スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
張り差しとか張り手とかについて
2006-02-01 Wed 01:55
最近いろんなところで張り差し研究が盛んです。
もうその研究たるやすごいことになっており、ボクもただただその結果を楽しみにしております。

ボクの中では、張り手とか張り差しについての考えは、ワリとシンプルなカタチでなんとなくまとまっています。
朝青龍、琴欧州、白鵬とも張り差しは必要ないということです。

では張り差しは誰もやってはいけないかというと、別にそうではなくて、前に攻める力や瞬発力、スタミナなどが落ちてきたが、体重は増えて安定感は増したような、そんな力士は張り差ししてもOKだと思っています。

上記三人は、相手の圧力を止めることを考えるのではなくて、自分の立ち合いの圧力で圧倒することを目指して欲しいんです。

朝青龍の瞬発力は目を見張るものがありますが、瞬発力を生み出す各種の速筋というのは、遅筋よりも先に衰えると言います。相撲では他のスポーツに比べ、この速筋の重要性が非常に高いため(特に立ち合いに)そのために力士は一般的に他のスポーツより引退年齢が早いんだそうです。

現在朝青龍25歳。これまでは他の力士が追随できないスピードで、自分十分というより、相手に十分にさせない相撲を取ってきました(張り差しはその一種)でも、すぐに…とは言いませんが、朝青龍の瞬発力もいずれ必ず衰えます。そのときのために、朝青龍は左四つの型を完成させる必要があると思います。

白鵬、琴欧州といった右四つの力士が育ってきています。おっつけの型を持つ栃東にも決して分が良いとは言えません。今までのような万能相撲では、もう去年のような活躍はできないことは目に見えています。

千代の富士は立ち合いに当たって前みつを素早く引く相撲で横綱までかけあがりました。(千代は右四つだが)しかし、千代の富士の立ち合いの当たりは30過ぎの頃から、かつてのキレはなくなったと言われていました。

でも、千代の富士が53連勝などの円熟期を迎えたのはその後です。
おそらく、身体が次第に動かなくなることを感じたことで、自分が進むべき方向性に迷いがなくなり、どんどん絞れていって型に磨きがかかっていったのではないかと思います。(モチロン、この頃千代はベテランになってましたので、そりゃ上がってきた若手をかわいがっておくことも忘れていませんでしたが…)

これ、朝青龍が横綱になって初めて途中休場した2003年の名古屋場所あたりから言ってるんですけど、横綱が万能でもあまりにも強いので、たまに言ってはやめ、言ってはやめしてました。でも、息の長い横綱になって欲しいので、今一度型の完成を目指して欲しいと言ってみたいと思います。

白鵬、琴欧州に関してはまだまだこれから前に出る力がつく年齢。立ち合いから圧倒する流れを稽古すべきで、相手に圧力をかけるのではなく、むしろ呼び込んでしまう可能性のある張り差しをする必要一切ナシ。

今クセになると、ここぞという悪いところで出るぞ(もう出てるけど)


言われてみると、たしかに最近張り差しを見かける回数が増えましたね。ボクの原初イメージでは張り差しをやっていたのは水戸泉、次が久島海ですね。この2人はアンコ型で、相手に動き回られたくない、脇が空くにせよ、外四つでも捕まえてしまえば有利って感じで張り差しでしたね。

その久島海に旭道山先生が見舞った張り手はあれは掌底w指先でなくて手のひらの一番固いところでやってるんですから。武蔵丸も被害者だった気が。あれは「相手にケガをさせないことが前提」の相撲道には反しています。(気絶してヒザいっちゃったとしてもお構いなしですから)

張り差しとは別に、張り手と言えば板井ですね。ダウンタウンの浜田に似た顔で大乃国の顔をバンバン張って、バンバン金星を取ってました。張り手のスイングをすると、大乃国が顔を背けちゃうんですよね。
「張り倒し」という決まり手があってもいいくらいな感じでした。

この板井、大乃国戦では互角かそれ以上の対戦成績だったのに、千代の富士にはたしか15回くらいやって1度も勝ててませんでしたね~。なんか上位では大乃国戦だけ仕事して2勝か3勝。下位では帳尻を合わせたように8勝7敗という、ま~ダーティーな賞金稼ぎの匂いのする人でした。

さて、張り手での失敗例を思い出すと、昭和62年5月場所、千秋楽の北勝海-大乃国戦を思い出します。ともに北海道出身で中学の頃からライバル視していた2人は当時ともに大関。全勝できた大乃国は初優勝のチャンス。1敗の北勝海は、この一番に勝てば決定戦に持ち込めるという一番でした。

下馬評は、決定戦に持ち込めば北勝海という見方でした。(大乃国は精神的に弱いから)

さて、北勝海と言えば、左おっつけ右のど輪が身上の突き押し相撲だったのですが、この一番で、いつもと違って張り手を見せました。それも一発でなく何発も。大乃国は張り手に弱いと知っていた北勝海が、大乃国の心を折ろうとし、さらに自分の気持ちも奮い立たせるためだったとは思います。

