スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
角界の隆盛という視点から
2007-07-25 Wed 03:12
たとえエントリが遅れてでも本場所の取組一番一番にコメントを書く姿勢には頭が下がる滑稽本さんが面白いことを書いています

基本的に角界の現状の問題点とか、今後の展望に関してはほとんど同じ見解なんですけど、どうしても書いておきたいこともあるので書いておきます。(本当は記事を折りたたみたいのだけど、テンプレによってできるものとできないものがあるのか?)

~角界が客本位ではない件について~

たしかに相撲は客本位ではないが、伝統文化に位置づけられている限りは他のプロスポーツよりサービスで後手を踏んでしまうのは仕方ないと思うんです。(ここが甘いところなんでしょうけれども)


「客を楽しませる」
それが興行です。
琴光喜が、ファンの歓声でガチガチになっちゃうのは、結局彼が客を見ていないからに他ならないワケ。
客に見られる事が前提にあれば、歓声や手拍子でガチガチになるワケは無いし、ましてやそれを嫌がるコメントを公にするような事は有り得ない。


ごもっともですが、あの変な手拍子に一言言うのは別に悪いことではないと思いますが。

テニスのサーブ時やゴルフのショット前、フィギュアの演技前に、自分の呼吸と合わない手拍子が起きたら、その選手は観客に文句を言うでしょう。

大相撲はテニスやゴルフより庶民的な競技なので、そういうとこと比較したら応援は客本位にさせてますよね。
大相撲は野球やサッカーなどの団体競技とは違って、自分がミスした瞬間に敗北が決します。チームメイトの誰かが取り返してくれることはありません。そういう瞬間にナーバスになって何が悪いんですか


ハッキリ言って、角界は角界に甘い好角家への甘えが強過ぎるし、好角家も角界に対して過保護なんですよ。
お前らニートとその親か、みたいな。
そういう点を踏まえない、「興行の常識」を外した意見を持っている好角家が多いのは相撲界に悪影響を与えていると思います。



物事の性質を見極めないで「スポーツの、興行の常識がない」と責めるのは、「民間レベルの競争意識がないから、サービス精神が足りない」と、子供の不出来を安易に学校のせいにする親に似ていると思います。


相撲がそんなに好きでは無いけれど別に嫌いでも無い、誰か相撲好きがそばに居ればTV一緒に見るけれど、或いはなんか皆話題にしているなら付いて行く為には見るけど、そうでなければ別に見ないよ、という程度の、
「相撲を見る習慣自体は、持っていた」潜在的顧客層。
彼らなんかに言わせれば、
「散々待たされてようやく相撲が始まったと思ったら一瞬で終わってつまんない」
となるワケです。
それが、好角家や角界の見解となると、
「変化に耐えられない方が悪い」
「ルールに則ったちゃんとした戦法だ」
となるワケです。
無論、それはその通りなワケですが、興行のルールは単純。
「面白いかつまらないか」
だけ。
そして、変化相撲は基本的につまらない。
なら、興行であり、それ以外では無い相撲に於いて変化をする、というのは、
「変化で客を沸かせられないのならば」
駄目、つぅ事。



変化をしても、観客が沸く方法があります。それは、立ち合いの変化に落ちないでその後に熱戦を展開すること。あるいは、変化したヤツの方を無様に負かすこと、でしょうか。
変化に落ちる程度の実力のヤツが一大相撲ブームを巻き起こせる?

むしろ
「最近の相撲取りは、変化しても落ちないぞ!」
ってなったとき、
「何ィ!!」
と多くの潜在的顧客層が振り向くのではないか


素人は攻防ある相撲が見れれば満足なんです。
ボクは今10年ぶりくらいに毎週F1を見ているんですが、
今年のF1は毎回ポイント争いが激しくて面白いんです。
あとライバル関係が複雑だし、トップ争いをしているドライバーが
皆若い。

