スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ドリーム大相撲と珍しくグッジョブな夕刊フジの記事
2008-09-14 Sun 00:07
まずドリーム大相撲に申し込みです

親方名:mimurastep親方
部屋名:おしゃまなチビ部屋

横綱:白鵬
大関:パス
三役:安馬
平十:稀勢の里、鶴竜、豪栄道、玉鷲
補欠:垣添

今回は特にテキトー。モンゴル巡業が終わって、モンゴルの若手系はけっこうモチベーションが上がってるんじゃないかと予想。逆にモンゴルのベテラン系はここらで一息休憩って気がしてならぬ。特に天さん。で、モンゴルの4人。あとは稽古充実の若手。そして、垣添の後半の帳尻あわせ力に期待しての補欠。琴光喜は気になったけどね~。期待して裏切られると琴光喜のこといよいよ嫌いになりそうだから、やめとく。

自分家の看板はたたんだので、今場所は何か気楽に参加できます。
気楽とも言えるし、やはり心にポッカリ穴が開いていて、もう一つ燃えてこないとも言えるのですが。

自分の企画はやらないくせに、他所の企画に参加するのは態度として矛盾しているのではないか?
とも思われそうですが、これは一重に企画コンセプトの違いなのです。

今回何にショックを受けているかと言えば、素質のあるヤツらに相撲をバカにされていたっていうことなんです。それに加えて、問題は相撲協会の体質にもあったのに、結局のところテメエの保身しか考えてないような処分に終わっていることも残念に思います。

正直、現状では角界の将来像が見えてきません。
将来像が見えないのに、将来のことを予想させていいのだろうか?
このままではせっかく集まった皆の希望が泡と消えてしまう可能性がある
(というか一部消えた。愛川欽也のハイ、消えたのごとくあっさりと)
ということでスッパリ身を引きました。

しかし、ドリーム大相撲は場所が開催される限り、開かれていいものだと思います。
なんだかんだ言っても、ドリーム大相撲は「ゲーム」でしょう。
相撲も娯楽ならドリーム大相撲も娯楽。

相撲ファンとしては場所の開催を中止するなんてぇのはとんでもねぇことです!!
年6場所制で何年続いてると思ってるの?50年だぞ?
開催中止を訴えてるヤツのほとんどが生まれる前から続いてるんだぞ?
年6場所制を崩すとなると、記録とかいろんな点でいろいろ出てくるんだぞ!(何だそりゃ?)

どうせ開催中止を訴えてるヤツの大半は現役力士の名前を10人も言えないんでないの?
こっちはな、100人以上見たい力士がいるワケよ(環境が整えばだけども)
何で数人の不祥事がために中止しなきゃいけないんだ?冗談じゃない

とは言え、私ゃ戦争が起きたって本場所はやってほしいと思ってるから、
まともな意見ではないことは認めましょうw
あと別に年6場所に固執してるワケではなくて、こんな不祥事がために急に本場所が中止されることがダメなのであって、しっかりとした話し合いの結果、現行の年6場所制にメスが入ることには反対しておりません。


さて、話は飛んで前回理事長予報という記事をアップしましたが、
理事長交代劇に関し、夕刊フジが珍しく良い記事を書いていたのであげておきます

武蔵川新理事長“ドス”声で「厳しく指導していく」

さあ、新理事長、どうやってこの未曽有の難局を乗り切る? 突然のトップ交代。辞任を申し出た北の湖前理事長と同じ出羽一門、元横綱という毛並みをみれば、武蔵川親方(元横綱三重ノ海)が最も後継者に近い存在だったのは確かだった。とはいえ、強引にクビをすげ替えた感は否めない。剛腕で知られる武蔵川理事長の手腕が問われる。

 8日、午後1時からの評議員会をはさみ、ポスト北の湖の新理事長を決める2度目の理事会が始まって間もなく、監事の不知火親方(元関脇青葉城)が「選挙だ」ともらし、投票用紙を取りに協会事務所に走った。これを見る限り、決して武蔵川新理事長でスンナリと決まったワケではない。

 「武蔵川、伊勢ノ海(元関脇藤ノ川)の2人が候補にあがり、決選投票寸前までいったんですが、直前で伊勢ノ海理事が降りたようです。北の湖理事長の右腕としてずっと動いてきましたし、去年、新弟子死亡事件を引き起こした時津風一門の総帥でもありますから、躊躇したんでしょう。前夜、善後策を協議する一門会が開かれ、思い切って(後継候補に)立つべきだという声があがったけど、歯切れが悪かったと聞いています」と協会関係者は話している。

 この伊勢ノ海理事を推す理事の中には「不祥事続きで地に落ちた大相撲界の信用を取り戻すには、横綱、大関の理事長よりも、額に汗して働く実理型の理事長が望ましい」という意見の理事もいた。

 大相撲界のトップが任期途中で交代するのは1968年12月16日、時津風理事長(元横綱双葉山)が劇症肝炎で亡くなって以来、実に40年ぶり。このとき、きら星のごとく居並ぶ元横綱、大関の理事を退け、新理事長に選出されたのは現役時代の最高位が前頭筆頭という元出羽ノ花の武蔵川親方だった。

 この武蔵川親方、引退後、ソロバン塾に通い、簿記学校に入学するなどして経理に精通。5年ちょっとの任期中、それまでの大物理事長とは一転してみんなで話し合い、みんなで決める合議制を打ち出し、同時に大幅な財政健全化を図り、85年、150億円もかけた両国国技館を無借金で建てる礎を築き、大相撲界中興の祖と言われている。伊勢ノ海理事にその再来を期待したのだ。

