんだよね~。
あの低さで柔らかくがぶるように?出られたら相手はたまったものではない。
また、ああいう相撲は正直に今までに見たことがない。
白鵬は大きくくくると貴乃花系だと思っていたが、あの相撲を極めると独自の白鵬流ができあがると思う。そして、あの相撲ぶりであれば、マイナーチェンジしたあの四股は実につじつまが合う。
あの四股も、今日の相撲ぶりも、白鵬のヒザの柔らかさをつくづくと感じた。

朝青龍も頭をつけて相手に相撲を取らせない。
元々旭天鵬戦ではああいう形になることが多かったけど、
場所前から頭をつける稽古をよくしていたらしい。

完全に対白鵬を意識した稽古だけど、相撲ぶりに方向性を持つようになっただけ
(その必要性を感じるようになっただけ)朝青龍自身にも、その周囲にも進歩が見られたということだろう。

朝青龍は、この頭をつける型を対白鵬というだけでなく、自分の型にできるかどうか。
白鵬も今日のような相撲を極めて、型でもって朝青龍を粉砕できるかどうか。
相撲内容的には以前よりずっと高尚なテーマになってきているんですよ。
そのへんが伝わらないのが惜しいよなぁ。

それにしても、大阪と朝青龍はたしかに相性が良い気がする。
朝青龍が大阪で調子が良い云々の話ではなくてね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
別窓 | 相撲 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。