短期的に見ても、長期的に見ても、
この先どうなるかわからない、
そのストーリーを見届けていたい

って思うワケです。
ちなみにシューマッハとフェラーリの独走時代は
全くF1を見ていませんでした。

フェラーリの強さの秘密とか、チームの戦術の違いや、
コースの見所、ドライバーの個性の違いなど、全然わかりません。
でも、面白いんです。

そして今はわからなくても、見続けていれば前よりは少しわかる部分も
でてくるんだと思います。でも今はまだ、どんな時代であろうともF1を見続けるというほどではありません。

相撲も同じだと思うんです。短期的(取組一番)にも攻防がある相撲が見たいし、中期的(場所の優勝争い)も最後までもつれてほしいし、長期的(○○時代)にも競り合ってほしい。

それは全くその通りなのですが、問題は、素人にとっては変化相撲だけでなく「力士にとってのいい相撲」も受け入れられないということです。
一方的に勝つ相撲は攻防がないので、つまらないのです。
シューマッハが、フェラーリが強すぎてF1をつまらなく思っていたボクと同じように。

そういう意味では滑稽本さんが散々持ち上げている朝青龍も興行を盛り下げています。変化に落ちる弱者の都合に合わせて、興行の盛り上がりを優先することが大事なのであれば、朝青龍は興行全体の都合を見て、なんとか千秋楽まで優勝争いがもつれるように、うまく負けるべきだったのです。そして、毎度毎度違った地方の出身力士と優勝争いをして、たまには優勝も譲ってあげるべきだったのです。

違う、朝青龍はその強さを示し続けることにより角界を引き上げてきたという反論もありましょうが、それこそ相撲マニアの少数意見であり、変化が相撲をダメにするという意見は、朝青龍が相撲をつまらなくしていると同レベルの意見だと思うのです。


しかしプロというのは、自分の成績以前に客です。
まず客を喜ばす、これが前提。
その後に自分の成績なり技術なりが来る。
こういうプロの常識が、特に日本人には無い。
これは相撲界に限った事では有りません。
「品質本位」なんてその典型ですね。
別に、ミミズ入りのハンバーグでも良いんですよ。
「味」より「売る技術」の方が、ヒットさせるには重要なんですね。
歌が下手でもヒットする曲なんか腐る程ある。



正直最も共感できない部分が↑の文章。言いたいことはわかるんですけど。相撲界もいつまで「神の見えざる手」に任せているんだ、って話でしょ。
でも、これがまかり通るなら、キャラ的に面白い人は永遠に幕内上位に残るべきで、実力がなくても目立つ位置にいて良いということになります。
それどころか、この路線をつきつめていくと、

●女関取
●熊(本物)
●小指がないのに四つ相撲を取る力士
●相撲ロボ(本物)
●翼の折れたSekitori

など、様々な楽しい設定ができますw
実力はあとからでもいいんだもんね。
相撲界の今後の展望を考えるとそこまでしなくても良いように思うのですが。たとえば、日ハムの森本のパフォーマンスを見るとなんか寂しくなるんですよ。野球は、こういうおちゃらかしよりも面白くありません。だから、野球以外の楽しいことも始めました。というメッセージに取れてしまうんです。

それに、この世界は関取になって初めて一人前のプロになります。
まず実力がないとプロにすらなれないんですよ。
プロってのは、まあこれで食ってるぞっていう職業意識のことだと思うんですが、

まあどんな仕事でもそうですけど、大抵の人は自分の範囲内の仕事しかできないんですよ。+αの事ができる人ってそうそういない。でも、自分の範囲内の仕事をしてる人はプロとしては十分合格だと思うんですね。

そして+αができる人は、合格してる人の合格を問題にしないと思うんです。そこを問題にしてたら、+αにならず、マイナスになるからです。合格点とは言っても決して100点満点ではないんですけど、これが100点じゃないからと言って、ケチをつけていると、その労力は不必要かつ合格者の足を引っ張ることになり、+αを生み出す人にはなれないんです。


それから…
客本位の体質への移行に毛嫌いがあるのは、ボクがただの頭の固いオールド相撲ファンだからかもしれませんが、一つには若貴ブームのことがあります。

貴乃花がせっかく理想的な四つ相撲を完成させたのに、その頃からミーハーファンが離れていったのです。

貴が客本位の相撲を取っていればそうならなかったんでしょう。
そのためにはまず体重は130キロ台でなければいけなかったし、引退するまで結婚してはいけなかったし、父ゆずりの土俵際でしぶとい相撲を取る必要があったと思うんです。

