スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
予報せいや!
2008-01-28 Mon 01:56
以前から予想されていたことではあるのですが、
大関予報には、状況によって参加しがいのある場所と、そうでない場所とあります。

そこで予報士の皆さんが毎場所参加するモチベーションを維持するため、

予報せいや!なる予報士階級制度を作ることにしました。

皆さんがこの制度に同意するか否かを問わず、
基本的に大関予報に参加している時点で自動的に制度に組み込まれることになります…

0P…雑兵予報士
10P…青銅予報士(ブロンズフォアキャスター)
??P…白銀予報士(シルバーフォアキャスター)
??P…黄金予報士(ゴールドフォアキャスター)
??P…?????(その上はあるのか??)

上位の階級目指して予報!予報!
(白銀以降の昇格条件は追って発表します…)


★基本★

◎1度の有効投稿につき1Pが与えられます。
 現在トップグループは4Pで14名。
 当然皆まだ雑兵予報士です。言うなれば、ザコです(言うな!)

◎6場所連続で投稿すると、ボーナスとしてさらに1P与えられます。
 その後の連続投稿ボーナスについては現在思案中です。

◎つまり現行ルールでは、9場所連続で投稿しておけば、
 青銅予報士にはなれるという塩梅です。


え?ブロンズになるのでさえ1年半かかるの?
とお嘆きの方。ご心配なく。
大関予想を的中させた方には、ちゃ~んと
ポイントが還元される仕組みになっています。

では、初場所後に大関取りが可能と思われる安馬関が、
初場所でそれを果たしたと仮定して(失敗しましたが、この例で続行します)
どのようにポイントが付与されるのかを、
mimurastepの実際の予想と照らし合わせながら見ていくことにしましょう。

<例:mimurastepの場合>
名古屋場所後:豊真将4点、稀勢の里4点、安馬1点、安美錦1点
秋場所後:安馬3点、安美錦3点、琴奨菊2点、豊真将1点、稀勢の里1点
九州場所後:安馬4点、琴奨菊3点、安美錦1点、豪栄道1点、出島1点

一応私は3場所連続で安馬の名前を挙げています。
名古屋場所後に1点、秋場所後に3点、九州場所後に4点入れているので、
安馬が初場所後に大関になったあかつきには3場所参加ポイント3Pに、
今までに点を入れた8点分が加算されて、全部で11P!
つまりいきなり青銅予報士になるんですね!

と思われた方…

残念ながら違います

もし初場所後に安馬が大関になった場合、
直前場所に投票した得点は半減します。(4点→2P)

また、二場所前の得点は4分の3に減らされます。(3点→2.25≒2.5P)

3場所前は通常通りです。
もし初場所後に安馬が大関になったとしても、

参加の3P+2P+2.5P+1P=8.5P

で初場所後のブロンズ昇格はできません…


ではなぜこのような減点があるかと言うと、
こうしないと大関取り場所直前に駆け込みのように高得点を入れてくる人が
制度の上で圧倒的に有利になってしまうからです。

大関予報は大局を見るセンスを養うことを一つの目的としています。
なので、早くから大関になる人間に注目していた人ほど有利にしたいのです。


ちなみにお気づきの方もいると思いますが、

大関予報の投票時とは違い、
予報士階級制度では小数点以下のポイントもあります(ただし ○.5のみ)


以下は誰かが大関になった場合の直前3場所での獲得ポイントの違いです。

            1点2点3点4点5点6点7点8点
3場所前まで(通常)1P2P3P4P5P6P7P8P
2場所前       1P1.5P2.5P3P4P4.5P5.5P6P
直前場所       0.5P1P1.5P2P2.5P3P3.5P4P




これより先は、このシステムにおいて上位を目指す人のために書きます。
のほほんと楽しまれる方には上記の理解で十分と思われますので、
時間があれば読む程度でOKです。


大関予報はあくまでも「次の」大関を予想する企画です。
従って、誰かが大関になったとき、
それ以外の関取に投票した点数がどう扱われるかが問題となります。

mimurastepの予想を用いてそのへんを見ていくことにします。

もし初場所後に安馬が大関になって、次に3場所後に稀勢の里が大関になるとしましょう。

まず安馬へのポイントの還元は前述の通りです。
この時点で、安馬以外の力士に投票された総点数が、

半減された状態でプールされます。

例えば、mimuraは名古屋で稀勢の里に4点、秋に1点で計5点を入れているので、
稀勢の里に対して2.5Pを潜在的に持っています。

安馬の昇進後稀勢の里が大関になるまでの3場所の計算方法は前述の通りで、
この後3場所で稀勢の里に投票した点に基づくポイント+2.5Pが付与されます。

稀勢の里が大関に昇進すると、
安馬昇進以前の安馬、稀勢の里以外の力士への投票点数は 4分の1Pとして
そこから安馬~稀勢の里昇進の間の点は 2分の1Pでプールされます。

以下新大関誕生のごとに安馬以前のポイントは8分の1、16分の1、32分の1…
と限りなく死票に近づいていきます。仕方ないですよね。ハズしたんだから…

ちなみに同時大関とかあると、その前は一気に4分の1に削減されます。

この説明でおわかりいただけたでしょうか…

このシステム導入でさらに、予報士の性格があらわになってくるものと思われますw
次の大関を的確に当てていくのが近道のようにも見えるし、
バカにされてもガンガン先行投資をしていくことで、
大笑いっていうパターンもあると思います(もちろん大泣きもありますがw)



※大関予報への参加はこのエントリからはしないで下さい。
ここのコメント欄は「予報士階級制度」に関する質問、意見用とします

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 大関予報 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<参加受付中!大関予報ダイジェスト ~もはや歴史と化しつつある半年間~ | 野さいスープ | 平成二十年大相撲初場所千秋楽 水色時代到来>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。