スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
主要力士通信簿その3…大関陣と琴光喜、若の里
2005-12-01 Thu 00:35
今回は、大関陣と琴光喜、若の里です。
この5人に関しては、共通して期待していた点が二つあります。
一つは朝青龍に勝つこと。もう一つは伸びてくる若手に厳しさを見せつけて勝つ、ということです。


では、一人一人見ていきましょう。カッコ内は、1月の時点で1年間をどのくらいの水準で過ごせば及第点かというレベルを示したものです。


魁皇…評価6
(引退しない。勝つとき強い)


1月の時点で、綱取りをかけていた魁皇。結果的に横綱にならなかったことで、なんとか引退せずに済んだという感じでしょうか。
でも、横綱になっていれば休場し放題なので、年二場所くらいだけ出場して、優勝を争うこともできたかもしれません。


とにかく身体はボロボロです。今年の魁皇は、年三場所制に勝手に移行し、そしてフル出場した場所では全て二けた勝ちしました。
この人はもう勝つとき強い印象があれば、それでいいんじゃないでしょうか。横綱になれた人だと思いますがね。ちょっと自覚が遅かった気がしますね。


さて、大関陣と51の二人に期待したかった、今年伸び盛りだった若手(琴欧州、白鵬、普天王、黒海、露鵬、稀勢の里、安馬、琴奨菊など)のカベになること…ですが、


魁皇は上記の力士たちを相手に9勝7敗でした。辛うじて5割強です。
数字で見る限り、カベになれたとは言えませんね。


来年はやはり引退しないで、35歳まで現役の目標の夢をつなぐことができれば及第点です。琴欧州と白鵬が強くなってくれば、朝青龍の対抗馬という、現在の魁皇には厳しい役割から解放されて、逆に伸び伸びやれるんじゃないでしょうか。(今年は朝青龍に三戦全敗。大海、栃東も来年は伸び伸びに期待)


続いて、千代大海…評価6
(引退しない。特に年末の格闘技の試合に出ないw)


千代大海に関しては、今年の1月の時点で、なんか引退するんじゃないか?という匂いがかなりしたというか、相撲に集中できてないな~って感じでした。(まあ、プライベートのこともありましたからね)


しかし、まさにドン底を経験したというか、秋、九州はなんかもうプライドとかもかなぐり捨てての二けた勝利。最後上り調子で締めることができたのは評価できます。
元々基本に忠実「でない」突き押し相撲。
突き押しで大事なのは、波に乗ること、とタカをくくって、己の道を突き進んでほしいですね。


朝青龍にはやはり全敗。しかし、負けても九州のような相撲を取って沸かせてほしいもの。若手相手には13勝10敗。勝率的には魁皇とドッコイドッコイでした。


栃東…評価7
(引退しない。若手に緻密な相撲で勝つ)


栃東は1月の時点で関脇に落ちてたんですよね。肩が完治するのに最低1年かかるという状況で。だから、大関に復帰しただけでも評価できます。本人は6場所皆勤を目標にしていたようですが、それができればプラス1点。全場所二けたならもう1点追加だったんですがね。(1場所9勝があった)


今日挙げる5人の中では唯一朝青龍に勝ちましたし、何より若手相手の勝率が、この5人の中ではズバ抜けていて、14勝4敗。(朝青龍は20勝4敗)唯一若手のカベになれたという気がします。

来年こそは皆勤を目指してほしいです。


若の里…評価3
(全場所三役)


今年は三役での勝ち越しがありませんでした。1月に大関取りがかかっていて、かなり現実味もあっただけに、物足りない内容です。朝青龍にも勝てなかったし、最後は休場しましたしね。


唯一評価できるとすれば、朝青龍以外の上位で唯一、白鵬に対して分がいいというところでしょうか。それでも若手相手には9勝7敗。カベになっているというほどではなく、とてもいい年とは言えませんでした。


来年は、幕尻からのスタートになるでしょうが、少なくとも大関取りラストチャンスへの足固めをしてほしいです。年齢的にも、周囲の状況を見ても、本当にラストでしょう。


琴光喜…評価4
(大関取りをかける場所を作る)


一度小結で13勝した場所があったが、さほど目立たず、翌場所は負け越し。九州も途中まで1敗で行っていたが、ただ関脇で上位と当たらなかったから勝ってただけという、とにかくガッカリさせるのが上手なこの方。自信を持って自分の相撲さえ取れれば、大関いけると思うんですがね。。。


朝青龍には今年も全敗。若手相手には11勝10敗。
若の里同様、来年がラストチャンスですよ。


次回は若手に移ります
スポンサーサイト
別窓 | 平成十七年力士通信簿 | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<主要力士通信簿その4…期待の若手編 | 野さいスープ | 主要力士通信簿(その2)…評価10の関取>>
この記事のコメント
・魁皇には、なぜなんだろう、あんまり肩入れする気にならないな。
・千代大海はこの先どうしていくのか、どう破綻していくかが楽しみです。
・栃東。個人的には好きなんで、復活して欲しいです。来年のチャートが描けませんけど。
・若の里。怪我を治してもう一度と期待してます。
・琴光喜。この5人の中では、一番応援しています。琴欧州と戦わなくいいのは1番ぶん得していますよね。地元(愛知)だし。がんばってほしい。
2005-12-01 Thu 22:24 | URL | 出人 #X.Av9vec[ 内容変更]
>出人さん
ここに挙げる5人は、琴欧州や白鵬が強くなると、返って本来の力が出せるようになってくる気がします。

正直、朝青龍の向こうを張るのはキツイですからね。(たとえ栃東であっても)
不必要な期待がかからなくなったときの彼らがどうなるか見たいです。
2005-12-01 Thu 23:11 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
本来は大関・関脇・小結を指すが、横綱が名誉職ではなく正式な地位として確立されることにより、横綱・大関・関脇・小結を指すようになる。(「役力士」とも言う)各本場所|場所千秋楽の最後から3番となったところで「これより三役」として、東方力士3名・西方力士3名がそれ …
2007-03-02 Fri 20:27 格闘技を集める
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。