貴はファンの期待通りに横綱になったんです。ところが、ミーハーというのは横綱になる、優勝する以上の力士の目標を想像できないんです。

そして、誰も寄せ付けない安定感のある貴の相撲は、メリハリがなくてつまらなかったことでしょう。ミーハーにとってのモチベーションだった「この先どうなるか見届けたい」というストーリーが、短期的にも、長期的にも終わったのです。

現役時代より、引退後の兄弟ゲンカの方が話題性が高かったのもそのためでしょう「この先どうなるか見届けたい」ですからねw

逆にミーハーが離れてからの貴の相撲というのは好角家にとっては、唸らずにはいられない…突き押し全盛の時代にこれほど完成された四つ相撲が見れるのか…とただただ歓心させるものでした。

貴が腰を落として相手をスッと寄り切ったときの、じわじわと地の底から湧き上がるような拍手は貴引退後なかなか聞くことができません。

貴がもしミーハー好みの相撲を選択していたら、相撲界は相撲という競技の一つの可能性を失っていたと言えます。たしかに、ミーハーな相撲なら多くの相撲取りが実現可能かもしれません。でも、一つの型の完成を体現できる力士は、それこそ何年かに一度しか現れないのです。

だからボクはたとえ相撲人気が凋落しても、自らの相撲道を貫いた貴は正しかったと思っています。貴は一つの文化を見せたのです。
それに、貴は一応盛り上がりのために、何度か他の力士に優勝を譲っています。実際はあと+5回くらい優勝しています。

それにも関わらずミーハーは離れたんですよ。貴が太って、結婚して、相撲がつまらなくなったと言って。

こんなだからね、ミーハーなヤツらに合わせても仕方ないんです。
合わせたらファーストフードが食文化を破壊するように、相撲文化もろとも崩れるでしょう。

もちろん、変化すべき点はあるでしょう。だけど、築いてきた伝統と兼ね合いを取りながらでないと、足元からすべて崩壊してしまう恐れがあります。だから、新興のスポーツ団体などと比較して腰が重いのは当然です。守るものが少ない方が大胆な変革も楽ですから。

で…
この若貴ブームの反省と現在の時流から見るに、
ボクはミーハーから相撲人気を盛り上げるのではなく、


マニア層から盛り上げることが重要だ


と説きたい。

今、マニアに注がれる視点ってホットなものがあるでしょう?

「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」とか
「鉄子の旅」とか。

自分にはわからない世界があるから面白い、
同じものを見ているのに、全然違った解釈をしている…

こういうものが面白いとされる時代なんです、今は。

だから、マニアはそのマニアっぷりを十分にアピールするべきなんです。

Gacktohさんが白鵬は入門して以来7月17日に勝ったことがないと記事に書いていて、そのマニアックぶりに正直ひきましたw

だけど、それでいいんだと思います。
この人白鵬のことどんだけ好きなんだ、と。
そこまでひきつける白鵬ってなんなん?ってなってもらえれば
こっちのもんです。

相撲はシンプルである分、奥行きがあまりない世界のようにも思われがちだと思います。そういう先入観をね、ガンガン打破してやりましょうよ。

大相撲の話題性はこれから益々高まっていくと思います。
ハードの良さ(デカイ男が、ちょんまげに裸でぶつかり合う面白さ)に加え、ソフト(これからどうなるの?っていう魅力的な力士が複数存在)の魅力が高まってくると思いますから

その魅力をわかるように書いてもいいし、あえてわからないように書くのも今の時代手法としてアリでしょう。そうやっても相撲ファンにならない人は結局性格的に向いてないんだと思います。
娯楽が多いこの時代で、ムリして相撲ファンになる必要はないのです。
素質がある人がなればいいんです。そういう人は捕まえたいですけどw




東北地方や北海道を中心に夏巡業が行われるようです。
巡業の合間にめぼしい子に目をつけるのも親方の役割です。
そういう意味では今回の長期巡業復活は時宜を得ています。

