スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
駿傑の立ち合いの変化
2006-01-12 Thu 15:36
ブログ相撲ファンの中では駿傑の立ち合いの変化が不評のようです。
おもな理由としては、先場所琴ノ若最後の相撲で、駿傑が変化したからのようで。

たしかに、あれは見ている方からすれば残念だったのはわかるのですが、琴ノ若最後の相撲ということを抜きにして考えれば、駿傑が変化するのは全うな作戦。

だって、あの体格差を見なさいよ…

手元の資料では琴ノ若191センチ175キロ。駿傑176センチ119キロ。好き嫌いで駿傑が嫌いだと言うのは構わない。
でも、駿傑は変化も必要な力士ということは認めてあげないと…

なんでもかんでも変化はいけないと思ってませんか?ということを言いたいのですよ。

たしかに、ボクは変化したり、叩いたりするととガッカリする力士がいますよ。特に白鵬には厳しく。なぜなら白鵬は変化しなくても勝てる力士だから。それから、前に攻める力は若いうちにつけておかないと後からつけるのは難しいから。

たとえば、旭鷲山。最近こそ寄り切る相撲を見せるようになりましたが、若い頃から変則相撲で慣らしたので、本格的な寄り身というのは今さら身に付かないようで。若い頃から正攻法だったら、大関になっていたかもしれない素質はありました。

あと、露鵬はまわしをつかんだら、寄らずに投げた方が良いと思っているのも同じ理由です。もちろん今より改善することはできると思いますが、露鵬が本格的に寄りを得意とする力士になるためには、少し相撲を始める年齢が遅かったのでは、と思っています。

少し話が逸れましたが、関取の中には幕内にいるだけで十分評価して良い人たちがいます。今場所で言えば、話に上がっている駿傑であったり、北桜、豊桜兄弟、若兎馬あたりがそうです。

ボクは彼らは、本当になんでもやっていいと思うんです。上記の力士は幕内に上がるまでに、自分の持つ可能性をほぼ使い切ったと思っているからです。

白鵬への期待…絶対横綱、しかも大横綱。
駿傑への期待…小さい身体の差し身相撲が幕内上位に行ければ面白い
(おまけ)琴ノ若への期待…大関にもなれた器だった…

駿傑は身体は小さいけど、わりと差し身で相手の正面で胸を合わせる相撲で、いわゆる身体のワリに相撲が大きいタイプの力士なので、幕内で勝つのは非常に厳しいのです。だから、全然変化してもいいじゃん!ってことを書きたかったのですよ。それに、体力的にこれ以上強くなることはあまり望めないですしね。29歳だし。

駿傑のことを個人的に嫌い、感情的に嫌いというのは構いません。ボクもなんとなくそういう力士はいますし。
でも、いろいろ読むにつれ、これを書かずにはいられなかったのです。
相撲は点だけでなく、線で見ることも大事です。
スポンサーサイト
別窓 | 相撲 | コメント:8 | トラックバック:3 |
<<大相撲初場所6日目 「白鵬180点!横綱の姿が見えた」 | 野さいスープ | 大相撲初場所4日目 稀に見るハイレベルな優勝争いを期待>>
この記事のコメント
こんばんは。
>露鵬はまわしをつかんだら、寄らずに投げた方が良いと思っているのも同じ理由です。
この部分私は凄く同感しますよ。絶対にその方が露鵬らしいです。
それに白鵬の変化は、私はぶっ飛ばします。絶対にやらないで欲しいです。
駿傑の変化は・・・。理由を伺うとうなずける部分もあります。
2006-01-12 Thu 23:08 | URL | Gacktoh #-[ 内容変更]
>gacktohさん
前に出る力を理想的なカタチで伸ばしていったのが横綱貴乃花だと思います。貴乃花って小錦相手に真っ向から寄りで勝負して、(投げも出し投げもなしで)最初は5連敗していたんですけど、あるときから小錦をも真っ向から寄り切れるようになって、一気に対戦成績を逆転させました。
あれは本当に小錦よりも強くなった瞬間でした。

