スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
九日目を見に行った ~とりあえずその1~
2007-09-19 Wed 12:13
写真とか一切ない手抜きリポートですが、ご容赦を…

月曜は行きましたよ~。
朝から行って自由席狙いだったんですが、結局寝坊して
イス席Cしか買えませんでした。

もぎりは、元大豊と巨砲。ボクは巨砲(楯山親方だっけ?)にもぎってもらいました。

横綱白鵬クリアファイルをもらいました。

相撲博物館に行きました。現在は不知火展?をやっています。
不知火型土俵入りをした横綱にまつわるグッズが展示されていました。

化粧回しっつうものを初めて間近で見ましたが、随分立体的なんですね~。それから、なんといっても裏地がキレイです。これは近くで見ないとわかりません。それから、青森出身の隆の里と旭富士の裏地にだけ、「高島屋」「三越」のロゴが入ってました。なぜでしょう?

「横綱」の実物も、力士によって大きさが違うのが一目でわかります。

個人的に好きだったのは、琴櫻が座右の銘と一緒に書いた、萌え系自画像イラストの色紙です。相撲漫画家、琴剣さんが生まれた土壌を感じずにはいられませんでしたw

それから不知火型土俵入りの歴代横綱の映像が流れていました。
各横綱、土俵入りにも個性があって面白かったです。
特に双羽黒のせり上がりがとても良かったのは意外でした。
大岩を持ち上げるような気持ち…では、1、2を争う良さでした。

この映像の周りには、マニアックな方々が多数集まっていました。
正直、「この空気、ちょっと濃厚すぎるぜ」と気迫に押されそうになりました。

マニアからの盛り上げ…を主張する自分としては、このへんに一つの課題を感じました。この日、ボクはイス席Cには落ち着かず、いろんなところをフラフラとしてたんですが、至るところでマニアックな会話を耳にし、マニアックな行動を目にしました。

ああ、マニアはほっといても土俵内容が良ければちゃんと来るなぁ~と(少なくとも両国には)

だけどこの方向性が加速すると、かなり閉鎖的な空間になってしまうという心配も出てきました。ミーハーによる締め出しの次は、マニアによる締め出しになってしまう恐れもあると。

このへんは可能な限りうまくコントロールしないといけないように思いましたね。

つづく
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 大相撲生観戦記など | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<九日目を見に行った ~その2~ | 野さいスープ | 九日目は暇なので国技館に行きます>>
この記事のコメント
(・ω・)ノシ
観戦、お疲れ様でしたm(__)m

エレムンが5月に行ったときは「大型力士展」やってましたよ。生月の足型がすっげーデカくて印象に残りました。

マニアもね…極力周りの話をちゃんと聞く姿勢でいたらそんな「締め出し」を危惧することはないと思いますが…(’_’)

ところで、(本題からちと逸れますが)「マニア」と「オタク」の違いってどこらへんにあると思います?「相撲マニア」と「相撲オタク」だと捉え方が違ってくるだろうし(・・?)

追記:これの前の記事のコメント、二重投稿になってしまい大変失礼致しましたm(__)m
2007-09-19 Wed 13:19 | URL | エレムン #u2lyhrq.[ 内容変更]
コメント遅れましたが…
相撲マニアと相撲オタクの違い…
考えてみたんですが、結局善意でとれば同じ意味、
悪意でとっても同じ意味になるのではないかと…

締め出しをしないためには、周りの意見を聞くと同時に
「話しすぎない」ということも大事なのではないかな~と思います。

自分もついつい知ってることは全部話したくなりますし、見どころはここだとかいろいろと言いたくなるんですけど、見どころなんてものはその人自身が気づいてなければしょうがないというか、自分で見どころを見つけたときにこそグッと興味が広がるものだと思うんです。

その楽しみを、マニアが奪わないこと。マニアの手柄にしないことが、マニアからの盛り上げには重要な点だと思います。

マニアは「質問に答えられる」程度でいいのです。
「打てば響く」存在にならないといけませんね。

その分、ブログでは思うところを正直に書かせていただきますがw
2007-09-21 Fri 11:43 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
銀座三越って楽しいところですね! …
2007-09-19 Wed 15:20 銀座三越
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。