相撲は…決まり手こそ忘れましたが、張りながら北勝海がどんどん前に出ます。しかし、突き押しと違って張り手は横からの力になるので、どうしてもいつもの前進力がありません。しかも脇が空いているので、この状態で前に出ても、いなされるとコロっといきます。結局北勝海は土俵際まで攻めたものの、最後突き落としかなんかでコロっといきました。

ま、張り手は相撲の基本、あるいはちょっと似ている感じもする突き押し相撲の基本からも逸脱してるってことですよ。でも、だからと言って技として認めてないワケではないですよ。

あとはまあ、礼節を重んじる相撲の世界からすると、相手の顔面にあからさまにダメージを与えて勝つというのは美しくないという見方もあります。

ただ、これはどうかなぁ?って思うところもありますね。その礼節を尊ぶ土俵で、砂食わされたり、顔面に水ぶっかけられたりしてたんだから。逆鉾が隆の里に勝ってガッツポーズをしたくなる気持ちもわかります。

しかし、やはり礼節の部分もわかります。ボクは剣道をやっていたのですが、先生から「人の頭を叩かせてもらって強くなる競技なんて他にないんだから、一つ一つの礼は大事にしろ」と言われました。
言われてみればその通りです。そういうこと考えると、やっぱ張り手ってどうかなと思いますよ。

はい、結局なんとなくな文章でしたが、まあボクは自分なりに面白かったからそれでいいです。
スポンサーサイト
別窓 | 相撲 | コメント:8 | トラックバック:10 |
<<別冊宝島 新日本プロレス「崩壊」の真相 | 野さいスープ | KENTAVS丸藤見て思う 女性格闘技ファンは一度ノアを見るべし>>
この記事のコメント
おっ
張り手だけでここまでかけるなんてスゴい~。

誉めてるだけってのもなんなんで、板井とかって、手のバンテージが長州力なみでしたよね。なにを使っているのかしりませんが、素材によっては「凶器」なんじゃないんでしょうか。その点どうかなって。
2006-02-01 Wed 07:47 | URL | 出人 #X.Av9vec[ 内容変更]
こんにちは。
手の形に注目してみたい私ですが・・・。
手の形が向き不向きってないですか?
残念ながらまったく資料がなくて・・・。

2006-02-01 Wed 16:20 | URL | Gacktoh #-[ 内容変更]
TB感謝
一連の張り差し論議で私も相撲についてたいぶん勉強になっております。張り手一つでここまで奥の深い楽しみ方が出来るとは今まで知りませんでした。
2006-02-01 Wed 18:37 | URL | YOSHI #uNdCjGVE[ 内容変更]
盛り上がってますよね
>出人さん
板井か他の人が言ったかは忘れましたが、突き押しの人は絶対にまわしを取らないという自戒の意味で、指先をテーピングで固めるという人もいるようです。まあ、しかし板井のアレは・・・噂なのかどうなのか知らないので、いたずらに黒い話をしたくはないです。が、板井が注射をやってて、大乃国がやらなかったことは事実でしょうね。

大乃国の師匠魁傑は、八百長をやらないクリーンな力士として有名だったそうで、大関陥落後、再昇進している珍しい力士(唯一か?)です。大乃国も横綱で初めて負け越してますからね。大乃国、ボクはもっと評価してもいいような気がしてきました

>Gacktohさん
手のカタチと言いますと、張り手に適した手とは?とかそういう意味ですか?う~ん…それに関しては今まで全く考えたことなかったですね~。
なかなか資料が得られないと思いますが、研究するのはすごく価値があると思いますね。

四つ相撲だったら、小指が長い方がいいとかいいますよね。立ち合いに小指が引っかかることでまわしが取れるってこともあるらしいですから。

なんとなくですが、張り手には2種類あると思うんですよ。どちらかと言うと顔を背けさせるとか、人間の反射行動を利用して動きを止めることが主目的の張り手。通常張り差しというのは、こっちの張り手を用いることが多いように思います。(ときにそれでもすごい衝撃になることがあるが)これは舞の海が立ち合いに相手の目の前に手を出すのと効果的にはそんなに変わりがないと思います。

ただ、手を出すのはひるんだ相手と間隔を開けたり、横にくらいつくのが主目的なのに対し、張り差しは相手を正面から捕まえるのが主目的のように思います。

もう一つは、相手に確実にダメージを与え、カッとさせて冷静さを奪ったり、逆に戦意を喪失させるのが主目的の張り手。いい張り手がアゴに入るとクラっときます。常人だとそれだけでもう相撲どころではありません。あと、デカイ手で耳の方にパーンとやられると、これもまた大変です。