白鵬にもこういうこだわりを持って欲しいんですよね。実際器用さとか懐の深さみたいなのは貴より白鵬の方が上な気もしますし。

みんな安馬の登場で感覚が麻痺してるのかもしれませんけど、小さい力士は変化してもいいんですよ!これだけは何度でも言います。

逆に「安馬が立派すぎるんです!」安馬には初代貴ノ花の立ち合いが重なります。小さくても頭から行く。。。でも、貴ノ花のように首を痛めてしまわないか、心配でもあります。

それだけに、安馬はモンゴル人だから応援しない。という人がいたら残念ですね。
2006-01-12 Thu 23:49 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
駿傑知りません(笑) なのでなんともいえません。駿傑へのネットでの攻撃知ってます。わたしは、別に負けてもらっても琴ノ若は喜ばなかっただろうってことです。駿傑が自分の相撲をとって勝ったのなら、それでいいと思います。ただ、駿傑知りません。申し訳ない。
2006-01-13 Fri 11:41 | URL | 出人 #X.Av9vec[ 内容変更]
駿傑…
幕内下位の力士ですしね。知名度は低くても当然です

>負けてもらっても琴ノ若は喜ばなかった…
出人さんらしいコメントですね。琴ノ若は引退しなければならないことを公にしないようにしてましたからね。

あと、一応書いておきますけど、ボク琴ノ若好きでしたから(笑)
悪役にならないように一応書いておかないとね
2006-01-13 Fri 13:34 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
がんばれ駿傑
こんにちは。
私も駿傑はよく頑張っていると思います。幕下中位まで落ちていた頃、幕内に上がってくるなんて思っていた人がいたでしょうか?あの再十両優勝を予測できた人がいたでしょうか?いま私が毎日駿傑の勝敗を予想するとしたら毎日負けと予想すると思います。今日だって負けると思っていました。そんな力士が幕内にいること自体が私の想像をはるかに上回る事態であり、すごい評価したい力士です。それに絶対負けるだろうっていう力士が立ち合い変化とかの奇襲で勝ったりしたら嬉しくないですか。秋場所の白露山戦とか石出が変化で勝って、よくやった石出って気持ちになりましたもん。先場所だって最後4連勝してよく幕内を守ったなぁって思いましたよ。
>駿傑へのネットでの攻撃
私もそれ見ました。かなり嫌な気分になりました。私も琴ノ若ファンで、あの一番は琴ノ若を応援していましたが。私は同格以上の力士に対する変化には肯定的です。
いきなりすみません。なんか書きたくなったので。
2006-01-14 Sat 00:12 | URL | 鴨鹿丸 #I1tfqHR.[ 内容変更]
鴨鹿丸さん
はじめまして。ありがとうございます。やはり一つくらいは肯定的な意見ももらわないと書いてて寂しくなります(笑)

特に書きたくなってここに書いてくれた…のが嬉しいですね。
ボクも思わず書きたくなってこの記事を書いたのです。
周囲の記事を読んでたら駿傑が無条件で悪玉に吊るされているに思えたので。

ま、何を隠そうボクは幕下の頃から石出が好きだったんです。ああいう差して速攻みたいな力士けっこう好きなんですよね。

多少時間がかかったけど、期待通り十両に上がってくれたのは嬉しかったですよ。そしてやはり幕下に落ちたときにはもうダメかと思い、ここまでだと思いました。

それから…よくやってると思います。それがボクの言いたい「線」の部分なんですけどね。

>毎日負けと予想する…
そりゃまた極端ですね^^;でも、実際十両で大負けした場所もありましたし、気持ちはわかります。白露山戦の変化での勝利は鮮やかでしたよね。ま、ネットというのは暴走しがちなメディアですから、「これは?」と思ったら、これからは時折こういう記事を書いていきたいと思います。

