スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
極論は承知。来期ドラ補強案
2006-10-27 Fri 04:12
日本シリーズでは歴史的な屈辱を味わった中日。
しかし、いつまでもくよくよしてはいられません。
来季以降常勝球団にするためのチーム作りが、これからまた始まるのです。

FA宣言をした選手が動き出す前に、全く個人的な視点で来期の構想を練ってみました。

現時点で落合監督は去就をフロントに一任しているようですが、
続投は間違いないでしょう。これから書く記事はそれを前提に書いています。

さて、ドラゴンズに課せられた命題は53年ぶりの日本一。
これしかありません。

日本一になるということは、パ・リーグの球団に短期決戦で勝たなければなりません。

プレーオフ導入以降、セ・リーグはことごとくパ・リーグ球団に敗れてきました。パ・リーグがプレーオフという短期決戦を経て試合に臨むのが有利だと言われていますが、来季からはセ・リーグもプレーオフを導入するということで、そのギャップはなくなるでしょう。

それよりも注目したいのが、プレーオフを勝ち上がってきたチームの特徴。

①パ・リーグのチームはセ・リーグに比べてメンバーが若い
②パ・リーグのチームはセ・リーグより機動力がある
③パ・リーグのチームはセ・リーグより生え抜きを中心とした有機的連帯がある

結局どれも若さに付随する効果とも言えるのですが、やっぱり爆発力、結束力があるんですね。中日が日ハムより劣っているとしたら、このあたりではないでしょうか?(もちろん中継ぎが…とか細かいことを上げればいろいろありますが、全体的な話です)

ではこの3点を強化するためには、どのような改革が必要か。
まず①ですが…①を獲得すれば②や③はついてくるワケですが…
①を獲得するために、その他の要素で戦力が落ちては話になりません。

ピッチャーはともかく、野手陣のメンバーは優勝した2年前とほぼ変わらず、唯一日本一請負人として大砲ウッズを召集したのみでした。
そのメンバーで優勝→2位→優勝ときているワケですから、大幅な若返りを求めるよりは、現状の戦力にテコ入れする方が方法論としては正しいと思います

それに②や③を得る方法は、生え抜きの若手を起用するだけではありません。日ハムの中軸を打ったセギノール・稲葉・新庄…みんな外から来た選手です。セギはともかく、稲葉、新庄はある程度走れる選手ですし、3人ともチーム一丸となってプレーしていました。ああいう連帯が作れれば、外から選手を呼んでも構わないわけです。

日ハムの連帯を生んだもの…それはやっぱり新庄効果が大きい。そして新庄を存分に暴れさせたチームスタッフと、ヒルマン監督が外人だったりしたことも大きかったと思います。

しかし、中日には新庄はいません。では、どうやって有機的連帯を作るのか。そのカギを握る発言が、リーグ優勝祝勝会で井端が言った

「立浪さんを男にします」そう、来季中日は


「○○さんを男にします」連帯
で日本一を狙う。

まず、来季年俸が高騰することが予想されるウッズを放出
日本一になるために呼んだのに、結局シリーズでは攻略されて終わった感がある。
怖い選手ではあるが、穴が多いことも否めない。
数字は立派だったが、①②③のために来季はいらない。

その代わりに「落合監督を男にする」目的を持った
小笠原を取る。小笠原と落合は日ハム時代師弟関係にあり
(みんな、落合が晩年日ハムにいたことを忘れるなよw)
元々捕手だった小笠原がバッターとして開花するのに
多大な影響を与えたようである。

自身が日本一になった今、小笠原も次なる目標を求めているであろう。
33歳にしてあのフルスイング、あの猛ダッシュ、あのダイブ。
まさに今の中日にほしい選手だ。これだけで①②③すべての要素でウッズよりも良いし、ウッズのようなアホみたいなパワーまではないものの、長打力が劣るという印象もない。

二塁・遊撃はもちろん荒木・井端で固定。打順も1・2番で固定。
三塁は基本森野、ときどき立浪(このときどきについては後述)

ただし、小笠原を取ると、福留・森野と中軸がすべて左打者になってしまう。アレックスの退団も決定しており、手薄となる外野手、しかも右打者がほしいところ。

そこで、FA資格のあるロッテのサブローを取る!!
サブロー自身もっと出場する機会を欲しているらしく、これは好都合。
アレックスに全く引けを取らない守備力。そしてそれ以上の機動力。
さらにこの人には長打力もある。サブローの打撃は、何かこれからもっと進化する可能性を秘めている気がする。

まだ30歳と若いし、今の実績ならアレックスより安値で獲得できるだろうし、①②③すべてにおいてアレックスよりも良い。

ライトは福留で固定。センターをサブローで固定(打率は多少低くても我慢して使ったほうがいいと思う)レフトを井上、英智、若手の藤井あたりで争ってもらいたい。

言い忘れたが、谷繁にはあと3年は正捕手で。後継者育ては日本一の後でいい。

野手陣に関してはこんな感じ。

さて投手陣で「落合監督を男にする」ために呼びたい人が1人だけいる。

かねがね噂されている黒田ではない。もちろん、喉から手が出るほど欲しい逸材ではある。落合監督自身もラブコールを送っているようだが、この人から生まれる有機的連帯というものは特になさそう。

どちらかと言えば、敵に回したくないというのが落合監督の本音なのではないだろうか?