格差社会の煽りを食っているのは地方。
職探しに苦労する親の背中を見て育ったお子さんも少なくないのでは?
みんなが大学に行ってる間に、年収1000万を超えてみないか?
というのはなかなか魅力的だとは思うんですが…


そういう視点からボクが今面白いと思っているのが、
「沖縄」です。
沖縄って職はないけど、世帯当たりの子供数は多いんです。
チャンスでしょw

ただ沖縄出身の角界関係者は数が少ないし、沖縄でどれだけ相撲が盛んかについては全く知らないので、どれだけ太いパイプがあるかが問題なんでしょうが。今は第二検査もあるし、本気になればけっこう有望株を掘り出せる気がするんですが
スポンサーサイト
別窓 | 相撲 | コメント:6 | トラックバック:8 |
<<新企画・大関予報 | 野さいスープ | 平成19年大相撲名古屋場所千秋楽 愛知の琴光喜、世界の朝青龍>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-07-25 Wed 07:55 | | #[ 内容変更]
うん
滑稽本さんの記事も読んでます。現状を憂うというのはお二人とも共通で、それに対する熱弁もまた共通。この取り組みはおもしろい。

mimuraさんのご指摘のように、滑稽本さんが買っている朝青龍が、一番ファン本意じゃなくて、自分の成績本意の相撲をとっていると思います。わたしはそこを評価してるのです。角界マニア、好角家の顰蹙を買おうが、勝利のために若手を相手に蹴手繰りをする、それでこそプロだと評価しているのです。「文句を言われた」「不評」くらいでやめたらだめです。みんなが忘れた頃にまた使って、アナウンサーには「朝青龍にはこれがありますからね~」と唸らせなければ。

千代大海が首を痛めるときに九重に「天才」と言わせたサーカス相撲をとっていたのですが、決していい相撲だとは思いませんが、わたしはあれを評価します。許されるルールで、今の自分の状態で目の前の相手に勝つ最善の手段を選ぶ。それが観客の期待を裏切るもんだろうが、自分の過去や未来を打ち消すものだろうが、わたしはそれを認めたいですね。

ただ、わたしの見方が興行成績には結びつくかどうかはわからないけど。多くの人がわたしのような見方をしてるとは、全然思っていません。

・沖縄はおもしろい着眼。

・このツタヤカードみたいな配色のテンプレはちょっとコメント書きにくい(w
2007-07-25 Wed 08:18 | URL | 出人 #X.Av9vec[ 内容変更]
読んでたら元気が出てきました。
ちょっとしたことなんですけど、自分のブログについて自信を失いかけてたんです。
私のために書いたエントリじゃないのはわかってるんですけど、背中を押してもらったような気がします。
有難うございました。
2007-07-25 Wed 22:04 | URL | SUSAN #WGv/JGO2[ 内容変更]
>出人さん
朝青龍と千代大海の…
それもまたプロ論ですよね。

ボクは観客っていい相撲だけじゃなくて、ダメな相撲も期待してると思ってるんですよ。

「あ~あ」
「バカヤロウ、何やってんだ!」

と言いたい客がいる(本人は無自覚かもしれないけど)

ただ、こういう見方が興行成績に結びつくかはわかりませんけどw

キリンのテンプレは野さいスープ=草食動物ということで
選んでみたんですが、たしかにちょっと奇抜さ先行みたいなところもあったので、読みやすい、書きやすいものに変えましたw

>SUSANさん
SUSANさんでもそのようなことがあるんですね。
個人的にはSUSANさんのブログより素直に読めるところってないので、自信を持ってくださいよ

ただボクは舞の海派ではないんですけども(ここは重要?)
2007-07-26 Thu 12:00 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
こんばんは。
どんだけ白鵬を好きか、わかってもらえました?(笑)
マニアとかヲタクとか私は結構好きなんです。それは、その人にしかわからない価値観を持って追求しているから…。仕事でもなく、本当に好きでやっているから…。他がどう思おうが、関係ないから…。そういうのって、案外素敵な魅力が出たりするんですよね。それを他にわかってもらおう、とするのではなくて、いつか分かる人が現れる、それで良いんじゃないかと思っているわけです。相撲ヲタク万歳ってことで。(笑)
興味深いエントリーでしたよ。
2007-07-26 Thu 19:24 | URL | Gacktoh #GCA3nAmE[ 内容変更]
>Gacktohさん