2006-01-14 Sat 02:28 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
駿傑
「線」の部分という意味が少しわかったような気がします。
私の場合ですと、駒光が新十両になったときに初めて認識しました。それまでは全然知らなくて、いきなり幕下5枚目で優勝して上がってきたので、どんな豪傑が上がってきたのか、と思ったら小兵力士だった、というのが私の中で描かれた彼についての線の始まりでした。
いろんな人がいますし、琴ノ若戦の変化で初めて駿傑を認識した人もいるでしょう。その人にとっては、その一番が駿傑に対して抱くイメージの線の始まりでしょうから、そういう人が批判してしまうのは仕方がないかなとも思ってしまいます。
私の場合も、相撲を見始めたのが霧島が大関から陥落した後ぐらいだったので、霧島のことを下位では勝ち越すけど上位では通用しない力士だなぁと思っていました。私の霧島を見る線の始まりが力が衰えてからだったのが、残念です...

>>毎日負けと予想する…
>そりゃまた極端ですね^^;

実は地力は幕内の中で42位かなと思っているもので、駿傑の対戦相手を見て相手の方が強いなあ、と毎日思っています。

今日のテレビ放送の中で音羽山親方が駿傑の前さばきを誉めていました。そうか、だから勝つんだ、と少し駿傑の強さがわかりました。
2006-01-15 Sun 20:28 | URL | 鴨鹿丸 #I1tfqHR.[ 内容変更]
最初に抱くイメージ
>イメージの線
 この話わかります。ボクの場合で行くと、なぜ若嶋津は弱いのに大関なのか?とか、巨砲が関脇まで行った?ウソだろ?と言った感じでしょうか。

霧島…大関になる前から見ていますが、大関になるなんて夢にも思っていませんでした。当時は子供でしたが、今の目でもって見たとしても、予想することは不可能だったのではないかと思います。

大関に上がる前の霧島は、出し投げ得意の技能相撲で、さらにうっちゃりなどの反る足腰の良さはありましたが、前に出る力がなく、下位でうまさ勝ちしてたまに大勝ち。上位では攻めの早さと威力についていけずボロ負けというのをくり返していました。(ただ、小錦や大乃国のような巨漢に分が良かった)

実際、千代の富士には毎度1秒くらいで負けてました。本当に秒殺でした。それが、文字通り吐くまでプロテインを飲んで、筋トレをガンガンやってるうちに、前に出る力がどんどんついて、また相手に一気に攻められることも少なくなりました。

全盛期の霧島は首から胸にかけて血管が浮き出ていました。あんな力士、後にも先にも見たことがありません。

でも全盛期は短かったです。全盛期を見ていても、霧島のイメージは「どことなく哀愁」です。

>駿傑地力は42位
ある意味そうかもしれません・・・
身体の小さい力士は、幕内下位で「体力負け」をしてしまい、
そこから上に上がれないケースがよくあります。
最近でパッと思いつくのが、大碇とか、よう司あたりですね。
今、片山が同じようになるんじゃないかと心配しています。
2006-01-15 Sun 21:32 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
観察中のヒカンザクラのつぼみ。1月8日以前を見る ============== …
2006-01-12 Thu 22:12 奄美海風荘 second album
 5日目  NHKオンライン武蔵丸親方はいつ副音声に登場するのでしょうか。リストに名前がまだ無いのです。昨日の東関親方は興奮していて面白かったです。高見盛VS旭鷲山お薦めのブログ⇒贔屓力士別リンク  取り組み結果 三段目&幕下幕下研究は あみだ様 のブログ... …
takeyanさんのコメント■&gt;変化私のような世代には、変化=逃げというイメージがあって・・・。朝潮(新しいほう)が調子が悪い場所でいつも変化してセコセコ勝ちを拾っていたことをふと思い出しました。takeyan (2006-01-11 22:58:27) 変化に対する見解に世代間格差 …
2006-01-13 Fri 11:57 滑稽本
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。