スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
NANDA!?のチョップ特集(2005/09/15 22:08))
2005-10-26 Wed 15:39
毎回興味深い視点からスポーツを切り取ってくれるNANDA!?ですが、今日の放送は、チョップ特集です。


なんと言っても55歳の現役プロレスラー天龍と、NOAHの小橋のチョップ共演が見られるというのがスゴイです。昔リングの魂が放送してた時は、放映権の関係で、全日の選手がなかなか出演できなかったものですが、時代は変わりました。


前々から、プロレスの凄さを見せられる技はチョップであると主張してきましたが、今回はまさにそのことに焦点を絞ってくれて嬉しいかぎりです。


総合格闘技が流行っていますが、総合格闘技の打撃というのは、相手の急所をピンポイントで狙うものなので、スゴイ打撃が入ってしまえばそれでおしまい。素人目には、「何がどうすごいのか」わからないままということもあると思います。


その点、プロレスのチョップの凄さのわかりやすさったらありません。力の強い男が、やはり相手の鍛え上げられた強靱な箇所(端的に言えば胸板)目がけ、打撃をたたき込む。


急所ではありませんから、一発で試合が決まることはないにせよ、その「音」を生で聞いたことがある人なら、「こんなのくらって立ってられるってどういうことだ?」と絶対に思います。絶対に思います。そして肩口から胸部にかけてできるミミズ腫れとか内出血はそのダメージの凄まじさを物語ります。


思えば、チョップは力道山の時代から、日本のプロレスの象徴的な技のように思います。天龍や小橋が、「あなたにとってチョップとは?」と聞かれたときに、何と答えるか楽しみ。特に小橋がまたあいまいなことを言いそうで。
スポンサーサイト
別窓 | プロレス観 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<プロレスの歴史が三分の一くらいわかりそう(2005/04/08 23:54) | 野さいスープ | 他団体だがいい仕事していくイメージでFC2初参戦!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。