>それを他にわかってもらおう、とするのではなくて、いつか分かる人が現れる、それで良いんじゃないかと思っているわけです。

この部分、同感です。逆に言えばそれだけがモチベーションというくらいにw

周りで「最近の相撲面白くないか?」
と騒がれたときに
「そうだね。(ま、オレは○年前から予測してたけどね)」
のこの○年が長ければ長いほどカッコイイじゃありませんか!

鉄ヲタも長い暗黒時代がありましたが、今は堂々としたもんです。相撲ヲタも堂々とできる時代を作らなければw

相撲が見たい一心で早く帰ろうとするとき、
友人には「ちょっと用事で…」と言ってしまう弱い心をどうにかしたいものです。
2007-07-27 Fri 03:36 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
朝青龍:優勝、歴史の主役白鵬:歴史の影に隠れる琴光喜:目標が低過ぎて論外整理すると角界の結論はこうなります。まぁ、まだ場所終わってないですけど(笑)、大局的に見ればこう結論するしか無い。白鵬は魁皇戦の「誤審」の方が格にケチ付けてます。アレで素直に …
2007-07-25 Wed 14:10 滑稽本
話しの流れはコレとコレから。取り敢えず長くなったのでエントリを分けます。まず、みむたんさんの考え方の基本になっている部分、みむたんさんのエントリの後半部分ですが、これが事実誤認と思われるので先に行きます。&gt;そういう意味では滑稽本さんが散々持ち上げてい …
2007-07-27 Fri 12:54 滑稽本
コレとかコレとかコレ。「反論」が来たんだけれども論点がずれているのでもう一度整理。ポイントは、相撲に関わる人には3種類居るという事。まず、相撲を少なくとも毎場所見続ける人。所謂好角家と言われる類の人間です。まぁこの中でも、後援会に入ったりしょ …
2007-07-28 Sat 01:50 滑稽本
コレとかコレとかコレとかコレ。&gt;短期的(取組一番)にも攻防がある相撲が見たいし、中期的(場所の優勝争い)も最後までもつれてほしいし、長期的(○○時代)にも競り合ってほしい。&gt;素人にとっては変化相撲だけでなく「力士にとってのいい相撲」も受け入れられない …
2007-07-30 Mon 10:23 滑稽本
朝青龍に“最後通告” 相撲協会、角界変質…危機感数々の騒動を引き起こしてきた朝青龍に下された厳罰は、協会の堪忍袋の緒が切れた証しである。同時に、今後も横綱としてふさわしくない行動を取り続ければ、力士生命を終わらせるという最後通告でもある。 公式行事の無断欠 …
2場所の出場停止は初めて 力士の不祥事への処分日本経済新聞角界のルールブックにあたる「寄付行為」には、力士や親方への罰則として解雇、番付降下、給料手当減額、けん責の4つの処分が明記されていたが、昨年9月からこれに出場停止が加わった。 人身事故を起こして5月 …
2007-08-03 Fri 12:44 クレジットキャッシング
2場所の出場停止は初めて 力士の不祥事への処分日本経済新聞角界のルールブックにあたる「寄付行為」には、力士や親方への罰則として解雇、番付降下、給料手当減額、けん責の4つの処分が明記されていたが、昨年9月からこれに出場停止が加わった。 人身事故を起こして5月 …
2007-08-03 Fri 17:49 セックス日記
この衝撃に角界でも人気♪値下げしました【メンズ】大人気♪豊天(元祖・おもしろ和柄)新作コラボは(こち亀)とらぶるめいかあ【両さんBOX】スラブ天竺裁ち切り半袖Tシャツ商品価格:2,100円レビュー平均:0.0角界のリーダーシップをとる雑誌【年間購読】相撲商品価格:9, …
2007-08-03 Fri 22:43 エッチブログ
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。