 年寄名は同じでも、元横綱の現武蔵川理事長の手法はこの先代武蔵川とまったく正反対の剛腕なワンマンタイプ。平成の1ケタ台から2ケタ台前半にかけて猛威を振るった若乃花、貴乃花らの二子山旋風に真っ向から対決するため、ハワイ出身の武蔵丸や大学卒の武双山、出島、雅山らを集め、横綱、大関になっても平気でゲンコツを見舞う厳しいスパルタ教育で鍛え上げ、ついに1横綱3大関を育てあげ、念願の打倒二子山を果たした。この日の就任会見でも「2度と不祥事を起こさないように厳しく指導していかないといけない。力士、師匠など、全協会員を集め、腹を割って話していきたい」とドスの利いた声でこれからの施政方針を明らかにしている。

 この武蔵川理事長誕生の裏に、たるみ切った大相撲界のタガを引き締めるには北の湖前理事長のようなどっちつかずのあいまいな態度ではできない、という判断が相撲協会全体に働いたのに違いない。これからはきっとさまざまな面で厳しい指導が行われるはず。自己主張の強い若い親方が増えているだけに、あちこちから不協和音も聞こえそうだ。


こんだけ書けるなら、いつも書いとけw
ラスト一段落のまとめも良いですよ。きっと今後はそういう問題が出てくる。
しばらくは厳しく引き締めるだけで良いと思うけど、将来のことを考えたらね
やっぱり若い子供にある程度は迎合しないといけないと思うんだな。

玉ノ井の取的が「力士が大麻やって何が悪い!」とプチ暴れしたみたいだけど、
角界ってさ、そういう大麻を吸うか吸わないかギリギリくらいのヤツにさ、
目標と居場所を与えてやって育てていく機関であるべきだと思うんだよね。

だからロシア力士に処分が下ることは当然としても、永久追放みたいなのは
厳しすぎるというか、どうも税制上の優遇措置を守るための保身に思えてならないんですよ。

世間の批判逃れの厳罰を続けていったところ、最終的に自分の首を絞めることになる…
なんてことにならなければよいと思いますが。腹を割って話そうという姿勢はいいと思いますね。
「ヨソはヨソ、ウチはウチ」の北の湖でなくて、そこは期待していいいと思いますよ。
力士の教育の問題なんてのは、まず意識の共有から始めないと始まりませんし。
ただ、問題点を先回りして将来像まで描くということはこの人にはできないと思います。
それができる可能性があったのが伊勢ノ海さんですが、今回の辞退で理事長はもうないと思います。

さて、これまでBSもねぇ、CSもねぇ、ブルーレイのブの字もねぇ
ハードディスクねぇ、DVDねぇ、ビデオデッキは壊れてる

という生活でしたが、場所後半よりブルーレイ以外は揃うことになりそうです。
見るぞ~!幕下から見るぞ~!そして書くぞ~!これまでよりちょっと詳しく!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト
別窓 | 相撲 | コメント:3 | トラックバック:1 |
<<「昔は良かった」に騙されるな!! | 野さいスープ | 理事長予報>>
この記事のコメント
武蔵川親方
1990年代のニ子山VS出羽の抗争の話面白かったです。
(私はその時期の大相撲を全く見てないんで^^;)

今週の週刊現代の見出しに
「武蔵川理事長が年内に青龍のクビを切る」
っつーのが出てました(´Д`;)
文春、新潮あたりも大はしゃぎで気分はすっかり昭和ですw
ただ、記事の方向が北の湖バッシングっぽくて
どうにも前向きな話が出てこないあたりがなんちゅーか・・・

一スポーツ興行団体の経営に文部科学省がいちいち口出してくる
っつのもハッキリいって異常ですし(´Д`;)
財団法人という形体に由縁する問題も多いと思いますから
それを止めるのが一番の改革かも知んないですw
2008-09-14 Sun 03:37 | URL | バカピカ #-[ 内容変更]
剛腕で知られる武蔵川理事長
武蔵川理事長、というより三重ノ海が「地味」というイメージしかなかったので、はあ「剛腕」やったんや、と驚いております。

相撲だけではなく、全てのスポーツはチケット収入だけでは経営が成立しないワケで、
 NHKが中継→マスコミがタニマチ
 天皇賜杯→皇室がタニマチ
 財団法人→国家がタニマチ
この3つがなければ相撲協会は崩壊してしまう、と思っています。80年以上前からこのシステムを確立させた相撲協会=力士という「総身に知恵の回る大男」の集団はスゴイ!

>>とは言え、私ゃ戦争が起きたって本場所はやってほしいと思ってるから、
全面的に賛同します。てか、相撲観ないヤツはナニがあっても観ないし、観るヤツは観るんだよッ!ってハナシですよね。
2008-09-14 Sun 04:46 | URL | shin2 #-[ 内容変更]
>バカピカさん
なーんか朝青龍引退危機の風潮は大げさだと思うんですよね。根も葉もないとは言わないけれども…
これも新理事長の陰謀??

>shin2さん
NHKが中継→マスコミがタニマチ
 天皇賜杯→皇室がタニマチ
 財団法人→国家がタニマチ

言われてみればその通り。改めて書かれるとスゲーって思いました。
バックに頼りっきりの脆弱な組織と言われても仕方ないと思いますが、そういうバックがついたことがすなわち歴史。
娯楽が増えた今、相撲がかつてのような存在感を示し続けることは難しくなってますが、でもこれだけ騒がれているってことはやっぱり日本人は心のどこかで「相撲感」を持っているんだなぁとも思います。
2008-09-24 Wed 23:27 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
※大相撲9月場所初日(9/14)までこの記事をトップに表示しますすったもんだがあ …
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。