呼びたいのは、黒田ではなく、桑田である。
桑田と言えば、自身は現役続行を希望しているものの、今のところ明確な拾い手が定まらないのが現状。

桑田と落合は元巨人のチームメイトであり、そして巨人に捨てられるという同じ境遇をたどった。

落合が桑田にラブコールを送れば、必ずや「落合監督のために」という思いが生まれるに違いない。

中日は200勝を目指す桑田にとっては好都合な球団だと思う。

まず自分より3歳も年上なのに同じく200勝を目指し、桑田と違って着々と近づいている先輩、山本昌がいる。

チームメイトとして間近に昌の存在を感じることは桑田にとってはプラスだろうし、昌にとってもプラスになるのではないだろうか?

それから桑田は「打たせて取る」タイプのピッチャーである。
内・外野の固いドラゴンズに来れば、自分のピッチングを組み立てやすい。

そして、最近は球威の衰えから被弾率が上がっているが、中日はセ・リーグ6球団の中で最もホームスタジアムが広い。これも桑田にとって好材料。

他にも、元々バッテリーを組んだこともある小田がいるなど、桑田にとっての好材料はあるが、それよりも、もし上記メンバーが揃うとなれば、

桑田さんを男にする」ために奮起する面々がいる。ことが一番の好材料だろう。

具体的には、ともに在学したこともあるPLの後輩立浪(桑田先発のときだけスタメン)さらに後輩の福留、サブロー、(平田にまで飛び火したら面白い)らだ。

桑田200勝の夢に向かって、守り勝ち、打ち勝つ。
そんな連帯を期待したいのだ。黒田には、こんな連帯は生めまい。

先発陣は川上、山本昌、朝倉、中田か佐藤、あるいは中里や吉見、久本あたりから先発に回してもいいかもしれない。それに入れれば桑田、そして外国人を取るならここに左投手が1人欲しいところだ。

中継ぎは今いるメンバーを育てればOKだが、ウイリアムス的な外人(役割の話で左の横手投げでなくてもよい)ならぜひほしいところ。クローザーは岩瀬で。

先に挙げた若さの面は主に投手陣でカバーしているつもり。

小笠原・福留の左打者同士の意地のぶつかりあいにはぜひ期待したいし、その福留よりPLの1年先輩にあたるサブローの意地にはもっと期待したい。

現実味から言えば①小笠原②桑田③サブローなのだろうが、

「男にします」連帯のために、ぜひ全員ほしいw
某球団のようだ…と皮肉られそうだが、某球団も

「長嶋さんを男にしたい」時代には日本一を2度経験しているワケで。

要は何度も言うように「有機的連帯」なのですよ
スポンサーサイト
別窓 | 野球 | コメント:2 | トラックバック:7 |
<<平成18年九州場所番付トピックス | 野さいスープ | 日本シリーズ第5戦 今年は社会奉仕>>
この記事のコメント
有機的連帯・・・なるほど。
確かに日本一には欠かせないものがあると思いますね。
「野球の女神がいるとすれば・・・」みたいな表現をアナウンサーが時折しますが、魅入られるほどの「魅力あるテーマ」があるチームはやはり強いものだと思いますねー^^
中日に必要なものは、・・・ごめんなさい分かりません。マスコットがなぜコアラなのかと同じくらいわかりませんw
2006-10-28 Sat 00:50 | URL | つば九郎。 #-[ 内容変更]
>つばさん
むぅ、幾度となく日本一を経験した球団のファンでも分かりませんか。

中日は僕が見てきた限り、何度かコケた年もあったものの、弱小球団という印象は特になかったんですよ。

いわゆる冬の時代がなかった分、中日の優勝ってきっと皆から「あっそ」と思われてるんでしょうが、52年も日本一と縁がないチームなんです。
そのへんが、たぶんファン以外の人にはほとんど伝わってないんだと思います。

「桑田起用」は、彼の200勝の道のりと「中日の日本一」の道のりが同程度に困難であることの象徴なんです。

中日が53年ぶりの日本一を目指していることより、桑田が200勝を目指していることの方が有名。だからそこにあやかって、共感を得ようじゃないかとw

ちなみに中日のマスコット「ドアラ」ですが(このネーミングw)

うろ覚えでは名古屋にある東山動物園は、日本で最初にコアラが来た動物園なんです。(他にも多摩動物園と天王寺も同時だったか?)

当時愛知県に在住していたのでわかりますが、毎日のように「今日のコアラ」みたいな感じでコアラのニュースがあったような気がします。

東京や大阪よりコアラ熱が高かったんでしょうか?
2006-10-28 Sat 01:39 | URL | mimurastep #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
【世界最強金儲けツール】今までにない最高で魅力的な情報を凝縮!誰にも知られず副収入GET! …
2006-10-27 Fri 10:08 【最強の金儲けツール】
ヒルマン監督退団情報満載です! …
日ハム44ぶり悲願の優勝! …
2006-10-27 Fri 17:49 生活のキーワード
小笠原 FA情報満載です! …
ダイエットと美肌再生が同時にできる「若返りのお茶」です。美肌再生プロジェクト開催中! …
2006-11-09 Thu 10:45 若返りのお茶 華
EGFは50歳以上の人々においても、新生細胞の成長が劇的に284%改善されていることを示しています。潤い、ハリ、甦る素肌! 自分の素肌がここまで綺麗に変わるなんて信じられませんでした。 …
【 北海道日本ハムファイターズ 2006年優勝&日本一記念 】 DVD の楽天最安値はこちらAmazon で【北海道日本ハムファイターズ】 関連商品を 見られます! 【 新庄剛志 】関連グッズもどうぞ! …
| 野さいスープ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。