スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
大関予報版番付発表(平成二十年夏場所前)
2008-05-08 Thu 01:32
参加者は前回より+1名の18名。
今回よりちょっと発表方法を変更します。

①おおぜきよほう平成二十年夏場所前ばんづけ
②昨年秋場所前からの得点とばんづけの変遷
③四股名(すべて???で伏せています。クリックするとgooの大相撲力士名鑑に飛びます)
④今回の得点/次期大関になる確率(得点/参加人数×8点)
⑤投票人数/連帯率(投票人数/参加人数)



今回は「にしまえがしら3」より発表スタート!


①にしまえがしら3
②秋0(-)→九州1(にし7)→初0(-)→春0(-)
???
④3点/2.1%
⑤3人/16.7% (自己最高位更新!④、⑤いずれの項目も過去最高)


①ひがしまえがしら3
②秋8(にし2)→九州17(ひがし1)→初19(にしこむ)→春9(にしこむ)
???
④4点/2.8%
⑤3人/16.7% (連帯率以外いずれも過去最低)


①にしまえがしら2
②秋7(ひがし3)→九州14(にし1)→初3(にし2)→春7(にし1)
???
④4点/2.8%
⑤3人/16.7% (得点が同点で投票人数も同じ場合は実際の番付が上の方が上位にくる)


①ひがしまえがしら2
②秋17(にしこむ)→九州34(ひがしせき)→初12(ひがし1)→春8(ひがし1)
???
④5点/3.5%
⑤2人/11.1% (いずれも過去最低)


①にしまえがしら1
②秋62(にしせき)→九州32(ひがしこむ)→初5(ひがし2)→春3(ひがし3)
???
④6点/4.2%
⑤3人/16.7%


①ひがしまえがしら1
②秋7(にし3)→九州8(ひがし2)→初6(にし1)→春3(にし2)
???
④10点/6.9%
⑤5人/27.8% (自己最高位更新! ④、⑤いずれの項目も過去最高)


①にしこむすび
②秋0(-)→九州1(にし6)→初0(-)→春6(ひがし2)
???
④10点/6.9%
⑤7人/38.9% (自己最高位更新! ④⑤いずれの項目も過去最高。把瑠都より投票人が多い為上位)


①ひがしこむすび
②秋10(ひがし1)→九州7(にし2)→初28(にしせき)→春28(ひがしこむ)
???
④42点/29.2%
⑤15人/83.3% (④、⑤いずれも過去最高)


①にしせきわけ
②秋38(ひがしこむ)→九州83(ひがしせき)→初69(ひがしせき)→春58(ひがしせき)
???
④44点/30.6%
⑤16人/88.9%


①ひがしせきわけ
②秋70(ひがしせき)→九州26(にしこむ)→初23(ひがしこむ)→春45(にしせき)
???
④49点/34.0%
⑤16人/88.9%


とりあえずいろいろと目をつけておきたいトピックスはありますが、本日は発表のみ。
のちほどコメントにて総括させていただきます。

それではサブ企画「予報せいや!」の上位メンバーです。

mimurastep/出人//YOSHI/YOSHI母/下北陸奥男/
バカピカ/鴨鹿丸/manjiro/エレムン/暁/hagishiho/Gacktoh …計12名

ちょっと減りました。。。寂しい

全員が5P。さらに来場所この12名が投稿すれば、6場所連続投稿ボーナスとして+1Pがつきます。このメンバーがあと4場所投稿すると、誰が大関になるかを問わず青銅予報士が誕生します。
それより先に大関が誕生するかどうか?

目が離せませんね。

それよりどうでも良いが、今NHKでやってる柔道特集が面白い


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 大関予報 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ドリーム大相撲08年5月に参加! | 野さいスープ | 大関予報春場所後投稿の締め切りについて>>
この記事のコメント
総評
それでは今回の総評です。
まずは稀勢の里が昨年秋場所前以来4場所ぶりに「ひがしせきわけ」に返り咲きました。
実際の番付はまだ小結より先に行ったことがないんですけどねw

内容の進歩もまあありましたが、それよりは安馬の「軽さ」に一抹の不安が見えて、
点が分散されたようにも思います。

安馬点は琴奨菊にも分散されたようですね。この3人はもうほとんど互角。
あと1人がいい加減な投票をしたらばんづけ変わってましたからw

安馬点の分散は単に安馬自身の体たらくによるものだけではないのです。
「ひょっとしたらコイツの方が本格派?」という力士が登場してきたからなんですね。
それが、「にしこむすび」に滑り込んだ「鶴竜」です。

鶴竜が4位に入り込んでくるあたりが、この企画の面白いところだとつくづく思いますねw
「にしこむすび」が誰になるかが、今回個人的には最大の関心事だったのですが、
この結果には納得。。。というか、ただ、嬉しいw

地味ながら把瑠都も同点で自己最高の結果でした。

ちょっと気がかりなのが、豪栄道、栃煌山の不人気ですね。
特に下位ながらも大勝ちした栃煌山が全く信頼されてないところがw
まあ、明らかに「立ち合いの張り手」に弱点を抱えているワケでして…
でもそれを克服すれば来ると思うんですがねぇ…

それにしても得点の変遷を見ていると、皆浮気だなぁと思いますねw
でもいいんです。時勢の記録ですから!!
この中の誰かは大関になり、誰かは今を絶頂期として萎んでいくのです。

この時代を知らずに後から相撲を見始めた人は、もしかするとこの結果を見て
我々のことをバカにするかもしれません。

でも、この結果は決して間違っていないのです!!
参加者の皆さんは歴史の生き証人なのです!

はい、毎度ルーティンのようなセリフでしたが、ご拝聴ありがとうございましたw
2008-05-08 Thu 23:10 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。