スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
参加受付中!大関予報ダイジェスト ~もはや歴史と化しつつある半年間~
2008-01-28 Mon 02:05
大関予報のこれまでのダイジェスト記事を書いてみます。

大関予報は、大関琴光喜が誕生した平成十九年名古屋場所後にスタートしました。

参加者は次期大関になると思う現役力士3人~5人に持ち点10点を振り分けて投票し、

その集積から、天気予報ならぬ「大関予報」として各力士の大関になる確率を割り出します。

さらに、確率の高い順にオリジナル番付で発表するという手順となっています。

 

それでは過去三回の大関予報オリジナル番付の変遷を見ていきましょう

平成十九年秋場所前予報:参加者26名

 

西

稀勢の里

関脇

豊真将

安馬

小結

安美錦

琴奨菊

前頭1

栃煌山

露鵬

前頭2

豪栄道

平成十九年九州場所前予報:参加者25名

 

西

安馬

関脇

安美錦

豊真将

小結

稀勢の里

豪栄道

前頭1

朝赤龍

把瑠都

前頭2

琴奨菊

平成二十年初場所前予報:参加者17名

 

西

安馬

関脇

琴奨菊

稀勢の里

小結

豪栄道

安美錦

前頭1

把瑠都

豊真将

前頭2

朝赤龍


最高獲得点数:安馬83点(平成19年九州場所前)
最高次期大関になる確率:安馬50.7%(平成20年初場所前)
最多投票人数:稀勢の里21人(平成19年秋場所前)
最高連帯率:安馬88.2%(平成20年初場所前)


さて、たったの半年の間の変遷ですが…

何か感慨深いものはありませんでしょうか?

中には、この力士の名前はもうとても書けん!!なんていう力士がランクインされているかもしれません。

でも、この当時はみんな大マジメに予想して、その結果にはおおむね納得していたはずです。

 

…この記事を読んでくださっている皆様、大関予報の醍醐味がおわかりいただけたでしょうか?

大関予報は次期大関を予想する企画であると同時に、時勢の記録でもあるのです。

将来相撲ファンになった人に、星取表を見るだけではわからない空気を伝えたいんです。

 

「この力士、今は横綱だけど当時は全然期待されてなかったんだな」とか

「この力士、今はロートルでまるで見所ないけど、このときは何が良かったんだろう?」

 

と考えさせてしまえばこっちのもの。大相撲の深海にまた1人いざなうことができるでしょうw

さあ、大相撲ファンを自負する皆さん、あなたの遺産を後世に残そうじゃありませんか!! 



大関予報への参加方法、投稿ルールはコチラから!!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 大関予報 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大関予報平成二十年初場所後投稿ルール | 野さいスープ | 予報せいや!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。