さすがにプロの張り手は食らったことがありませんが、素人の張り手でも耳に来るとキーンとなって、これもまた常人では立ってられません。朝青龍がちょっと前に玉乃島戦に見せたやつとか、闘牙が見せる張り手とか、白鵬が北勝力戦で見せたのはこっちだと思います。

そのエクストリームバージョンが板井やら旭道山ですね。よくわからないけど、福の花もここに分類されるのかな?あとは貴闘力ですね。

まあしかし、この分類もあいまいだからな~。Gacktohさんはいっそそこまで張り手研究をされるなら、張り手は本当に咎められるべき行為なのか?張り手からの相撲に可能性はないのか?という方向に行ってもいいのではないでしょうか?あくまでも一提案ですけれども^^;

>YOSHIさん
まったく同感です。ボクも思いませんでしたよ。でもたしかに言われてみれば張り差しは一種のトレンドになってはいるようでした。土俵は丸いですから、本当にいろんな角度から見ることができますね^^;
2006-02-01 Wed 21:47 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-02-02 Thu 17:50 | | #[ 内容変更]
うあーー。すみません。
今送信したら、管理人だけ表示許可になってしまいました。
特に意味はございません。
2006-02-02 Thu 17:51 | URL | Gacktoh #-[ 内容変更]
>Gacktohさん
了解しました~。Gacktohさんはじめ、いろんな方の記事を読んでいたら、だんだんぼんやりとした自分の意見のようなものも見えてきました。
改めて相撲ってすごいな、と思います。。。
2006-02-03 Fri 02:50 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
こんばんは。こうして色々な方と相撲に関する1つの事を研究したのは、初めてでした。それに文章にした事もありませんでした。とても良い経験が出来ました。ありがとうございました。
2006-02-04 Sat 21:01 | URL | Gacktoh #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
横綱朝青龍といえば「張り差し」である。 もちろんそれだけではないほど、組んで良し、投げて良し、突いて良し、押して良し……等々その他諸々全てにおいてバランスがイイのだが、そのバランスのよさに加えて横綱を横綱たらしめているのは、突出したスピードにあると思う。 …
2006-02-01 Wed 13:12 GRAND SUMO blog
張り差し研究その2の続きです。2004年5月場所朝青龍が、初日から3日連続、計5回張り差しをしました。張り差し研究その2を参照。この場所を境に、朝青龍の張り差しが増えています。では、その頃の白鵬は…。東前頭16枚目。新入幕の場所でした。入幕後初めての張.. …
張り差し研究 その1の続きです。張り差しの定義張った手で差すのか、逆の手で差すのか…。横綱ウォッチャーSUSAN様によると、朝青龍は右で張って左は廻しを取りに行く。殆どの技を試す美樹様も、張った手と逆のが差しやすいそうです。これに関しては、自称:頑固爺様の... …
白鵬は大鵬と似ている、と勝昭タンが毎場所のように言うので、現役時代の大鵬を見なければ…。と思い、九州場所終わってから、「柏鵬時代」と言うDVDを見ました。取組みは白黒だったんですけど、凄く良かったです。DVDを見て、勝昭タンが言っていた事がわかりました。もう.. …
 相撲関係でいつもお世話になっているマレーシア 今日考えた事&思った事さまとGR …
2006-02-01 Wed 18:45 道楽者の徒然日記
ミムタンさんもおっしゃってますが、「張り手=掌底」グーパンチよりビンタの方がやばいです。痴話喧嘩で男の鼓膜が破れるのは、いつも非力な筈の女のビンタが入っちゃうから。ハイ、真面目に研究するとヤバい分野ですので、「実際に取ってみる」のは避けましょう( …
2006-02-02 Thu 11:22 滑稽本
張り差し研究 その3の続きです。朝青龍の張り差しについてのウォッチャー様達のご意見紹介。YOSHI様 確かに美しくないですね。相手の出足を挫技ですから。立合い変化と同様、反則ではないけれども乱用すれば相撲を荒廃させかねないものですね。ましてそれが横綱で.. …
mimurastepさんのコメント&gt;ボクが朝青龍に張り差しをしないでほしいと思うのは、どちらかと言うと他の人がマネするからです。例えば「千代の富士=上手投げ」とか、「貴乃花=寄り」とか、「若乃花=オッツケ」とか、要するに横綱の相撲というのは「手本」と見なされる …
2006-02-03 Fri 00:19 滑稽本
旧正月休暇もそろそろ終わりなので、張り差し研究もそろそろ終わりです。「張り差し」研究 その4の続きです。白鵬の張り差しについて美樹様コメント欄白鵬にとって「張り差し」が有利に働くとは思えないんです。確実に勝つためには避けてもらいたいです。「当たり負けし.. …
デーモン閣下がいつも言ってますね。13日目の金曜日です。 朝青龍が、なんと琴光喜に敗れてしまいました。しかも、2連敗。「琴光喜には... …
2008-03-22 Sat 11:54 David the smart ass
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。